2017年2月13日月曜日

米海軍の艦載UAVの方向性はどうなっているのか


ペンタゴンと海軍の構想が噛み合わず、結局攻撃機になるはずだった無人機が給油機になりましたが、海軍はこれには満足せず、かつてのUCLASSの機能縮小版を期待しているということですか。一機種で全てを期待すると大変なことになるのはわかっているはずで、本当は専用機材を整備したいが懐事情からそうはいかないのでしょうね。中途半端な機体にならないよう祈るばかりです。ペイロードを期待すれば既存型機体、ステルスを重視すれば全翼機でしょうかね。期待しましょう。

Navy Moves Ahead On Carrier-based Drone

Feb 7, 2017 Lara Seligman | Aviation Week & Space Technology

X-47B Unmanned Combat Air System demonstrator
米海軍はX-47B無人戦闘航空システムを空母ジョージ・H・W・ブッシュで2013年に実証している。 Credit: U.S. Navy

高性能装備を敵対勢力が開発中のため米空母は敵海岸線からさらに遠い地点からの運用を迫られるとして、米海軍は無人給油機を空母に配備し航空隊の飛行距離を伸ばそうとしている。
  1. 海軍はUAVの空母運用を模索して構想は何度となく途中で変更されてきた。偵察攻撃用だったはずのUAVが結局給油機に落ち着いた。
  2. ペンタゴンは同機の実現にやっと動きはじめそうだ。これまで空母運用空中給油システム(CBARS)またはMQ-25の主任務を空母航空隊への空中給油と想定してきた。ここに来て海軍関係者からCBARSに同時に情報収集監視偵察(ISR)も副次ミッションとして盛り込みたいとの発言が出てきた。
  3. 「同機は将来の空母航空隊に不可欠な要素となり、空母の作戦能力を引き上げる効果を生む」とMQ-25開発を担当するボー・デュアルテ大佐が言う。
  4. その目標に向けて、海軍は4社に昨年契約を交付している。ボーイングロッキード・マーティンノースロップ・グラマンジェネラル・アトミックスに構想案取りまとめを発注しており、その先の技術製造開発段階の提案要求(RFP)への対応を期待する。RFPは今夏にも出て契約決定は2018年の想定。
  5. ドナルド・トランプ大統領からは国防費増額の構えが示されており、軍の即応体制の引き上げが期待される中、海軍は新型機開発を急ぐよう圧力を受けそうだ。ジョン・マケイン上院議員(共・アリゾナ)からはMQ-25開発を急ぐよう注文が出ており、5年以内の初期作戦能力獲得の国防構想白書を発表している。
  6. 「敵側が長距離高性能防空体制を整備する中で長距離飛行可能な新機材が空母航空隊に必要なのであり、敵防空網を突破し、攻撃・情報収集できる機体が必要だ」とマケイン議員は白書で持論を展開している。2月6日時点で海軍は白書に回答を寄せていない。
  7. だが無人空中給油・ISR兼用構想には問題がある。給油機と偵察機では設計要素が相反し、ISR機は高高度を長時間飛行する必要があるため、長い主翼と効率のよいエンジン性能が不可欠だ。ISR機が大量の燃料を機内搭載しないのは機体重量を増やさないためだ。これに対して給油機は大量の燃料を搭載し空母航空隊のニーズを満たし、エンジンも大型するはずだ。
  8. 海軍航空部門の立案部門は産業界とともに「スウィートスポット」をMQ-25で見つけて両方のミッションを実施できないかを模索しているとマイク・シューメーカー中将(海軍航空部隊司令)が昨年明らかにしている。
  9. もう一つの問題は将来の作戦環境を想定してどこまでステルス性をMQ-25に求めるかだ。ペンタゴン最上層部は生存性を中核性能にしなかったが、海軍は同機が脆弱にならないよう既存の「機体形状」を流用できないか検討中だとシューメーカー中将が明らかにしている。
  10. 中将は特定のメーカー名を口にしていないが、MQ-25の基本に活用できる設計構想はすでにあるとする。海軍は以前の無人空母運用型監視攻撃機材(UCLASS)構想で上記4社が提出していた内容を検討することになりそうだ。
  11. MQ-25を巡る各社の競合は最終的にジェネラルアトミックスやボーイングが提案した主翼胴体尾翼を備えた既存型あるいは無尾翼全翼機型のロッキードとノースロップ案のいずれかにおちつくだろう。
  12. シューメーカー中将は海軍がMQ-25のステルス形状を検討するのは確かとだけ述べており、給油機を敵領空に前方配備すれば脆弱性が露呈すると主張。
  13. 「空中給油任務の実施方法を見れば、他の機材より前方に送る必要があるのがわかる。MQ-25を単独で送り込んでも残存性は期待できない。送り込む以上簡単に撃墜されないようにしなくては」
  14. シューメーカー中将は「ステルスと給油機機能はMQ-25では両立しない」が「まず給油用UAVとして投入し、その後残存性のある攻撃機に進化させられる」と言う。
  15. 給油機の武装化は比較的容易だ。燃料の内部搭載用スペースを兵装用に転換すればよい。全翼機形状になった場合は最初からステルス性を考慮したことになり、レーダー吸収剤を施せば残存性が高まる。■

0 件のコメント: