スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

8月29日の今回の北朝鮮ミサイルを迎撃しなかった理由

自分の選挙区にPAC3がないのは不安と防衛当局を動かした議員がいましたが、集中配備してこそ効果を発揮するのが現在のミサイル防衛ならこの議員は明らかに防衛効果を減らす方向、つまり北朝鮮の喜ぶ方向にもっていったことになりますね。お伝えしているように通常兵力では勝ち目がない北朝鮮のカードがはったりの核兵器であり、今回ご紹介の論調だと「悪の体制」と今後共存しなければなりません。これはナチドイツと宥和を図った欧州各国と同じ過ちになりませんかね。結局北朝鮮の思い通りになっていく気がしますがいかがでしょうか。
Would America Have Been Able to Shoot down North Korea's Missile? 今回の北朝鮮ミサイルは撃ち落とせたのか Dave Majumdar August 30, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/would-america-have-been-able-shoot-down-north-koreas-missile-22109
北朝鮮は中距離弾道ミサイルを8月29日発射し、米国及び同盟国に対する新たな挑発行為に出た。 今回のテストでは日本上空を通過した。だが米国・日本にミサイルを撃破する選択肢はあったのだろうか。専門家の答えはNoのようだ。 米太平洋軍司令部は「米国防総省は北朝鮮からの弾道ミサイル一本発射を東部標準時間8月28日午後4時57分に探知した。初期分析では中距離弾弾道ミサイルと判定」と発表した。「発射地点は順案航空基地で飛翔方向は東。弾道ミサイルは日本北方上空を飛行し日本から東方500カイリの太平洋に着水した。現在関係機関と詳細評価中で追加発表していく」太平洋軍司令部の声明文では同盟国の防衛に米国が責務を果たすと強調している。 だが米国、日本に飛来する北朝鮮弾道ミサイルを撃破する能力はあるのか。その答えは、可能性はおそらく少ない、となるだろう。「今回は日本上空の宇宙空間を飛翔したためミサイル迎撃はしていないはず」とジョシュア・H・ポラック(ジェイムズ・マーティン核不拡散センター研究員)は述べる。「イージスでは上昇中のミサイルには対応できません。イージスでは艦を発射地点と目標の中間地点より標的に近い地点に配備して飛翔後半で迎撃するはずです。そのため日本海…

ハリケーン被害甚大なテキサスに米軍機材多数が展開中

21世紀の軍部隊の重要な任務に災害救援人命救難活動が加わっています。今回の暴風雨による記録的な雨でテキサス南部から湾岸地区に甚大な被害が出ているようで米軍、州軍が大規模な支援を展開しています。確かに現地上空の航空管制は必要ですね。US Military Begins Surveillance Flights Above Houston米軍機材がヒューストン地区で上空支援活動を開始E-3 セントリーAWACS。2014年グアム島アンダーセン空軍基地にて。空軍はE-3、海軍はP-8ポセイドン各1機をハリケーン・ハーヴェイの被害を受けたテキサス州の支援用にヒューストンに派遣中。 (U.S. Air Force photo by Lt. Col. Frederick Coleman/Released) POSTED BY: ORIANA PAWLYK AUGUST 30, 2017 https://www.dodbuzz.com/2017/08/30/us-military-begins-surveillance-flights-houston/
ハリケーン・ハーヴェイの被害広がる中、米軍もテキサス州ヒューストン地区に偵察情報収集機含む航空機多数を派遣し救難活動を展開中だ。 海軍はP-8ポセイドン海洋哨戒偵察機、空軍はE-3早期警戒管制機を各1機派遣し、航空管制とともに洪水地区の状況把握データを第一空軍(AFNORTH北部方面隊)作戦センターに送っている。 ミッションの指揮統制はティンダル空軍基地(フロリダ)の第601航空作戦センターがとる。同基地には航空救難統合調整センターも併設されている。 作戦センター隊員は24時間体制で現地当局の能力不足を埋め行方不明者の捜索救難にあたっている。 AFNORTH報道官メアリー・マクヘイルによれば作戦センターはHH-60ぺイヴホーク11機、HC-130J長時間捜索救難機7機の運用を統括している。後者は給油機としても運用中。さらにセスナ数機を監視用に使っている。「MQ-1は現時点では使っていない」とマクヘイルは問い合わせに答えている。 8月30日早朝に空軍はHC-130JコンバットキングIIおよびHH-60G ぺイヴホークの乗員、支援要員を第23飛行隊をムーディ空軍基地(ジョージア)からカレッジ基地(テキサス)に移動させた。 これとは別に第90救難航空団…

B-1Bを麻薬密輸対策に投入する意味とは

日本には麻薬密輸の流れを常時空中から行うニーズがないので自衛隊機にはこうしたミッションは縁遠く映るでしょうね。しかし米空軍は中国を視野に入れて海上ミッション経験を確保する手段に使っているのですね。最大の麻薬製造国といってよい北朝鮮が海の反対側にある日本も安心しいられません。あるいは朝鮮半島からの難民の流れを空中で捕捉監視する必要がいつ生まれてもおかしくありません。
US Air Force B-1 Bombers Are Hunting Drug Smugglers From Key West 米空軍B-1爆撃機がキーウェストを発進し麻薬密輸業者を摘発中The obscure flights give bomber crews real-world experience while helping make up chronic intelligence shortfalls.爆撃機乗員には実際任務の経験機会となり同時に情報収集機材不足も補える
BY JOSEPH TREVITHICKAUGUST 29, 2017 http://www.thedrive.com/the-war-zone/13921/us-air-force-b-1-bombers-are-hunting-drug-smugglers-from-key-west GOOGLE EARTH B-1が3機キーウェスト海軍航空基地で2017年3月に視認されている
Google Earthでキーウェスト海軍航空基地(フロリダ)の衛星画像を見る機会があれば、妙な点に気付くはずだ。第七爆撃航空団(テキサス、ダイエス空軍基地)所属のB-1 ボーンズ 三機が見られるのはキューバの空爆用ではない。世間には知らていないミッションに従事しているのだ。つまり麻薬密輸業者の監視である。 米空軍はかれこれ10年以上にわたりB-1の他B-52Hストラトフォートレス、E-3AWACS、E-8CJSTARSを投入し、支援用にKC-135給油機も展開しカリブ海、メキシコ湾から東太平洋上空で麻薬密輸取り締まりを行なっている。各軍横断体制の任務部隊の西部任務部隊 (JIATF-W) がハワイから各省庁を巻き込んだ作戦を統合調整している。米軍、米情報機関、法執行機関ならびに関係各国代表を巻き込んだ司令部になっている。 「ボートを見つけるのは爆撃機の本来の…

★★米駆逐艦事故は中国の電子攻撃が原因との見方広がる

ついに中国の名前が出てきました。ハッキング説はトンデモ理論として日本では黙殺されていますが、米軍を「危険」としておく方が都合がよい勢力にとって良い状況です。米軍艦をハッキングしなくても防御の緩い民間船を乗っ取れば旅客機や大型トラック同様に恐ろしい攻撃が可能となるのですが。
事故直後のUSSジョン・S・マケイン。August 21, 2017. Photo: Reuters / Ahmad Masood Ship collisions raise specter of Chinese electronic warfare衝突事件に中国電子戦の関与の疑い
By BILL GERTZ AUGUST 29, 2017 12:39 PM (UTC+8) http://www.atimes.com/ship-collisions-raise-specter-chinese-electronic-warfare/ 中国は艦船、航空機、ミサイルの機能を電子的に妨害する高度能力を整備し、人民解放軍(PLA)が将来の対米戦でこれを利用するのは確実だ。 立て続けに発生した米海軍艦船と民間商船の衝突事故で背後に中国がいるとの観測が生まれており、電子手段でレーダー・航法装置を妨害し衝突させたと主張する軍事専門家がいる。 ジャマー、妨害装置、サイバー手段で中国は世界最先端の装置を開発しており、電子装置で原因不明の誤作動や自損事故を起こさせられる。 今年7月30日、最新鋭電子戦装備が内蒙古でのPLA軍事パレードに参加した。中には敵防空網のレーダー、通信の妨害、地上通信かく乱用の装備があった。 「電子戦は今や戦闘の中核手段だ」と新華社で中国電子戦の中核主導者Wu Yafeiが語っている。「新型電子戦装備導入でPLAの作戦能力は大幅に引き上げられた」 2015年にはPLAは電子戦部隊、サイバー戦部隊を統合し戦略支援軍を編成した。 中国の軍事文献では電子戦関連が多数あり、2012年の論文ではPLAの「海上狼群」整備を分散型電子戦体制として敵の戦闘群攻撃に使うとしている。 2011年の中国航空宇宙科学工業公司の論文では「イージス艦対抗装備」を取り上げている。フィッツジェラルド、マケインはともにイージス艦であり、日本、韓国もイージス戦闘艦を運用している。同論文では大量の極超音速ミサイルと電子装備の併用でイージス艦を攻撃すると述…

★8月29日北朝鮮ミサイル 速報)平壌国際空港から発射か

日本国内に落下物がないから安心のようですが、本質を見失っていませんかね。そういえばミサイル防衛で落下物が発生するから危険、と主張する議員もいましたね。またミサイル防衛をすれば挑発行為で攻撃を受けるから反対との別の議員もいましたね。条件反射的な報道もすぐ鎮静すると思いますが早く本質の議論に向かわないといけません。
North Korea fires missile over Japan in aggressive test北朝鮮が日本上空を飛ぶミサイル発射に踏み切る
In this Saturday, Aug. 26, 2017, file photo, a man watches a screen showing an image of North Korean leader Kim Jong Un, at the Seoul Train Station in Seoul, South Korea. (Lee Jin-man/AP) By: Foster Klug, The Associated Press and Kim Tong-Hyung, The Associated Press http://www.defensenews.com/flashpoints/2017/08/28/south-korea-says-north-fires-ballistic-missile-over-japan
SEOUL, South Korea — 北朝鮮が弾道ミサイル一発を平壌から発射し日本上空を通過し太平洋に着水した。米国に近い同盟国の領土上空を飛翔させたのは米韓合同軍事演習への反撥と見られる。 韓国統合参謀本部によれば飛翔距離は2,700キロで最大高度550キロで北海道上空を通過した。日本上空通過は2009年以来のことで米本土を狙う核ミサイル開発で北朝鮮がまた一歩実現に近づいたといえる。 今年に入って北朝鮮のミサイル発射が今までより早いペースで実施されており、トランプ大統領の第一期が終わる2021年早々には北朝鮮が長距離ICBMの実戦化を達成すると見る専門家もいる。 韓国軍によれば発射地点は平壌国際空港のある順安(スナン)で、空港滑走路を使い道路移動式ミサイルを発射する可能性が現実のものとなった。 今回の発射の前に短距離弾道ミサイル三発を日本海に打ち込んでおり、一か月前にICBMの二…

★イスラエルがF-35追加調達で50機体制を2024年に実現する

日本より先に進んでいますね。しかも調達を何回かに分けて都度量産効果による機体価格低下の恩恵を受けているところはさすがイスラエルですね。イスラエル独自の装備に関心が集まりますがご存知の方いらっしゃいますか ところでネタニヤフ首相の兄弟はあのエンテベ空港強襲作戦で戦死したイスラエル軍将校だった野をご存知ですか
Purchase finalized for 17 more F-35 stealth fighter jets F-35の17機追加調達がまとまる
Yoav Zitun|Published:  27.08.17 , 13:35 http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5008250,00.html (Photo: IDF Spokesperson's Unit)

イスラエル国防省がロッキード・マーティンとF-35追加調達で合意し、これで50機体制となる。平均機体価格は100百万ドルへ低下した。
追加調達するのはF-35A(アディール)17機で50機体制が実現すると二個飛行隊が編成可能となる。契約では引き渡しは2024年12月に完了する。 国防省調達部門が米国で米政府JSF担当長と合意書にサインし、オプション権を行使し17機導入が決まった。追加購入は先に安全保障内閣にが調達の権限を行使し承認していた。 「この十年でイスラエル国防省がF-35購入の署名をしたのはこれで三回目」と訪米団長のドゥビ・ラヴィが述べている。「米側は生産が増えるたびに機体単価を下げている。今回の契約では米側事業責任者がメーカーにうまく交渉してくれたおかげで平均機体単価は100百万ドルを切っている。前回調達した機体と比べると相当の値下げだ」 初回導入の単価は19機を単価125百万ドルで購入した。二回目は単価112百万ドルで14機を購入。イスラエルは次回交渉では90百万ドルを割ることを期待している。   今回の値下げはペンタゴンが50機を新規発注したことを受けている。イスラエル購入の機体が米空軍向けより高いのは独自装備の搭載が理由だ。イスラエル国防軍が要望した装備である。 ネタニヤフ首相がイスラエルに到着したF-35機内に入る。(Photo: Motti Kimchi) 国防相アヴィグドール・リーバーマンAvigdor Liebermanは今回の調達合意形成を称賛して…

★C-2のUAE向け輸出は成約するか

C-2は開発に手間取り、防衛省の調達機数も毎年わずかなのでメーカーにうまみのある事業ではないはずです。そこに外需が加わってどのくらいビジネスが変わるでしょうか。政府とメーカーが一体となり海外営業をかけてもらいたいものですが、今回の案件は実態はどうなのでしょうか。川崎重工も自由に発言できない環境だとしたら問題です。またとにかく政権のあらを探す傾向のある野党からすればまた攻撃材料とばかりとびつくのかもしれませんが、トンデモ質問にならないようしっかりリサーチしてもらいたいものです。
Japan in talks to export defense aircraft to UAE日本がUAEと軍用機輸出を協議中
Deal could open way for Japan to export finished military equipment 成約すれば防衛装備で初の完成品輸出となる C-2 輸送機
August 27, 2017 12:49 am JST https://asia.nikkei.com/Politics-Economy/Policy-Politics/Japan-in-talks-to-export-defense-aircraft-to-UAE TOKYO -- 日本が初の防衛装備完成品輸出に一歩近づいている。 航空自衛隊の最新鋭輸送機C-2をアラブ首長国連邦に売却する案件で日本政府が検討に入っていることが日経新聞取材で土曜日に判明した。 関係省庁が同機の性能諸元含む資料をUAEに開示する。次に両国間で防衛装備品及び技術輸出に関する条約締結が成立するとC-2のUAE売却が可能となる。 川崎重工業が開発したC-2は20トン搭載時に航続距離は7,600キロあり、ロッキード・マーティンC-130のおよそ二倍だ。 C-2は機体の大きさを活かして水陸両用車両、戦闘車両を搭載して遠隔地まで輸送できる。現在の機体価格は190億円だ。 UAEからC-2数機購入希望が伝えられ防衛省は経済産業省と技術情報をUAEへ開示ずみだ。両国政府で最終価格と導入機数のつめがおこなわれている。 日本は紛争当事国への防衛装備品、技術の輸出を禁じており、UAEがイエメンでサウジアラビア主導の有志連合軍に加わっていることが懸念材料だ。 日本政府が本案件の可否を審査するが、別の防衛省関係者によればUAEはイエメンで「介…

悲劇の重巡インディアナポリスの艦体が海底で発見された

重巡インディアナポリスの沈没は米海軍には後味の悪い大戦末期の出来事で日本海軍の橋本艦長も米本国の海軍法廷に証人召喚され、米艦長は自殺したんでしたっけ。原爆を下ろした後だったので広島投下は回避できできませんでしたが。しかしお金に余裕がありちゃんとした意思があるといい結果が生まれますね。

Billionaire Paul Allen Finds Lost World War II Cruiser USS Indianapolis in the Philippine Sea大富豪ポール・アレンが第二次大戦で沈没した巡洋艦USSインディアナポリスをフィリピン海中で発見

USSインディアナポリス、1937年真珠湾にて。 US Navy Photo

By: Ben Werner August 19, 2017 12:30 PM • Updated: August 20, 2017 11:26 PM https://news.usni.org/2017/08/19/uss-indianapolis-wreckage-found#more-27594
巡洋艦USSインディアナポリス(CA-35)が日本潜水艦の魚雷二本で沈没して72年たつが、太平洋の18,000フィート(約5,500メートル)下で沈没した艦が8月19日に発見された。
マイクロソフトの共同創設者、大富豪で事前活動家のポール・アレン率いる捜索チームが海軍歴史伝統本部(NHHC)の支援を受け、過去に何度も試みられつつ誰も成功しなかったインディアナポリスをこのたび発見し、第二次大戦中の米海軍関連の悲劇に幕が下りる。
Follow Paul Allen ✔@PaulGAllen We've located wreckage of USS Indianapolis in Philippine Sea at 5500m below the sea. '35' on hull 1st confirmation: http://paulallen.com 1:31 AM - Aug 20, 2017 364364 Replies 6,6846,684 Retweets

8月26日発射の短距離ミサイルはすべて正常に飛翔したと米軍が発表を訂正

やはり米韓演習を黙って見ておれずミサイル発射に踏み切りましたが、ICBMではなく短距離ミサイルを日本海に向け撃ったのは標的想定が日本なのが明らかです。EEZに着水しなかったらよい、という話ではありません。同時発射で精度をそこそこ確保できれば恐ろしい脅威です。戦後72年の今、日本の安全が一番危うくなっています。NK Missile Tests Didn't Fail, US Military Says in Revised Report北朝鮮ミサイルの失敗は誤報と米軍が訂正
7月28日発射された北極星-14型ICBMと言われる写真。発射地点不詳。 (Korean Central News Agency/Korea News Service via AP) Fox News | 26 Aug 2017 http://www.military.com/daily-news/2017/08/26/nk-missile-tests-didnt-fail-us-military-says-in-revised-report.html 北朝鮮が8月26日に発射した短距離ミサイル三発はすべて飛翔に成功していた。当初失敗と発表していた米軍が訂正した。 韓国統合参謀本部によれば発射地点は東海岸で155マイル飛翔した。韓米両軍が解析中だが今のところ詳細発表はない。 米太平洋軍報道官デイヴィッド・ベンハム中佐から二発が「飛翔中に故障」し三発目は「発射直後に爆発した」と発表していたが、太平洋軍は評価を見直し、ミサイル飛翔は成功だったと韓国軍評価と一致する内容になった。 韓国大統領府は国家安全保障会議を招集し、今回のミサイル発射をとりあげた。今回の発射は7月の大陸間弾道ミサイル発射以来となった。 今回の発射は米韓合同軍事演習の五日目のことで北朝鮮は演習を開戦準備の一環と非難していた。朝鮮半島では晩夏と春季にそれぞれ展開される演習で緊張が高まる。 今回の発射前に北朝鮮国営メディアは金正恩が特殊部隊の訓練視察の様子を伝えており、金正恩は部隊に「無慈悲に敵部隊を一掃し一挙にソウルを占領して半島南部へ進軍する」と訓示した。 朝鮮中央通信は「標的命中コンテスト」に軍用機、多連装ロケット発射機、推進式銃弾が投入され、韓国の白ニョン島、延坪島を模した標的に特殊部隊がゴムボートで「奇襲上陸」したという。 国境地帯に位置す…