スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

台湾海軍の再整備計画>国産化で台湾防衛に特化した革新的な新型艦が登場する期待

Taiwan Navy Emphasizing Domestic Shipbuilding Program in Ongoing Maritime RestructureBy: Michal Thim and Liao Yen-Fan March 25, 2016 11:30 AM http://news.usni.org/2016/03/25/taiwan-navy-emphasizing-domestic-shipbuilding-program-in-ongoing-maritime-restructure
海防艦沱江 Tuo Jiang” 、2014年の引き渡し時.
台湾海軍(ROCN)の大規模戦力再整備案は2014年に発表され、1万トン駆逐艦4隻、フリゲート艦10から15隻の国産建造をうたっていた。 20年にわたる戦力近代化でディーゼル電気推進式攻撃潜水艦(排水量1,200トンから3,000トン)を最大8隻建造する。これまでの外国の旧装備中心の調達を国産建造に切り替えるのは台湾事情に合わせた国防政策の一環だ。台湾は中国の装備近代化の脅威を直接受けているが、海軍関係の軍事力格差は顕著に広がっている。 ただし人民解放軍海軍だけが台湾の国産化政策の背景理由ではない。現有艦船の構成をみるとその場しのぎの調達で、必ずしもROCNの希望どおりになっておらず、各種艦や装備が入り混じり、協調が難しいことがわかる。そこで大幅な手直しに入るわけだが、その中心に孫連Hsun Lienプロジェクトがあり、目標は統合戦闘システムを開発し全艦船で運用することだ。なお、新大統領蔡英文の選挙戦で経済成長のため国内造船業の再活性化策が掲げられており、国産国防装備は重要な意味を持っている。 台湾のStorm Magazine2月号によれば、孫連プロジェクト第二段階で2,500トン艦三隻を発注するという。背景には第一段階の500トン沱江Tuo Jiang級双胴船艦が成功したことがある。 新造艦はSky Bow/Tien Kung 3 (TK-3)、Sky Sword/Tien Chien 2N (TC-2N)を垂直発射システム(VLS)に搭載し、新型Sea Oryx近接防空システムを採用する。これはRIM-116ローリングエアフレイム・ミサイルと形状が類似しており、開発はまだ終わっていない。各装備はいずれも…

ハイテク表皮でカモフラージュする戦闘ロボットが登場する可能性

Defense Robots May Get Hi-Tech Skin that Feels – and Includes CamoPOSTED BY: BRYANT JORDAN MARCH 14, 2016 http://www.defensetech.org/2016/03/14/defense-robots-may-get-hi-tech-skin-that-feels-and-includes-camo/

ピクセル多数で構成したロボット表皮は厚さ5ミリで、64個のピクセルはそれぞれ4ミリの大きさ。5倍から6倍まで伸ばしながら発色変更が可能だ。Photo courtesy of Organic Robotics Lab, Cornell University.
アトラスはDARPA開発のヒト型ロボットでまだ開発途中だが、ヒト同様のやわらかで弾力性ある皮膚を付ければ一層人間らしく見えるようになるかもしれない。軍はアトラスをヒトより先に現場に投入する装備にしたいとしている。

表皮は超弾力性発光型コンデンサーhyper-elastic light-emitting capacitorの名称で今は圧力しか感知しないが、軍用ロボットとしてカメレオン同様に周りの環境に溶け込む能力が期待されている。 新型表皮は米陸軍と空軍の予算で開発されコーネル大とイタリア技術院の共同作業で、論文がサイエンス誌に発表された。論文では表皮が発光すると報告している。素材は驚くほど薄いゴム膜を独立制御ピクセルと配置し、タコと同様に発色を変えることができるという。 研究にあたったロバート・シェパード(コーネル大機械工学航空宇宙工学助教授)は「ピクセル単位で色を変更でき、ロボットに装着させて表面色を変えることができるようになった」と述べている。 「これがどんな意味を持つか。まず、ロボットが日常生活の一部に入ってくることで、人間と感情面でのつながりが増えることが重要だ」とシェパードは述べている。「発色を変えることができれば気分や部屋の雰囲気に対応してヒト-ロボットの関係が変わってくる」 ロボットに皮膚が与えられれば、ヒトはこれまで以上にロボットと感情的なつながりが生まれる。ドイツのデュースブルク=エッセン大学の研究ではロボットが虐待されるのを見るヒトがロボットに同情を示し、気分を悪くするのが判明した。実現すればヒ…

中国の戦争概念を正しく理解する----米議会調査部による報告書ではアメリカの延長で中国を理解する専門家見解を批判

Analysis – A Chinese Way of WarWendell Minnick, Defense News 4:47 a.m. EDT March 29, 2016 http://www.defensenews.com/story/breaking-news/2016/03/29/analysis-chinese-way-war/82370100/
CRS Warning for America’s China Watchers2010年珠海航空ショーで展示された極超音速宇宙機Shadow Dragon, (Photo: Wendell Minnick) TAIPEI - 米議会調査部US Congressional Research Service (CRS) の最新報告書では米側中国専門家が米国と中国を同一視しがちなこと、中国に透明性が欠如していることを無視している、中国が平時と有事のサイバー戦を区別しないこと等で注意喚起している。
報告書をまとめたイアン・E・ラインハートはCRSのアジア関係アナリスト。報告書は3月24日に連邦議員に配布され、表題は「中国の軍事力、議会向け総括と課題」とあり、「中国式の戦争のすすめ方」を検討している。 内容には米中開戦戦争の場合に勝敗を大きく左右しかねない米側の中国専門家が見過ごしてきた以下の点も含まれる。 -地理上の責任範囲が違う。米軍は世界規模で安全保障に任務を課せられているため、中国と戦闘状態に入れば、米軍が使用できる資源は限定される。これに対して中国には制約はない。 ミッションの違い。米中で軍のミッションがそもそも違う。軍の実力を評価するには想定するミッションを考える必要がある。この方法で米中の軍事力を評価するべきだ。 中国軍指導層の発言は信頼に足りない。中国の指導部は軍事力の目的をあいまいに発言することが多い。こういった発言はプロパガンダの色彩が強い。内外に印象付けることが第一で、その発言から中国が自国の軍に期待する内容を読み取ると不正確。ただしそうだからと言って中国発の発表を全部無視もできない。中国指導部は「中核的権益」は軍で守ると明確に述べている。たしかに南シナ海や台湾がここにあてはまる。「語句表現だけでいわんとする内容を無視することはできない。中国が整備する軍事力の内容を観察し、表明されている意向に各装備が符号す…

中ロ関係の背後に見える両国の異なる思惑から正しく南シナ海情勢を理解する

Brookings Panel: Improved China – Russia Relationship is a Marriage of ConvenienceBy: John Grady March 24, 2016 12:43 PM http://news.usni.org/2016/03/24/brookings-panel-recent-china-russia-relationship-is-a-marriage-of-convenience
習近平とウラジミール・プーチンが共同海軍演習に参加した中露海軍関係者を出迎える。上海、2014年5月20日。Xinhua Photo
ここ数年で中国とロシアの接近が目立つが、その関係は便宜上の結婚のようなもので両国にとって最重要な外交関係国は実は米国である。
ブルッキングス研究所主催のフォーラムがワシントンDCで開かれ、九州大の益尾知佐子准教授は「中露関係は強いが永続しない」と述べた。 ロシアにとって「中国は信頼できるただ一つの友好国」で貿易相手国としても大きな存在だ。ロシアの軍需産業基盤を支援する形で中国はロシアから高性能ミサイルや航空機を購入しており兵力投射能力を向上させている。 ただ益尾准教授は両国関係でほころびが明白になっているとも指摘。中央アジアではロシアが歴史的に安全保障で強力な役割を果たしてきたが、今や中国が経済面で上海協力機構の仕組みを使い旧ソ連共和国各地で重要度を高めているという。 これに対しユーラシアグループのデイヴィッド・ゴードンが追加コメントした。「ロシアは次々に自らが二番目の役割を演じていることに気付いている」と二国関係では中国が経済力を背景に強大になっていることを言及した。「両国が協力しながらも競争する場面が増えている」 中露関係が密接になったのは2014年にロシアがクリミア半島を併合し、ウクライナ東部の分離主義勢力を軍事的に支援したため米国、EUからの厳しい経済制裁を受けたことがきっかけで中国へ天然ガス売却の合意が成立したことだ。「このヘッジはうまく機能しているとはいいがたい」(ゴードン) 「エネルギー問題は今後も両j国関係に影響を及ぼす」が、両国の二国間協力は「まだ始まったばかり」とゴードンは述べ、ロシアはまだ中国からエネルギー生産で大規模投資を受けていないが、極東部や北東部での開発や中央アジアを縦…

★米軍機機密情報を盗んだ中国人の判決近づく

中国に行くと思うのですが、技術や製品の国産化に情熱のない国ですね。使えればいい、金を出すのだから自分のものと考える傾向があるのか、消費財でも日本製の日常品が普通に売られています。航空宇宙業界では技術の盗用はさほど珍しいことではないのですが、中国はロシア製装備でさえ勝手にコピーするなど好き放題で、これだけのことされておいて、今回の司法案件を契機に米側も何らかの制裁に踏み出すのでは。次期政権の課題でしょう。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Chinese Man Pleads Guilty to Stealing US Military Aircraft DataTOPICS:Bob WorkBoeingChinaCyber EspionageJ-20J-31Joe ManchinSu Bin POSTED BY: BRENDAN MCGARRY MARCH 23, 2016 http://www.defensetech.org/2016/03/23/chinese-man-pleads-guilty-to-hacking-us-military-aircraft-data/
中国空軍関係者がJ-20ステルス戦闘機を見聞している。2011年4月成都にて撮影。 (Color China Photo via AP, File)
中国人男性が「長年にわたる」米国ネットワーク侵入で重要情報を窃盗してきたと認めた。不正に得た情報にはC-17輸送機の他ジェット戦闘機数種があると米司法省が23日公表した。 問題の男性は Su Bin 別名スティーブン・スーあるいはスティーブン・スービンという中華人民共和国国籍の50歳で、米国連邦地裁カリフォーニア州中央支部法廷で犯行を認めたと司法省が発表した。 同被告は中国に本拠を置くビジネスマンで航空宇宙分野に従事し、「軍事技術情報の窃盗という犯罪共謀行為でC-17大型輸送機およびジェット戦闘機数種関連のデータ入手」で一定の役割を果たしたと司法省発表資料は述べている。 資料は戦闘機の機種を明示していないが、米関係者は以前から中国機の形状が米側機体と類…

命中の瞬間をビデオ投稿できる。こんな火器を市販していいのか

当方は決してガンマニアではないのですが、過日のニコン製ライフルスコープの話題が意外に反響を呼んだので別の記事も紹介する次第です。こんなライフルが狩猟用と銘打って一丁百万円を超えるとはいえ市販されるところにアメリカの怖さがありますね。さらに射撃照準命中の瞬間の画像が投稿されるに至っては狂気の沙汰と言わざるを得ません。皆さんはどうお思いでしょうか。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Smart Rifle Lets Shooters Share Video on Social MediaPOSTED BY: BRYANT JORDAN MARCH 22, 2016 http://www.defensetech.org/2016/03/22/smart-rifle-lets-shooters-share-video-on-social-media/ トラッキングポイント社のナイトイーグルは5.56ミリNATO弾を使う半自動銃でナイトヴィジョン装置が付属している。 (Image courtesy TrackingPoint)


精密誘導兵器の先端企業から新装備が登場した。
トラッキングポイント社TrackingPointのナイトーグル半自動ライフルは5.56NATO制式弾を使い、照準発射すると音声および画像を記録できる。 同社報道発表には「リアルタイムでヴィデオ記録して生の状況を伝える情報量が増え、同僚や家族と共有できるようになりました」とある。 スポーツや狩猟目的なら究極のソーシャルメディア投稿ができるだろうが、別の種類の射撃手なら例えば兵士にこの技術が必要かは疑問と言わざるを得ない。米陸軍はトラッキングポイント社製品含む精密誘導兵器をテスト中だが、軍の射撃結果がソーシャルメディアに投稿されては困るだろう。 またYouTubeに自分の目でとらえた射撃記録のビデオが大量に投稿される可能性もある。 「もし軍で採用となれば、システムを改良し軍のニーズや要求内容に合うようにできますし、現在のシステムでも懸念される点は事前に解決できます」と同社広報のキンバリー・チュンはMilitary.comに電子メールで…

対ISIS戦で形勢逆転? 米軍による最高幹部の抹殺続く

ISISとの闘いは今後も続き、手詰まりとなったISISがブリュッセルのような脆弱地点を狙ったテロ活動を展開するのは必至と思われます。これはイデオロギーの戦争なので仮に難民流入を阻止しても食い止めることはできないと思われます。日本が標的になった場合はもっと悲惨な結果が生まれるでしょうね。(ヒント 大量交通機関)とりあえずは指揮命令系統を司る幹部を一人ひとり排除するしかないのでしょうか。今回の作戦結果の浦には地道なISR活動があることを忘れてはいいけません。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- Momentum Shifts To US In Struggle Against Daesh: CarterBy COLIN CLARK on March 25, 2016 at 4:31 PM http://breakingdefense.com/2016/03/momentum-shifts-to-us-in-struggle-against-daesh-carter/feed/
Ash Carter and Gen. Joe Dunford PENTAGON: 米国は同盟各国とともにダーエシュ戦で形勢を逆転し、モスルを巡る戦いに注力している。戦闘の行方は混とんとし長期戦になるかもしれないが、虚無思想にひたり殺人と強姦を繰り返す背教者集団ISILに反抗する側に勢いがついており、様相はこれまでと逆転している。 というのが本日の記者会見で国防長官アシュ・カーターと統合参謀本部議長ジョー・ダンフォード大将の発言内容の骨子だ。 では戦闘終結の見通しがついたのか。ちがう、とダンフォード大将は明確に否定した。 「敵の指揮統制機能を低下させし始めており、一定の効果は上がってきたが、まだまだやるべき仕事が多い。勢いはこちら側にある。今後数か月の展開で楽天的になれる理由は多いがまだISILの弱体化までいっておらず、戦闘が集結するとは断言できない」 カーター長官からはもう少し詳しい状況変化の説明があった。 「ISIL幹部を組織的に抹殺している。米軍は今週だけでも数名の中核的なISILテロリスト…

米陸軍が進めるヴィエトナム、カンボジア他での物資事前集積の動きと中国の関係

US Army Plans Stockpiles in Vietnam, Cambodia: Hello ChinaBy SYDNEY J. FREEDBERG JR.on March 15, 2016 at 4:50 PM http://breakingdefense.com/2016/03/us-army-plans-stockpiles-in-vietnam-cambodia-hello-china/

米陸軍はこれと同様の野戦病院をカンボジアに造成する HUNTSVILLE, ALA: 米陸軍は太平洋地区でベトナム、カンボジアに加え国名不詳の数か国で装備類を事前集積し、部隊の迅速展開に資する計画中だ。各集積地は中国が自分の影響圏とみなす地域内に位置する。 陸軍補給司令部のデニス・ヴァイア大将は各集積地には人道援助災害救難 (HADR)装備を配置するが、大型装甲車両は置かないと強調。ただし、ヴィエトナム国内に再度米陸軍装備が置かれると劇的な出来事になる。アメリカには42年前の撤収の記憶が最大だが、ヴィエトナムはその後中国と地上戦一回、海上衝突を数回中国と経験しており、北京政府は不快に感じるはずだ。 冷戦時の米国はロシア、中国を封じ込めるべく、大部隊を前方配備した恒久基地を各地の同盟国内に整備していた。今日ではこのような基地は政治的に国内外で受け入れにくくなっており、日本や韓国では地元感情の反発が多発気味だ。そこで米軍部隊の大半は国内基地に配備され、一時的に海外派遣されることが多い。 M2ブラッドレー戦闘装甲車両が韓国に向けて送られる しかし必要とあれば一時派遣が事実上の恒久的プレゼンスとなり、部隊を交代していく。旅団単位の戦闘部隊が韓国及び欧州でプレゼンスを示している。このようなローテーション派遣には大掛かりな兵站支援活動が必要となるが、必要な補給品装備が事前配備されれば派遣が容易になる。 大将は米陸軍協会冬季大会の席上で、太平洋関連の計画を明らかにし、同時にアフリカと南アフリカでも同様の構想があると述べた。各集積装備は「活動用セット」として低密度ミッションの多国籍演習や災害救助を念頭にしている。 「環太平洋では人道援助災害救助を念頭に置いた装備物資を配備し、台風その他自然災害に備える」とし、「米陸軍太平洋司令部は従来より迅速対応が可能となる」とヴァイアは述べた。「たとえばカン…

★速報>ロシアが北方領土にミサイル配備など軍備増強の動き

このニュースはさすがに北方領土問題に敏感なところを反映して各メディアも伝えているようですが、あらためてお知らせすることにします。文中のバルとはKh-35、バスティオンはP-800超音速ミサイルで、特に後者は要注意です。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- Russia To Deploy Missile Systems on Kuril Islands, Defense Minister SaysAgence France-Presse2:42 p.m. EDT March 25, 2016 http://www.defensenews.com/story/defense/international/asia-pacific/2016/03/25/russia-japan-kuril-islands/82261548/ MOSCOW — ロシアは極東クリル(千島)列島に沿岸防備用ミサイル装備を配備すると国防相セルゲイ・ショイグが25日述べた。千島列島南部は日本が領有を主張している。 「クリル列島の駐留部隊と軍事基地の強化が進行中だ。今年中にバル、バスティオンの二種類の沿岸防備用ミサイル装備に加え、新世代エレロン-3無人機を配備する」とショイグは国防省行事で明らかにした。 ロシアはかねてから千島列島の軍事施設を強化しており、兵舎の建設も進んでいる。今年来年とロシアはクリル列島内に350棟を超える建築物を作るが、建設用地には日本が択捉と国後と呼ぶイトゥルップ、クナシルの二島を含む。 ショイグは同会合で国防省の関心が「北極海クリル列島地帯の軍事施設整備」にあることを明らかにした。 ロシア太平洋艦隊は来月から三か月にわたりクリル列島で海軍基地建設の可能性を探索する。 日本とロシアの二国間関係が厳しいのは千島列島のうち最南端の四島(日本では北方領土と呼称)の状況が理由だ。 岩だらけの辺境の各島に暮らすロシア人は合計19千名を数え、ソ連時代に第二次大戦末期に占領し占拠している。 日ロ両国は平和条約を締結しておらず、このため緊張関係により貿易上のつながりは数十年好転していない。■

★中国はRIMPAC参加は予定通りと主張

中国のレトリックに対抗することがなまじ簡単ではないことが報道官発言=中国政府見解からわかります。幼少時からさんざん訓練されているのでしょう。これに対し西側民主国家では付け刃の弁論訓練では簡単に対抗できません。
--------------------------------------------------------------------------------
China confirms participation in naval drill in PacificSource: XinhuaEditor: Yao Jianing 2016-03-24 20:240 http://english.chinamil.com.cn/news-channels/2016-03/24/content_6975667.htm
BEIJING, March 24 (Xinhua) -- 中国はRIMPAC多国間海軍演習に自国海軍艦船を予定通り派遣すると確認した。 「中国は米国から公式に中国をRIMPAC-2016合同演習に招聘されており、中国は自国軍艦を同演習に参加させることを確認するものである」と中国外務省報道官華春瑩が定例記者会見で語った。「中米両国は密接に連絡し調整中だ」 同報道官の発言は米国防長官アシュ・カーターが22日に米国が中国の演習参加を「再検討している」と発言したのを受けてのこと。長官は「中国が自ら孤立化の道をすすんでおり、多数国が米国側についている」とも発言している。 開かれた、発展中の国家で隣国へ友好的な政策を維持する中国は友好国の数を増やしていると同報道官は発言。 「『孤立化』に関し、米側の発言で中国包囲網を作ろうという真の意図が露呈したのではないか。これは建設的でもなければ現実的でもない」 中米両国は多くの点で協力が可能と報道官は指摘した。「相互尊敬とウィンウィンの協力関係を中米両国が構築することが両国人民の利益につながり、アジア太平洋から世界規模の平和安定成長につながる」 RIMPACは米国が主導して1971年にスタートした世界最大級の多国間海軍演習で、隔年開催で20か国以上が参加している。中国は2014年に初めて参加し、艦船4隻と乗組員1,100名を派遣している。■

中国がRIMPAC演習への招待を取り消される可能性

要は中国が南シナ海でしていることよりも中国の戦術運用データなど中国に参加させて米側が得られる情報がどれだけあるのか(米側の情報がどれだけ取られるのか)をはかりにかけた議論なのですね。これに対して中国も早速声明文を発表していますので別途ご紹介しましょう。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------ Weighing How Much Intel US Gets: Hawaiian Lawmaker Calls To Bar China From RIMPACBy COLIN CLARK on March 23, 2016 at 11:23 AM http://breakingdefense.com/2016/03/weighing-how-much-intel-us-gets-hawaiian-lawmaker-calls-to-bar-china-from-rimpac/
WASHINGTON: 南シナ海で人工島の建設など身勝手な行動をとる中国がRIMPAC演習に招かれなくなる事態が生まれるかもしれない。 ハワイ州選出のマーク・タカイ下院議員が昨日の下院軍事委員会で下院版2017年度国防認定法案に中華人民共和国を各種海軍演習に参加させないものとするとの文言を盛り込もうとしているとアシュ・カーター国防長官に伝えた。RIMPACには42隻の海軍艦船が22か国から2012年に参加していた。 議会に中国の演習参加で気が重くなっているのは南シナ海での中国の行動や米国側の同盟国への扱いが原因だ。上院で有力な国防関連議員のジョン・マケインおよびジョン・リード各議員は中国参加に反対の意見を公式に残している。 以下はカーター長官が中国のRIMPAC参加を初めて確認した際に記者が報道した内容だ。 7月16日付上院軍事委員会委員長ジョン・マケイン議員宛書簡でカーター長官は長文で中国への非難を避けつつ、マケインおよびジャック・リード議員をなだめようとしている。この上院議員二名はカーター長官に5月に中国の演習参加に反対する旨の書簡を送っていた。カーター長官は上院軍事委員会有力議員に対し、中国は「わが方の対応が必要な行動を起こしており、同盟国協力国…

★ニコン開発のライフル照準器はすごい(らしい)

ニコン製品(米国人はナイコンと呼んでいるのでしょうか)をご愛用の方は多いと思いますが、こんな製品もあったんですね。要は電子制御で照準を距離と関係なくたえず正確に確保できるという機能のようですが、間違っていたらニコンの方ご訂正方お願いします。下写真のキャプションではライフル照準器は6種類あり、それぞれ距離固定機能がついているとのことです。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ Nikon’s New Scopes Feature Distance Locking TechnologyPOSTED BY: BRYANT JORDAN MARCH 17, 2016 http://www.defensetech.org/2016/03/17/nikons-new-scopes-feature-distance-locking-technology/ T he PROSTAFF 5 3.5-14x50, one of six new Nikon riflescopes with Distance Locking technology.
ニコンのスポーツオプティックスNikon Sport Opticsに新型ライフル照準が登場。第一焦点面に距離固定機能Distant Lock function が付いたことでズーム中も距離と縮尺の比率をそのまま維持できるようになった。
BDC距離固定機能で第一焦点面に写るものすべてを保持しながら、ニコン開発のスポットオンSpot On ・アプリケーションが拡大倍率を問わず対応すると同社は説明している。ライフル照準器の第一焦点面で照準線サイズがズームに応じて変わるためこれが可能となる。
ニコンのスポットオンにより射撃手は射撃条件や弾道情報をインプットし、ニコンBDC照準線で正確な照準を行うことが可能。これは射撃距離と関係ない。また正確な照準はBDC照準線でどの距離でも行うことが可能となる。
従来のニコンのライフル照準器では第二焦点面を使っていたと同社は説明。スポットオンを使うと照準を最大倍率で得られる。■