2017年4月4日火曜日

★★日本の北朝鮮先制攻撃は韓国との共同作戦になる?



日韓共同作戦ですか。実施できたら美しいですね。記者は日韓間のボタンの掛け違いのような対立をご存知なのでしょうか。いくら国民感情が優先するのが韓国の国情とはいえ存亡がかかった事態でまだこれが理由で共同作戦が実施できないとすれば大きな不幸ですね。有事には先に作戦実施し国民への情報開示は後回しの可能性もありますね。せめて軍組織間は別の話であってほしいのですが。

Here’s how Japan could attack North Korea’s missile facilities

これが日本の北朝鮮先制攻撃想定だ
2009年の共同演習に参加した三菱F-2A。通常爆弾搭載に注意。 (USAF photo)
  1. 北朝鮮が3月にミサイル連続発射テストに成功し国防長官ジェイムズ・マティスが北朝鮮の緊急性はイランより上と述べたとFoxNews.comが伝えている。英新聞サンによれば日本が北朝鮮への先制攻撃を合法化しようとしている。ほぼ75年に渡り日本は先制攻撃はおこなっていない。実施するとしたらどんな形になるのか。
  2. 航空自衛隊にはF-2Aが62機、F-4E/RF-4Eが71機あり、このうちF-4は伝説の多用途戦闘機で兵装を多量に搭載できるが、新たにシステム導入の必要がある。F-2AはF-16ファイティングファルコンをステロイド注射したような機体だ。空中給油機5機がある。(KC-767が4機とKC-130H1機)
  3. 日本に足りないのは精密空対地ミサイル運用の熟練度だ。F-2はAGM-65マーヴェリック他ミサイル多数を運用可能。また赤外線誘導爆弾GCS-1を Mk 82およびM117を元に開発中だが、対水上艦攻撃の想定だ。ただし航空自衛隊にとって対地攻撃は得意分野とはいえない。
  4. だが日本が韓国と組めば攻撃が可能だ。日本はF-15JとF-2で上空援護にあたる。またヘリコプター空母が救難捜索任務を提供できる。韓国はF-15KやF-16編隊で対地攻撃に専念できる。
  5. 法改正に踏み切れば日本もGPS誘導爆弾JDAM共用直接攻撃弾を導入でき、JASSM導入も可能だろう。日本には同等性能の兵装の国産化も可能であり、専守防衛を旨とする法体系が障害なだけであり、技術上は問題ない。
赤外線誘導爆弾GCS-1の模型. (Photo from Wikimedia Commons).
  1. その場合、F-2が攻撃部隊の中心となるだろう。海上自衛隊もトマホークミサイルで防空施設を攻撃するだろう。(こうごう級あたご級は米アーレイ・バーク級駆逐艦と同様に Mk 41 垂直発射管を装備)そしてF-2がJDAMでミサイル発射施設を叩くはずだ。
  2. ただし世界は息を殺して事態をながめるはずだ。金正恩は性格が不安定なことで世界有数の人物であり、自国ミサイル(核)が攻撃を受ければ次に何をするか明らかだ。■


0 件のコメント: