スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2017の投稿を表示しています

★米海軍で秘匿性最高のUSSジミー・カーターの内側

ジミー・カーターはまだ存命ですが、潜水艦勤務士官だった本人からすればこの命名に感じるものが多かったでしょうね。(原子力動力の原理を正しく理解する初の大統領だったはずです。)シーウルフ級はこうしてみるとバラバラな命名基準でもし予定通り多数建造していたら艦名の混乱が避けられてなかったでしょうね。
Inside the USS Jimmy Carter: America's Most Secret Attack Submarine EverUSSジミー・カーターの内側、米海軍で最も秘匿度が高い攻撃型潜水艦 Joseph Trevithick August 18, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/inside-the-uss-jimmy-carter-americas-most-secret-attack-21946?page=show

2013年1月20日、シーウルフ級攻撃型潜水艦USSジミー・カーターは母港ワシントン州バンゴーを出港し、ほぼ二か月後に真珠湾に修理のため入港した。 謎に包まれた航海だ。初の海上任務で同艦がどこに行ったのか、乗員150名が何をしたのか不明だ。シーウルフ級は米軍で最も秘匿性の高い装備であり、そもそも海軍の「沈黙の部隊」に関する情報を探すのは困難だ。 ジミー・カーターが何らかの任務を行っていたことはわかる。同艦の公式年鑑ではミッション7とだけ記載されている。「外部支援が全くない中で極めて厳しいストレスがかかる環境で任務を遂行し、USSジミー・カーターの伝統たる死活的国益の追求における優秀な成果を続けた」。 同艦の公式記録ではミッションに関する記載に7月ピクニックとかハロウィーンパーティーが見られる。だがミッション7で大統領殊勲部隊章を受けており、「武装した敵相手に類まれな英雄的行動を示した」と公式海軍記録にある。 シーウルフ級最終建造艦ジミー・カーターは唯一無二の存在だ。建造中にペンタゴンは艦に100フィート2,500トンのモジュール多用途プラットフォームを挿入し、水中無人艇、SEALs他の搭載能力が備わった。 さらに重要なのは同部分は砂時計のような形で海中通信線を見つけ盗聴器を海底に敷設できるようになっていることだ。同艦がペンタゴンのステルススパイのひとつであることはまちがいない。 もう一つのヒ…

ますます劣勢になる北朝鮮の通常兵力が核兵器依存につながる

F-35の配備でますます劣勢を自覚する北朝鮮が自暴自棄になり日韓両国にむけて先制攻撃をする可能性が増えないか心配です。逆に言えば北朝鮮に退路はもうないのですが。
F-35 Is Newest Thorn In North Korea’s SideF-35は北朝鮮から見れば最新の棘だAug 16, 2017James Drew | Aerospace Daily & Defense Report http://aviationweek.com/combat-aircraft/f-35-newest-thorn-north-korea-s-side
ロッキード・マーティンF-35の日韓両国配備は北朝鮮の通常兵器での劣勢拡大を明らかにする効果がある: U.S. Marine Corps
米海兵隊は自らを「槍の先頭」と自慢するが東アジアでは「グリーンナイツ」の海兵戦闘攻撃第121飛行隊(VMFA-121)は氷山の頂点以上の存在で、実戦投入可能なロッキード・マーティンF-35最初の十数機を配備した飛行隊として今後数十年にわたり同地域に駐留することになりそうだ。 2020年代初頭には北朝鮮は米最新第五世代戦闘機100機超と対峙することになり、うち42機が日本、40機が韓国所属でここに米空軍・海兵隊・海軍の前方配備機材が加わる。 中国・ロシアの支援がなければ北朝鮮に共用打撃戦闘機部隊に対応する可能性は皆無となる。制空し、ミサイルを地上で捕捉破壊し、地上部隊の前進を支援するのが同部隊の任務となる。北朝鮮には旧ソ連製および自国開発レーダーや地対空ミサイルがあるが、ステルス機を事実上止められない。 Randコーポレーションのセキュリティ専門家によればステルス機投入で北朝鮮の「通常兵器の著しい不利性」があらわになるという。だからこそ北朝鮮は核兵器とミサイル開発に躍起となっているのだ。 北朝鮮に核濃縮工場が三か所あるといわれ、核弾頭30ないし60個があるはずだ。大陸間弾道ミサイル三種類を同時開発中でこのうち二段式火星-14型を7月に二回発射した。 北朝鮮は核兵器を西側軍侵攻を食い止める究極の手段と見ており、連合軍が先制攻撃の兆候を見せれば一気に短距離ミサイルで韓国や日本国内の軍事施設や主要都市を攻撃するだろう。 「あちら側は通常兵器で相当不利と認識しており、特に航空兵力不足を痛感しています」とRan…

USSジョン・マケイン衝突の第一報

UPDATED: USS John McCain Collides with Chemical Tanker in the South China Sea; 10 Sailors Missing, 4 EvacuatedUSSジョン・マケインが化学タンカーと南シナ海で衝突、乗組員10名行方不明、4名搬送ずみ
By: Sam LaGrone August 20, 2017 8:17 PM • Updated: August 21, 2017 12:02 AM https://news.usni.org/2017/08/20/uss-john-mccain-collides-merchant-ship-south-china-sea-search-rescue-operations-underway 写真 USSジョン・S・マケインが航行中。 June 17, 2017. US Navy Photo


USSジョン・マケイン(DDG-56)がリベリア船籍の化学タンカーアルニックMC(3万トン)と現地時間月曜日5:24 a.m(日本時間6:24a.m.)、シンガポールに近い南シナ海で衝突した。同艦は現在自力でシンガポールのチャンギ海軍基地に向かっている。乗組員5名が負傷し、10名が行方不明だ。 第七艦隊が以下発表している。 「負傷した乗員のうち4名はシンガポール共和国海軍のピューマヘリコプターでシンガポール病院へ搬送され深刻な状況ではない。「五名目の乗員は医療手当はこれ以上不要な状態だ」 残る乗員が浸水箇所数点に奮闘中だと海軍関係者がUSNI Newsに日曜日夜に伝えている。推進力、電力は限定的だが移動途中の同艦の通信状態は良好だ。強襲揚陸艦USSアメリカ(LHA-6)が接近し支援を行っている。 「第一報ではジョン・S・マケインは左舷後方を損傷したとある」と第七艦隊は声明文を発表。「艦の損傷度と乗員安否を確認中で事故調査は今後実施する」 第七艦隊によればシンガポール海軍からSSギャラント(97)、ヘリコプター数機と沿岸警備隊バスキング・シャーク(55)が救援中。USSアメリカのMV-22、MH-60も事故対応にあたっている。 今年6月17日にはUSSフィッツジェラルド(DDG-62)が商船ACXクリスタルと衝突し、第七艦隊は当時当直中の乗員数名をけん責処分にしたばかりだった。 マケインは前方配備…

★米海軍レイルガンの現在の課題は連続発射の実証だ---戦闘艦への導入大日程

Navy Rail Gun to Test Rapid Fire & Move Closer to Combat海軍のレイルガンの反復射撃テストで戦闘投入が一歩近づく (コメントは下にあります)
U.S. Navy By Kris OsbornScout Warrior - Aug 16, 3:23 PM http://scout.com/military/warrior/Article/Navy-Rail-Gun-to-Test-Rapid-Fire-Move-Closer-to-Combat-106215098

電流の力でマッハ7.5でレイルガンから発射される米海軍の高速度発射体は敵の艦船、航空機、ミサイルを最大100カイリで撃破できる...
この未来兵器はもはや空想やSF映画の世界でなく、実戦投入段階が近づく装備だ。これだけの威力、速度、有効距離を実現する兵器が出現すれば敵攻撃を遠距離で食い止める効果が生まれる。   海軍研究本部Office of Naval Researchは電磁レイルガンを実験室から外に持ち出し海軍水上戦センターのダールグレン施設のレイルガン用反復射撃テスト場で実用試験を行う。 「初期のレップレート(反復射撃率)は低砲口出力で成功しており、次は発射エネルギーを徐々に上げて集中砲撃の発射回数にもっていくのが目的」とONRは発表している。 レイルガンのレップレートテストでは今夏終わりまでに20メガジュール、来年までに32メガジュールが目標だ。ちなみに1メガジュールは車重1トンのクルマを時速250キロで動かすのに相当する。 「レイルガンはじめ指向性エネルギー兵器は将来の海上戦で優位性を約束する」とトーマス・ビュートナー博士(ONR海軍航空戦兵器開発部門長)が述べている。「米海軍が飛躍的技術を先に導入し敵対勢力への優越性を維持することが求められる」 この兵器の作動にはパルス生成ネットワークを充電する必要がある。パルス生成ネットワークには非常に大きなエネルギーを極めて短時間に放出するコンデンサーが必要だ。 一回の作動で3から5百万アンペアの放電が発生する。これは1,200ボルトを千万分の一秒に放出するのに等しいと専門家が説明する。つまり約45ポンドの物体を静止状態から時速5千マイルまで100分の一秒で加速するのに等しいと海軍関係者が述べる。 時速5,600マイル(…

金正恩の一言は緊張緩和への第一歩なのか?

ゲームは高度化しています。金正恩対トランプのレトリック勝負は金正恩がリードしているようですが、米政権がこのまま劣勢を甘んじるはずはなく、いつどんなどんでん返しが起こってもおかしくないと思います。むしろメッセージを読み間違えることの危険の方が怖いのですが、日本はこの点ナイーブな受け止め方をしがちなのでリスクがあります。またいくら北朝鮮が悪の態勢だとしても存在を認めざるを得ない状況になってきたらどうするのか、いまからしっかり考えておく必要があると思いますが、読者諸賢のご意見はいかがですか。
Kim Jong-un Leaves an Opening for De-escalation. Should the United States Take It?金正恩が示す緊張緩和の選択肢を米国は受け入れるべきだろうか Eric Gomez August 19, 2017 http://nationalinterest.org/feature/kim-jong-un-leaves-opening-de-escalation-should-the-united-21957?page=show


「炎と怒り」の一週間で北朝鮮がグアム攻撃をちらつかせたが、平壌とワシントンが緊張緩和に向かう好機が来ているのかもしれない。 国営朝鮮中央通信(KCNA)によれば金正恩は火星-12中距離弾道ミサイル数発をグアム島周囲に射撃する案の説明を受けたが実施命令を下さず「ヤンキーがさらに愚行に走るのを静観」し将来の実施に含みを持たせることにしたという。 今回のKCNA報道の第一報はいつもの米朝二国間の言葉の応酬の延長に写ったが、米政策決定層も最高指導者が延々と続ける空虚な発言の真意を理解できれば緊張緩和の機会がきたとわかるはずだ。 最新のKCNA報道や先週発表の北朝鮮戦略軍報道官の声明を見ればグアム島周囲にミサイルを撃ち込む目的は北朝鮮へ対する米軍軍事行動に先手を打つことだとわかる。B-1B爆撃機がグアムから出撃すれば、金はグアム島周囲にミサイルを撃ち込み、その気になれば同島を制圧できる力を誇示する。ただしこの戦術の欠点は米軍が爆撃機運用を停止すれば北朝鮮はミサイルを発射できないことだ。さらに北朝鮮は米国へ韓国との大規模合同軍事演習の中止も求めている。予定では8月末に始まる。高圧外交の典型例だ。 今やボールは米側にあり、…

★中国で出回る謎の機体の正体を推論する

No, That Satellite Image Going Around Social Media Isn't Of China's New Stealth Bomber ソーシャルメディアに出回った衛星画像は中国の新型ステルス爆撃機ではないChina's new stealthy bomber could emerge at anytime, but this isn't it. 中国の新型ステルス爆撃機はそのうち登場するが、今回は別の機体BY TYLER ROGOWAYAUGUST 19, 2017 http://www.thedrive.com/the-war-zone/13640/no-that-satellite-image-going-around-social-media-isnt-of-chinas-new-stealth-bomber
Follow Defence blog @Defence_blog New stealth bomber spotted in Chinahttp://defence-blog.com/news/new-stealth-bomber-spotted-in-china.html … 9:48 PM - Aug 19, 2017 1010 Replies 9999 Retweets 6565 likes Twitter Ads info and privacy

リーパー訓練基地を米空軍がメディアに公開した

いいな、こんな機会があって。こっちも見てみたいですが、どこまで現実に感じられるでしょうか。ドローンという表現は無人機(英語では人=男性)の言葉を嫌ったヒラリーが意図的に使ったことばで米空軍では一貫して遠隔操縦機と正式に読んでいます。ヒラリーが落選してもドローンはまだ残っていますね。当ブログではヒラリーが嫌いなこともありドローンの表現は使っていません。航空自衛隊は大型のグローバルホークをまず導入し、プレデターは使わないのでしょうか。朝鮮半島攻撃用に使い勝手のいい機材のはずですが、運用態勢の整備が大掛かりですぐには間にあわないでしょうし、パイロット頂点としたヒエラルキーにひびが入るのは組織上抵抗があるのでしょうか。今は遠隔操縦ですが、自律飛行の機種の登場も待ったなしで悠長なことは言ってられないのですけどね。
ニューメキシコの澄んだ青空から飛び出したMQ-9リーパーがホローマンAFBにいる記者の頭上を通過した。 Don’t Fear the Reaper: A Rare Look inside Remotely Piloted Aircraft Operations at Holloman Air Force Base リーパーを運用するホローマン空軍基地内の遠隔操縦機の運用状況を視察する貴重な機会を得た
Aug 17 2017 - By Tom Demerly https://theaviationist.com/2017/08/17/dont-fear-the-reaper-a-rare-look-inside-remotely-piloted-aircraft-operations-at-holloman-air-force-base/
何も聞こえなかった。雲一つない明るいニューメキシコ砂漠上空にバス車内からきらりと光るものが一瞬見えた気がした。もう一度眺めてみたが何もない。音もない。空には何もなかった。するともう一度光るものが見えた。今度は場所が分かった。だが遅すぎた。リーパーはすでに頭上にいた。 ジェネラルアトミックスMQ-9リーパー戦闘航空機の飛行する様子は初めて見た。この経験はジェット戦闘機の雷鳴のような飛行、ターボプロップのうなりとは別格だ。わずか900馬力のハネウェル製ターボプロップの回転音はおもちゃのようだ。米軍装備で最高の威力がある機体の動力とは思えないほどだ…

北朝鮮のインターネット利用状況を解明する

北朝鮮でインターネットを使うのはどんな人たちなのか、何に使っているのか。今回の報告書ではデータの層別に問題があるようですが、特権階級が自分たちの欲望に動かされてアクセスしていると想像するのは難くないですね。もちろんサイバー攻撃部隊は別で、ワナクライもその仕業ですが身代金搾取で国家歳入の一部にしようと何とも許せない所業です。 Social Media and Shopping: Report Provides Potential Insights on North Korean Online Behavior北朝鮮のインターネット利用状況を解説した報告書でわかることBY: MARTYN WILLIAMS AUGUST 18, 2017 http://www.38north.org/2017/08/mwilliams081817/ 発表されたばかりの研究報告が北朝鮮のインターネット事情の内側を解明している。平均的な北朝鮮国民、労働党上層部及び軍部は一般が想像するようにインターネットと無縁の生活は送っていない。ただしアクセス回数やその範囲は把握できないという。基本データが入手できないためだ。北朝鮮のオンライン活動の実態が俗説と違うと説明しているだけにこれは残念なことでデータの裏付けがあれば北朝鮮に対する見方が変わるのはまちがいない。 報告書の要旨 7月に報告書を出したのはInsikt GroupでマサチューセッツのRecorded Futureの研究部門だ。同社はオンライン上の危険情報を機械学習を利用して企業に提供している。報告書の下になったのは北朝鮮の国外インターネット活動を集計した Team Cymru(コンピュータセキュリティ専門の非営利団体)でInsiktの「情報収集パートナー」だという。 報告書ではRecorded Futureの戦略危険開発部長で米情報機関で12年の経験を有するプリシラ・モリウチが北朝鮮ユーザーはインターネットでソーシャルサービスメディアで時間を使うことが多いと指摘。とくにフェイスブックをグーグルから見て、百度やインスタグラムに多数のアクセスがある。アリババ、アマゾン、テンセント、アップルが今年4月1日から7月6日の間の集計でソーシャルネットワーキング関係でトップのサイトだ。 報告書では4月1日を例に163.comのメールアカウントから中国語映像サイトYou…