2017年4月16日日曜日

米空軍F-35A戦闘飛行隊が初の欧州展開に出発


今回の派遣はシンボリックなものですが、記事にあるように本格欧州展開にむけた地ならしの意味もあるのでしょうね。それにしても東西での緊張要因が増えるばかりで米軍装備は薄く展開せざるを得ません。それだけにNATO各国が「ただ乗り」してきた状況に米国も忍耐の限界を感じているのでしょう。(NATO主要国ではやっと2016年から国防予算増加に転じています)

US Air Force F-35s making first operational deployment to Europe this weekend 

米空軍は今週末にもF-35部隊に初のヨーロッパ派遣を実施

By: Valerie Insinna, April 14, 2017 (Photo Credit: R. Nial Bradshaw/U.S. Air Force)

WASHINGTON — 米空軍F-35Aが今週末に初の海外展開でヨーロッパに向かい、NATO同盟国と共同訓練するとペンタゴンが14日発表した。
  1. 国防総省は発表内容を絞っており、「少数の」F-35Aが第388戦闘飛行隊(ユタ州ヒル空軍基地)からヨーロッパ内の非公開地点に展開するとしている。
  2. F-35隊は今週末に米本土を離陸し、ヨーロッパに数週間程度駐留し、ヨーロッパ内同盟国との軍事的つながりを強化する欧州再保証事業の一環となり、ロシアのヨーロッパ侵攻を食い止める抑止効果を期待する。
  3. 国防総省は「今回の訓練ではF-35事業の大きな一歩となり、空軍は第五世代戦闘機の作戦能力をさらに示す効果を上げることになる。さらにゆくゆくF-35Aのヨーロッパ駐留が2020年代初頭に予定されており、今回は細部をつめる意義もある」と声明文を発表している。
  4. 今回の派遣をトランプ大統領がロシアとの関係でぎくしゃくしていることと結びつけたくなるが、F-35の欧州派遣はオバマ政権時代から企画されており、昨年12月に前空軍長官デボラ・リー・ジェイムズからも今年に入り空軍部隊のヨーロッパ派遣を匂わせる発言があった。「F-35が戦闘投入可能となったので遠くない将来に同機をヨーロッパに展開する予定」とジェイムズは大西洋協議会で述べていた。「来年夏までにF-35がヨーロッパに姿を見せなければ驚くことになる。ステルス、状況認識とデータ融合の組合せは同盟各国へ抑止効果を見せつけることなろう」
  5. 今年2月に空軍航空戦闘軍団司令官のハーバート・「ホーク」・カーライルが退役前に同機をヨーロッパおよびアジア太平洋に早くて春にも派遣し、中東地区への配備は数年後と発言していた。
  6. 今回の欧州派遣で空軍はどの基地に移動するのかを発表していないが、一つの可能性は英空軍基地があるイングランドのレイクンヒースで、同基地はもともとF-35Aを54機駐留させる予定だが、配備は当初の2020年から数年送れる見込みだ。

0 件のコメント: