スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2017の投稿を表示しています

韓国KF-X開発の最新状況

FA-50でロッキードの助けをかりていますが、KF-Xでも同様のようです。もっともF-35を採用したのもKF-X開発のためのようにも見られますが、そもそもKF-X開発の動機が理解困難です。韓国が米国離れしたところで基礎技術等しっかり米国から逃げられない構造のはずですし、米国の代わりに欧州に頼っても同じ構図でしょう。

South Korea's KF-X Grows Considerably In Development韓国KF-Xの開発状況 Two-seat version and European weapons added to Seoul’s new fighter 複座仕様と欧州装備の採用が韓国の新型戦闘機構想の中心 これは KF-X のC105 あるいは C106設計案で現在は C107になっている。 Credit: DAPA

Oct 13, 2017Bradley Perrett and Kim Minseok | Aviation Week & Space Technology http://aviationweek.com/defense/south-koreas-kf-x-grows-considerably-development


韓国航空宇宙工業(KAI)のKF-X戦闘機が拡大を続けている。コンセプト構築時にはユーロファイター・タイフーン程度の大きさだったが繰り返し寸法が拡大している。 国産戦闘機を目指す同機は複座だと開発元は確認しているが初期は単座だった。MBDAのメテオおよびDielのIRIS-T空対空ミサイルを装備すると韓国国防調達部門は述べており、米製兵器への依存度を解消する考えだ。 双発のKF-Xは初飛行2022年をめざす。韓国空軍とKAIは初号機引き渡しを2024年に設定しているが、2026年以前の機体は開発用のはずだ。実戦対応の初号機は2026年に初めて出現するはずだが装備は完全ではない。インドネシアがKF-X開発のジュニアパートナーとなっている。 国防省の国防開発庁(ADD)が開発を主導しており、KAIが詳細開発を担当する。さらに調達部門の国防調達事業庁(DAPA)がジェネラルエレクトリックF414エンジンを2016年に選定した。 設計案C107は2012年に始まった設計案の最新版である。ロッキード・マーティンがF-Xフェイズ3の選…

NZ現地紙に見る次期輸送機調達、C-2の存在感なし

C-2/P-1のペアはニュージーランドに本当に売り込みを図っているのでしょうか。この記事からは存在感が伝わりません。一つの理由が現地メディア対応でしょう。英語が不得手ならロビーストを雇えばいいのでは。それだけの予算もかけられないのであればそもそも海外販売をする意欲もないのでしょうね。お分かりのように現地の期待はC-130Jに傾いているようですが、調達規模が少ないからと馬鹿にしていいのか、日本の(本来はメーカーの責任ですが、大使館はじめ本省がかなりピッチを入れているのも問題では)姿勢が問われそうですね。といいつつ日本のC-130Hも早晩後継機調達の話が出そうですね。ニュージーランドの政治情勢というのがよくわかりませんがご存知の方はご教示ください。
New government will have to make a call on Hercules replacement
C-130J Hercules that Lockheed Martin hopes to sell to New Zealand. Photo / Supplied
15 Oct, 2017 7:30pmBy: Grant Bradley Aviation, tourism and energy writer for the NZ Herald grant.bradley@nzherald.co.nz@gbradleynz http://www.nzherald.co.nz/business/news/article.cfm?c_id=3&objectid=11932974
ニュージーランド新政権がまず手掛けるべき仕事の一つがハーキュリーズ輸送機の老朽化に対応した後継機選定だ。 導入後52年が経過した機材は耐用年数の終わりに近く、メーカーのロッキード・マーティンはニュージーランド防衛軍(NZDF)の5機に残された飛行時間を算定中というが、新型機導入は待ったなしになっている。 国防関係者による詳細な検討内容が年末までに内閣に提出されるが、ニュージーランド第一党の副代表と国防省報道官を兼務するロン・マークRon Markが次期輸送機選択のカギを握りそうだ。 だが本人は近年の国防調達事業に対して鋭く批判している。 ロッキード・マーティンの競合相手はブラジルのエンブラエル、日本の川崎重工でそれぞれ同規模のジェット輸送…

53歳になったCH-53の過去、現状、未来

先週沖縄で発生した事故は深刻でしたが、例によって日本側の反応は感情的でCH-53全体の飛行をやめろ、とか危険な機体扱いにしてしまいましたね。住民に被害がなくて幸いでしたが、だれも米側乗員の安否を気遣わなかったのはどういうことでしょう。また、今後新g奈多のスタリオンが登場してもやはり危険機材扱いするつもりなのでしょうか。オスプレイと重なるところがありますが、背後に政治的な動機があるのか注視する必要もありそうです。また報道機関にはCH-53E(CH53ではありません)と明記してもらいたいものです。
The CH-53's Dark Present But Bright Future On This The Chopper's 53rd Birthday明暗分かれる現状と将来の中、53歳になったCH-53 The type has gone through a turbulent patch in recent years but a new super powerful variant could revitalize its legacy for decades to come.近年、つらい境遇にあったが、新型機の登場で再活性化され偉業はこれからも続く

STEVEN KAETER/SIKORKSY BY TYLER ROGOWAYOCTOBER 14, 2017 http://www.thedrive.com/the-war-zone/15146/the-ch-53s-dark-present-but-bright-future-on-this-the-choppers-53rd-birthday
巨大なシコースキーCH-53が53歳になった。「スタリオン」の初飛行は1964年10月14日で現在は三世代目のCH-53Kキングスタリオンが登場している。CH-53に代わる機体はCH-53の改良型しかないとはよくいったものだ。この事はイスラエルが最近身をもって知ったばかりだ。 SIKORSKY ARCHIVES YCH-53Aとして1964年10月14日に初飛行 Flightglobal.comによるとイスラエル空軍はMV-22オスプレイの評価を中断したが、CH-53D後継機としてオスプレイ数機を導入するつもりだった。Flightglobal.comはこう報じている。 「イス…

日曜特集 野戦糧食に加えたい全米ローカルメニュー11選

MRE Meal Ready-to-Eatは全米の食習慣を反映しそれなりに改良されているのでしょうが、meal, ready, to eat で三つのウソだと決して評判がよくないとも聞きますが各地の戦闘を支える重要な要素であることも事実でしょう。今回はそのMREのメニューに加えてみてはどうかという各地のメニューですが、さすがにアメリカは広いですね。中には食べてみたいものもありますが、いかがなものかと思えるものもありますね。 11 regional American foods we'd like to see in MREsBy Blake StilwellOct. 12, 01:10 PM http://www.wearethemighty.com/lists/11-regional-american-foods-wed-like-to-see-in-mres
MREには展開中の兵員に故郷の味をわずかながら思い起こさせるものがある。どこまでMREの成功を期待するのか、過去の功績はどうだったのか、さらにどこまで美味になっていたかの議論は開かれている。 過去数十年で献立多数が現れては消えた。懐かしく思える味もあった一方で消えてよかったと思えるものがある。 アメリカは広大だ。MREを作るものに期待したい故郷の味がある。ではお国自慢となる故郷の味をながめてみよう。 1. バッファローチキンの改良鶏の手羽にバターと辛いソースをかけたらどうなるか。こたえは「大した味ではない」だが、MRE専門家は調理方法を「引っ張る」方向に変えたところオレンジ色のねばねば状の塊になった。 アメリカの味、ドロドロ料理(glop) 肉はバーガーやフランクフルトソーセージになっており、どうして本当の手羽肉あるいは骨なし肉を使わないのか理解できない。 2.ボルティモア蟹ケーキ軍の料理に蟹を頼むのは大変だと知っているが、ぜひMREにとりれてほしい。またオールドベイOld Bayのソースを辛味調味料の代わりに同封してもらいたい。 蟹クラッカーはみたことないな 3. 南部風ビスケットとグレイビー野戦食に向かないといわれそうだが、腰を下ろして食べる時間があれば受けること間違いない。Elfのスナックパンがあればいうことない。MRE関係者はバターミルク味のスナックパンを野戦用にはグレイビーかけで提供してもらいたいものだ。 これ…

SR-72観測記事のまとめ ミッション、性能は?

ここにきて目だつSR-72関連記事ですが、比較的まとまっているのでご紹介します。実際に機体が完成しており、飛行しているとしたらなぜ縮小機が飛ぶのでしょうか。あるいは全く別のプロジェクトなのか。こういう謎の機材の登場にはわくわくさせられますね。The Enigmatic SR-72 And the Palmdale Sightings: What Do They Tell Us About America’s Secret Hypersonic Program?謎のSR-72とのパームデール目撃談:米国は極超音速機を秘密裏に開発しているのか。 The Media is Full of Speculation, But What Do We Know and What Can We Predict?観測記事が続くが、何が分かっているのか、何が期待できるのか。
By Tom Demerly Oct 12 2017 - 1 Comment https://theaviationist.com/2017/10/12/the-enigmatic-sr-72-and-the-palmdale-sightings-what-do-they-tell-us-about-americas-secret-hypersonic-program/

2017年最大の航空宇宙関連ニュースは米空軍第42製造飛行テスト施設(カリフォーニア州パームデール)で謎の新型機が着陸する様子が「複数の目撃例」が報告されたことだ。正体は何だったのか。 Aviation Weekのガイ・ノリスがまずスクープした。2017年9月27日にノリスはこう伝えていた。「Aviation Weekが得た情報では無人小型実証機が米空軍第42工場があるカリフォーニア州パームデールで目撃され、同機は数時間にわたる飛行を終えて7月末日付不明の早朝に着陸しT-38が二機随行していたという。同地にはスカンクワークスが本拠地を置いている。ロッキード・マーティンは目撃情報へコメントを拒否している」 カリフォニア州パームデールの米空軍の第42製造テストフライト施設、初期の様子 (Photo: USAF)
ノリスを受けて現れた記事はほぼ全数が目撃された無人機は新型全地球対応極超音速の遠隔操縦機(RPA)とみており、情報収集監視偵察機(ISR)開発に関連し、小型…

SM-3でICBM迎撃は可能なのか、SM-6はどうか

ミサイル防衛にこれまで費やしてきた投資が真価を発揮する場面が本当にやってくるのか、興味津々というところですが、脅威は北朝鮮だけではないので、迎撃ミサイルも進化させていかねばなりません。日米の共同開発というのもこの国の皆さんはほとんど知らない話ではありませんか。米陸軍は今後ミサイル軍に変化していくのではないでしょうか。
Could SM-3 Interceptor Take On Intercontinental Ballistic Missiles?SM-3迎撃ミサイルはICBMに有効に対応できるのか As Pentagon adds dollars for missile defense, Raytheon pitches SM-3s as ICBM killers ペンタゴンが追加予算をミサイル防衛に振り向ける中、レイセオンのICBMキラーとしてのSM-3売り込みに力が入る Oct 10, 2017James Drew and Jen DiMascio | Aviation Week & Space Technology http://aviationweek.com/defense/could-sm-3-interceptor-take-intercontinental-ballistic-missiles
北朝鮮が相次いで弾道ミサイルを発射し、ドナルド・トランプ大統領は8月にミサイル防衛に「数十億ドル」を投入すると述べた。 年末までに弾道ミサイル防衛体制の点検を完成する予定のペンタゴンは短期間で強化策の検討を求められている。大統領の力の入れ方による結果の第一段が姿を現しはじめている。議会は367百万ドルを他事業からかき集めミサイル防衛に投入する予算執行を承認した。 この予算で移動式ミサイルへの対抗策を求めていく。とくに発射前に対応が肝要だ。このため戦闘機からのミサイル発射、艦船発射兵器または特殊部隊による攻撃まで検討する。またアラスカ州グリーリーにミサイル防衛サイロ20基を新設し、海上配備Xバンドレーダー改修やSM-3ブロック2A迎撃ミサイルの追加発射も行う。. このうちレイセオンがSM-3ミサイルの最新のブロック2Aバージョンに力を入れている。同ミサイルは日米共同開発で中距離・長距離弾道ミサイルを宇宙空間で破壊するのが目的で長距離ミサイル対応にも投入可能だ。 直径…