ISIS作戦にフランスも原子力空母を投入


これもISISがらみですが、フランスも本腰を入れてきたようです。パリの乱射事件のあとだけにフランス海軍も相当カッカしているのではないでしょうか。1月末から2月はじめにかけて作戦に入りそうで、今後の動向に注目ですね。

French Carrier to Deploy to Indian Ocean, Could Join ISIS Fight

By: Sam LaGrone
Published: January 7, 2015 10:13 AM • Updated: January 7, 2015 10:14 AM

Charles de Gaulle (R91)
Charles de Gaulle (R91)
.
フランス海軍の原子力空母シャルル・ドゴールCharles de Gaulle (R91) (4万2千トン)はまもなくインド洋に向け出港し、演習のあとイスラム国(ISIS)に対する空爆作戦に参加する。

匿名のフランス国防省筋を引用する形でロイター電は同艦が対ISIS作戦に加わる可能性について「同艦は軍事手段であり、作戦投入して目的が達せられる」と伝えている。

1月6日付のフランス海事報道サイトMer et Marine はド・ゴールは戦闘群を構成し、給油艦1、誘導ミサイルフリゲート2、攻撃潜水艦1と作戦展開の準備中と伝えていた。

フランソワ・オランド大統領は1月14日にツーロン軍港での式典の席上で正式に派遣を発表する。

米国主導の対ISIS作戦ではフランスも早期から参加しており、戦闘機10機とともに情報収集監視偵察(ISR)機材も派遣している。ド・ゴールの派遣で戦闘機が更に30機追加される。■
 

コメント

このブログの人気の投稿

★★★★北朝鮮ミサイルが中国衛星で誘導されている可能性

★★★真偽は?日本もUCAVを開発していた

★★ロッキードが極超音速技術の完成に近づいている模様、SR-72との関連へ注目