2014年6月28日土曜日

主張 米陸軍は次世代ヘリ事業を真剣に考えぬいているのか


Opinion: Has The U.S. Army Thought Through Future Vertical Lift?

The coming rotorcraft non-revolution
aviationweek.com Jun 19, 2014Richard Aboulafia | Aviation Week & Space Technology
銀行や国防案件、さらには国家財政再建など「巨大だからこそ倒産させられない」と言う文言がまた出てくると、肩をすくめ、無力感にさいなまれることが多い。多くは巨大すぎるからではなく、行動をとるのが遅すぎたことが問題なのだ。
  1. 米陸軍の次期垂直輸送機 Future Vertical Lift (FVL) がこの例で誇大宣伝と裏腹にそもそもの目標がしっかりしていない。

  • まず、回転翼機の概念を再構築し、新型の推進手段を付与するコンセプトだ。
  • つぎに、陸軍航空部隊の再構築として、2千から4千機の生産規模でAH-64, UH-60, CH-47等のヘリコプターをすべて更新する。同時に海軍、海兵隊、空軍にも導入できる。
  • そして、FVLは垂直輸送機の産業基盤そのものを変革し、採択される一社あるいは二社が市場を取り、不採択企業はもう参入できなくなるだろう

  1. それでもFVLが次期戦闘航空システムズ Future Combat Systems につながる可能性は高い。同システムも過剰なほど野心的で巨大すぎてつぶせない陸軍の構想だ。まず、陸軍が飛行速度を上げるために多額の予算を支出する気があるのかが疑問だ。この半世紀でヘリコプターの最高巡航速度は 150 kt だが、FVLはその前身の共用多用途技術実証機 Joint Multi-Role Technology Demonstrator (JMR-TD) の競作を通じ、 230 kt で飛行可能な新しい回転翼機を生むことをめざしている。
.
  1. 残念なことに新技術により調達コスト運航コストは現在よりも 40から70%も高くなりそうだ。V-22ティルトローター機では現行機の2倍だ。海兵隊と特殊作戦本部がこれを無視できるのは特殊作戦に同機の飛行距離と速度が大きな効果を上げているからだ。

  1. だが陸軍はペイロード重視のはずだ。調達経費が固定と仮定し、陸軍が5割高くても高速な機材を調達すると、機数は現行の三分の二程度になる。

  1. 陸軍が高価格を許容しても、海外の顧客は同じだろうか。ハイエンド機に特化すれば回転翼機市場を失うことにならないか。

  1. 二番目に垂直輸送機そのものの改革に充てる時間が非現実的に短い。JMR-TDでは各種の技術応用を検討し、ティルトローター以外にも同軸ローターも試している。陸軍はJMR技術開発をベルヘリコプターシコルスキー航空機AVX航空機およびカレム航空機に委託している。これから数か月でこのうち2社2機種が選考に残り、試作機製作に移行する。フライトテストは2017年より開始となる。調達は2019年より開始見込みだ。

  1. だが過去40年で高速ヘリ開発で誤ったスタートが多く見られた。V-22は成功例としてももっと多くの失敗例がある。新型回転翼機を目指す正しい道筋が見えてくるのにまだあと5年はかかりそうだ。

  1. 三番目に現行各機種とFVLの間のギャップにより陸軍航空部隊へ、さらに産業基盤に大きな影響が出そうだ。現行各機種の生産はすでにピークを過ぎており、 AH-64E, CH-47F/G, UH-60M, MH-60R/S、V-22各機種の調達は2018年には2011年の半分程度になる見込みだ。2020年代には現行機種の大部分は生産終了となる。では陸軍はFVLが就役可能となるまでのつなぎをどの機種で行うのか。

  1. FVLはRAH-66偵察攻撃ヘリを思い起こさせる。陸軍は同機に数十億ドル単位で予算を投入したが、結局ものにならなかった。だが開発中止の余波で、既存機種の改良に力が入れられ、性能も向上してきた。この関係で1960年代70年代に軍が精力的に機材調達を行ってきた野はこれが理由だ。2020年代までに今よりも優れたターボシャフトエンジン、コックピット計器、センサー類、自己防衛システムが利用可能となっているはずだ。各要素を既存機種に盛り込めば最小の投資ではるかに優れた性能が手に入るので、FVLよりも効果が高い。

  1. JMR-TDで回転翼機の技術を進歩させるのは数億ドル単位の予算に見合っているとはいえ、FVLではさらに数十億ドルが必要となる。他の大きすぎて廃止できない構想と同様に、FVLでも代替策は想定していないので、FVLに投じる巨額の予算は無駄になってしまう。
.
本記事の著者リチャード・アバウラフィアはTeal Groupで分析担当の副社長。


F-35火災事故により空軍A型の全機が飛行停止措置へ

Air Force Grounds All F-35As Following Fire

By: Dave Majumdar
Published: June 27, 2014 1:24 PM
Updated: June 27, 2014 1:24 PM


米空軍はF-35Aの飛行停止措置を保有機材全体へ拡大した。これは6月23日発生した離陸前の火災発生で機体が大きく損傷したことを受けてのこと。

  1. 当初は事故機を運用する第33戦闘機中隊だけが飛行停止措置の対象で、空軍教育訓練本部Air Education and Training Commandによる事故調査が続いている。

  1. 「大事を取り空軍は一時的にF-35A全機の運用を停止することにしました。これは安全が確認できるまでの措置です」と空軍報道官ナターシャ・ワゴナー大尉がUSNI News へ電子メールで伝えてきた。

  1. 「事故発生直後の措置としては通常の範囲です。乗員と機体の安全を確保しつつ、すべての保有機に安全問題が波及しないことを確認します」(ワゴナー大尉)

  1. ただしF-35合同推進室Joint Program Office (JPO) の見解ではF-35が公式に飛行停止措置に入っているとは見ていない。「飛行停止になっているF-35は存在しない。飛行安全当局から機材全体の飛行停止命令はでていない」(JPO報道官キーラ・ホーン)というのだ。

  1. JPOは火災原因の絞込や損傷度の評価もできないが、機材全体が即座に飛行停止になっていないことは調査官が単機事故出会ったと見ていいたことを裏付ける。

  1. JPOとしては今回の空軍による措置が短期間で解除となることを期待するばかりだ。「来週中に解除になるものと見ています」(ホーン)■



2014年6月27日金曜日

主張:このままだと第三次イラク戦争になるのか


USNI Newsより

Opinion: The Third Iraq War

By: Cmdr. Daniel Dolan
Published: June 24, 2014 12:57 PM
Updated: June 24, 2014 12:57 PM
Undated photo of ISIS militants
Undated photo of ISIS militants


海軍大学校 Naval War Collegeの戦略・政策研究科目で生徒は砂漠の嵐作戦Operation Desert Storm と不朽の自由作戦Operation Enduring Freedom (OEF)の双方を批判的に分析する機会がある。二件は学生、教員から第一次イラク戦争、第二次イラク戦争と呼称されているが、第三次イラク戦争とでもいうべき事態が展開しているのを目の前にしている。
  1. アメリカのイラク国内紛争への関与は米国史上最長の戦役になっている事実が見落とされている。この議論にはどこを起点にするかで大きく変わるが、イラク戦の開始は1990年8月8日にジョージ・H.・W・ブッシュ大統領(当時)が有名になった「砂漠に線を引く」スピーチをしたのが出発点ととらえるのが歴史学者の多数意見だ。そうなると24年の長さになる。その間にアメリカは文明発祥の地で交戦し何を学んだか。
  2. 軍事歴史学者が研究室から見ているとイラクで現在進行中の情勢はまるで昔のベトナム事例を思い起こさせる。ベトナムでアメリカは軍事顧問少数から重武装の通常兵力まで介入をエスカレートさせているが、イラクでは重武装兵力から始め軍事顧問団に変化させている。軍事顧問団は実際の戦闘に巻き込まれるのを躊躇している。
  3. 以前の二回のような大規模軍事作戦は現時点ではそぐわない。この点をオバマ大統領が6月19日に意識して発言している。「米軍部隊はイラクの戦闘には参加しないが、イラク国民を恐怖させているテロリストへの戦いを支援する。地域内のみならずアメリカの権益も脅かすからだ」 地上兵力はイラク軍に任せ、アメリカは情報活動、訓練、支援ならびに少数の無人機攻撃を提供するのが内戦状態の同国には最適だというのだ。
  4. イラク・シリア・イスラム国家(ISISあるいはISIL)の戦闘部隊の多くが数か月前に議会多数派が軍装備の提供が必要だと考えていた対象と同じであるのは奇妙な事実だ。シリア国内で活動していたスンニ派過激派であり、シリア政府シーア派やアラウィ派と抗争していた勢力だ。シリアでシーア派相手に対抗する間はアメリカにとって良い勢力として軍事支援の対象だったが、今はシーア派が支配するイラク政府の破壊が関心の的になっており、世界で一番危険なテロリスト集団になっている。もしここまでで頭が混乱したとしても皆が混乱しているので心配は不要。イラクとシリアの情勢はそこまで複雑になっているのだ。
  5. 海軍大学校生徒は内戦が戦争形態として暴力度が最高に高く、処理に困る事例だと学ぶ。我が国自身の南北戦争が好例で、英国その他欧州列強が介入を狙っていた。アメリカ国内には第三次イラク戦争のような部族間地域間の強い憎悪の感情は生まれなかったが各国が、火に油を注ぐようとしたのは確かだ。
  6. 2003年のイラク進攻の前には多くの戦略上の見落としやミスがあったがとくにアメリカがサダムのスンニ派支配体制をシーア派に置き換えようとしたのが最大の失策だ。OEFの作戦立案が一時中断したのはアラブのシーア派が支配する国がまだ存在していないためだ。これは紛争の文化的側面である。中東でイラクほどスンニ、シーア両派の対立が悲惨な国はない。これを軽々と見過ごしてしまっている。.
  7. スンニ対シーアの対立を地域の文脈で見ればスンニ派主導のアラブ同盟国がシーア派が支配するイラクを支援してスンニ派過激派からの防衛に手を貸す可能性がないことはあきらかだ。そうなると、第三次イラク戦争ではイラクが期待する同盟国は二国しかなく、双方とも現状のイラク国内構造の温存を期待している。つまり、米国とイランである。国務省報道官マリー・ハーフMarie Harf は米国がイラク情勢およびISISによる脅威についてウィーンで継続中のイラン核問題協議の中で「ごく短い意見交換」をしていると発表した。
  8. 同盟関係が変化して、敵が味方に一夜にして変貌すること、終わりがない観のある紛争状態にはジョージ・オーウェルの小説「1984年」を想起させるものがある。米国がイランと共同でイラクの治安回復にとりかかるなど考えてもみなかったのでないか。 すべてはどこを起点に考えるかで変わってくるのである。


ダニエル・ドーラン海軍中佐は海軍大学校で戦略・戦争論の教鞭をとり、海軍作戦部長付き専門読書プログラムの副主幹もつとめる。EP-3の飛行士官をつとめ、海軍協会紀要にも寄稿多い。本記事で表明された見解は海軍大学校、国防総省、米政府のいずれの公式見解を代表するものではない。


2014年6月25日水曜日

上院でイラク、アフガニスタンが話題の中心を占める審議へ


USNI Newsより

Iraq and Afghanistan Dominate Senate Budget Hearing

By: John Grady
Published: June 18, 2014 2:54 PM
Updated: June 19, 2014 7:16 PM
Secretary of Defense Chuck Hagel testifies before the Senate Appropriations Subcommittee on Defense about the Defense Department's FY15 budget request June 18, 2014. DoD Photo
Secretary of Defense Chuck Hagel testifies before the Senate Appropriations Subcommittee on Defense about the Defense Department’s FY15 budget request June 18, 2014. DoD Photo


  1. 空母USSジョージ・H・W・ブッシュ(CVN-77)戦闘群および揚陸ドック型輸送艦USSメサ・ヴェルデ(LPD-19)がペルシア湾内に展開する中、軍事歳出小委員会の上院議員からは予算問題よりもイラク国内情勢についての質問が多く出されており、2年後のアフガニスタンでも同じ状況になるのか、合衆国に両国事例で何ができるのかが17日の審議の中心となった。

  1. チャック・ヘイゲル国防長官と統合参謀本部議長マーティン・デンプシー大将からイラク政府による米国空軍力によるバグダッド防衛の要請があったことが明かされた。これはISIS(シリア・イラクイスラム国家)(ISILイラク・レヴァントイスラム国家とも呼ばれる)に加わるスンニ派の過激派と外国兵をどうやって撃退するかが焦点だ。

  1. ISIL進撃によりイラク陸軍二個師団と警察はモスル周辺で崩壊しているのは中央政府への信頼が失われたせいだとデンプシー議長は説明している。

  1. 同議長は反乱勢力は「便宜上一緒になって」活動しており、シリア東部、ファルージャ、ラマディ、北部イラクを制圧していると発言。アルカイーダ思想が中東のみならずアフリカ各地でも勢力を伸ばしており、ISISが西側を圧倒することを期待する向きが他の地域でも増えているという。

  1. ヘイゲル長官からはオバマ大統領が有力上院議員団とこの後で会見し、イラク情勢と米国の選択肢について話す予定があると紹介したうえで、軍事行動をとる以上は「理由がないといけない」と強調している。

  1. 同長官は北部イラクで36時間で支配権が3回変わり、現在はクルド勢力が制圧している施設の例をあげて、「iPhoneで敵部隊を見つけて即座に攻撃するわけにはいかない」と発言。

  1. 二人からイラクには情報収集・監視・偵察(ISR)装備の拡充が必要だとの認識が示され、合衆国はバグダッド大使館周辺の保安体制強化が必要だとも発言があったが、その他の言及はなかった。

  1. 統合参謀本部議長は反乱勢力の成功の理由としてマリキ首相が国民全体を統合する政権作りを怠ったことを挙げている。また、アフガニスタン情勢は大統領候補2名が「統合政府づくりに努力する」公約を掲げているの点で異なっているとはいえ、将来の安定達成には保証がないことを指摘している。また、アフガン人がイラクをうわまわる粘り強い兵士であることから良い点悪い点んがあるとも紹介し、悪い点としては内部対立が激化してタリバン勢力が国土を制圧した1990年代末の内戦の事例があると発言。

  1. デンプシー大将自身もイラク治安維持部隊訓練を統括した経歴があるが、「イラク政府が国民の期待に応えず」シーア、スンニ、クルドの各勢力を統合できなかったことに「失望している」と発言。また国内第二の都市モスルが「驚くべき早さ」で陥落したのもそれが理由だとする。

  1. イラク指導部が「この機会に国民を統合できるのか」、軍トップの頻繁な交替を回避できるのか、身内優遇をやめ、宗派間の緊張悪化を防げるのかが今後の課題だとデンプシー大将は発言。ヘイゲル長官はイラクが合意文書を調印しておらず米軍および同盟軍は2011年に撤兵せざるを得なくなったと説明。

  1. イラク撤兵は同国国民にとって機会となっていたはず。米国は可能なことはすべて実施した。そのあとはイラク国民次第だ。本件で合衆国が非難を受けるいわれはないと思う、と同長官は語っている。

  1. さらに「イラク軍が装備を放棄して持ち場から逃げたことに驚いている」とくわえ、250億ドル相当の装備や訓練をイラク治安維持部隊に2003年から提供している事実に言及した。

  1. アフガニスタン撤兵が2年後に迫るが、ヘイゲル長官は「同国国民にかかっている。同国の歴史には悲惨なページがあるが、米国は他の国と同じように同国を助けている」と発言。■

F-35A火災事故の原因は不明


Cause of F-35A Fire Unknown

aviationweek.com Jun 24, 2014Amy Butler | AWIN First
6月23日の事故機パイロットは緊急脱出したが無事。同機はエグリン空軍基地(フロリダ州)で離陸準備中だった。火災発生はエンジン後部。.
今回の火災事故で直ちにF-35全機の運航停止措置にはなっていない。なお事故調査チームが活動中。
一方で同機の国際デビューの準備も進んでいる。まず短距離離陸垂直着陸型F-35Bが4機来週英国に移動する。各機は7月のロイヤルインターナショナルエアタトゥーとファーンボロ航空ショーに飛行展示される。今回の展示はB型だが、A型に計11か国からの引き合いが出ている。■


2014年6月24日火曜日

速報 F-35Aが離陸前に出火し、機体全損か


BREAKING: Fire Breaks Out on F-35 at Eglin Air Force Base, Pilot Safe

USNI News By: Dave Majumdar and Sam LaGrone
Published: June 23, 2014 3:39 PM
Updated: June 23, 2014 4:05 PM
ご注意 本件は進行中のため記事内容が追加となる可能性があります。

ロッキード・マーティンF-35共用打撃戦闘機で初の重大事故が発生した。機体が大破(全損の可能性もあり)している。6月23日午前にエグリン空軍基地滑走路上で発火したことがわかった。
  1. 人的被害の報告はなく、関係者は事故調査を開始している。.
  2. 「事故機は訓練ミッションの準備中に機体後部で発生した発火のため離陸を中止している」と空軍が発表している。「火災は発泡剤で消火された」
  3. 事故機はF-35A(空軍仕様)の第33飛行中隊所属機で、同中隊はJSFの各型に習熟する訓練の中心だ。
  4. 「緊急事態に的確かつ迅速に対応できるようパイロット向けの充実した訓練を実施している」と同中隊司令のポール・ハース海軍大佐が声明文を発表している。
  5. 今回はパイロットは正しい手順でミッションを中止し、エンジンを停止させて脱出している。基地ではF-35の火災訓練を5月に実施したばかりだった。
  6. USNI Newsの問い合わせにロッキード関係者からは回答がない。
  7. エグリン基地は米国仕様のJSFのみならず各国向け機材でも訓練拠点となっている。
  8. 33飛行隊は2009年にF-35専用の訓練隊として発足している。同隊には2018年までに59機が納入される予定で、パイロット100名を年間訓練し、2018年までに合計2,100名を養成する。
  9. JSFでは今月初めにも飛行停止措置があった。海兵隊機が飛行中にオイル漏れを発生させたためだった。■

☆ エンジン開発から見えてきた第六世代戦闘機の性能要求水準



Next Generation Engine Work Points to Future U.S. Fighter Designs

USNI News By: Dave Majumdar
Published: June 23, 2014 10:51 AM
Updated: June 23, 2014 10:51 AM
A Boeing artist's conception of a potential design for F/A-XX. Boeing Photo
ボーイングが企画中のF/A-XX. Boeing Photo
.
米海軍と米空軍はそれぞれ次世代戦闘機の要求性能水準の作成を開始したばかりだが、推進力となるエンジンは先行開発が進んでおり、第六世代戦闘機の性能の一部が見えてきた。
  1. 海軍のF/A-XX と空軍のF-X 用のエンジンで、ペンタゴンは開発をすでに始めている。エンジンメーカーノプラット&ホイットニー、ジェネラルエレクトリックの関係者からUSNI Newsはそれぞれの開発コンセプトを聞く機会を得た。
  2. 「第六世代機を定義するのはエンジン含む推進系だ」と話すのはダン・マコーミックDan McCormick(GEの適応サイクルエンジン事業部長)「推進系システムは機体設計工程に統合されるべきです」
  3. 両社が革新的な適応サイクルジェットエンジンadaptive-cycle jet engines を開発中でこれがボーイング F/A-18E/F スーパーホーネットやロッキード・マーティンF-22ラプターの後継機に搭載されることになる。
  4. These advanced engines would be able to vary their bypass ratios for optimum efficiency at any combination of speed and altitude within the aircraft’s operating range unlike today’s engines that are at their best at a single point in the flight envelope.
  5. 新型エンジンの特長はパイパス比を調整し、速度・高度に合わせた最適な効率を実現することになる。これに対し現行のエンジンは飛行条件の一点で最高性能を発揮するものだ。
  6. エンジン開発が機体開発より先行するのは1970年代に空軍がF-15A、海軍がF-14Aをそれぞれ開発する中でエンジンで深刻な問題に直面した苦い経験のためだ。.
  7. 次世代戦闘機に求められる基本性能は空軍研究所 Air Force Research Laboratory と海軍研究室 Office of Naval Researchがそれぞれおこなう研究開発内容から推察することができる。
  8. 空軍は適応型多用途エンジン技術Adaptive Versatile Engine Technology (ADVENT)をF-Xに応用する目論見で、海軍は変動サイクル高性能エンジン技術 Variable Cycle Advanced Technology (VCAT)を海軍の用途に合わせて採用する考えだ。
  9. GEで第六世代戦闘機用エンジンの専門家のジェフ・マーティンJeff Martinによれば推定される要求性能として現行機を上回るより長い航続距離があるという。さらに高速飛行、高加速力、亜音速巡航時での高効率飛行がある。
  10. 「変動サイクルエンジンがないとこれだけの要求にこたえられなく、とてつもない巨大機になってしまいます」(マーティン).
  11. 変動サイクルエンジンは超音速飛行時はターボジェットと同様に作動し、旅客機と同様の速度では高バイパスターボファンのように高効率で飛行できる。このことから新型機はスーパークルーズ性能が重視されるのではないかと思われる。
  12. 「海軍から聞いているのは空母を発艦する迎撃ミッションで、すぐ飛び出して数百カイリ先に高速で進出するというものです」(マーティン)このミッションはF-14を思い起こさせるものだ。ソ連機が巡航ミサイルを発射する前に迎撃するのがF-14のコンセプトだったが、ソ連崩壊とともにその必要がなくなったとはいえ、中国の急速な台頭が米空母部隊に同様の脅威を与えることになりそうだ。
  13. 「スーパークルーズが要求の柱なのか不明ですが、機体の縦横比から見て超音速機となるのは間違いありません。それで変動サイクルエンジンを搭載すればスーパークルーズは可能ですが、実際にそうなるかは別問題です。燃料消費が大きくなりますから」(マーティン)
  14. 海軍と空軍で別個の機体開発となるが、空軍によると海軍と密接に作業しているという。「エンジン開発部門は非常にまとまりのよい集団で、海軍とは完璧な透明性を維持している」とAFRLがUSNI Newsに文書で回答してきた。
  15. 「相互に技術検討を行っている。技術的見地から非常に参考になる情報を得ている」
  16. マーティンから海軍の開発内容がわかってきた。「VCAT開発がAFRLにも非常に役立っています」
  17. VCAT開発は非常に有益だと判明しているという。具体的なサイクルの情報が得られたこと以外にエンジンと機体を全体として扱う必要が理解されたという。
  18. プラット&ホイットニーにとってはVCATはエンジン開発を別の側面から考察する機会になっている。可変式なのはファンだけではない、とジェイムズ・ケニオン James Kenyon(同社次世代戦闘機用エンジン開発部長)は語る。「変動の範囲はもっと大きく、柔軟度が高いものです」
  19. 空軍のめざすのはエンジンの技術成熟度としてマイルストーンA判定を2018年に下し、F-Xの技術開発段階に進むことだ。.
  20. しかし、生産型エンジンではマイルストーンBが達成されないと生産開発段階に進めない。「マイルストーンBはTRL(技術即応性)が6と同等といわれます」(マーティン)
  21. With adaptive engine technology already set to hit the TRL-6 milestone before the end of the year, a production engine could be ready by 2021 if necessary.
  22. 予定通りなら生産機用エンジンは2021年に利用可能となる。
  23. 適応サイクルエンジンの中核技術は適応型ファンで、これによりエンジンはバイパス比を自由に変えることができる。
  24. 超音速飛行ではマッハ2.2以上の性能が出しにくくなるのは空気取り入れ口の形状に制約を受けるからだ。
  25. そこで適応型サイクルエンジンを搭載した戦闘機は低バイパスに切り替えてバイパスする気流そのものが少ない離陸時や超音速飛行時に必要な推力を確保する。
  26. ただし低バイパスで高推力を得る際の気流速度が高くなると推進効率が低くなり、巡航速度の確保には悪影響だ。そこで適応型ファンによりエンジンは高バイパスモードに切り替え、推進効率を補う。
  27. 将来の適合サイクルエンジンの効率性を確保するのは適応型ファン以外に新素材の採用による高温高圧運転への耐久性だ。
  28. 変動サイクルエンジンで戦闘機用に製作されたのは1990年代初期のジェネラルエレクトリックYF120 エンジンが初だが、これはプラット&ホイットニーF119の前に不採用となった。F119はロッキード・マーティンF-22ラプターに搭載された。「YF120は適応型サイクルエンジンでしたが、狙いが今とは違っていました。ADVENTとAETDのねらいは燃料消費効率で、AETDでは確かに推力の追加もありますが、熱管理でも改善がされています。これに対してYF120はスーパークルーズの要求にこたえることが主眼でした」(マコーミック)

ADVENT (ADaptive Versatile ENgine Technology) engine core in its test cell at GE facilities in Evendale, Ohio. GE Aviation System Photo
ADVENT (ADaptive Versatile ENgine Technology) engine core in its test cell at GE facilities in Evendale, Ohio. GE Aviation System Photo

  1. 空軍が第六世代機向けの変動サイクルエンジン開発を開始したのは2007年で空軍研究所による適応型万能エンジン技術’ADVENT)としてであった。当時の目標は次世代技術を技術成熟度はTRL-6まで、製造成熟度はMRL-6まで持っていき、実証機材の生産を可能とすることだった。
  2. ジェネラルエレクトリックとロールス-ロイスに6か年契約が交付され、実証用エンジンの製作をすることになった。プラット&ホイットニー案は不採用となったが、同社は自己資金で技術開発を続け、その後に期待をつないだ。
  3. プラット&ホイットニーはロッキードF-35用のF135エンジンのファン改良を中心にしたとケニオンは話す。同社は適応型ファンの実証を行っている。「気流の制御が可能であることを証明できました」とケニオンはいい、自社資金投入の効果が出たという。

  1. 一方でジェネラルエレクトリックは6年間の開発期間を経てADVENT実証エンジンを2013年11月よりテスト運転している。テストは今年中に完了する。
  2. 「当社は実寸大適応型サイクル技術実証エンジンをオハイオ州エヴェンデールに設置しております。そこで技術を成熟させていきます」(マコーミック)
  3. GEのADVENTエンジンには適応型ファン、超高圧コンプレッサー、新型燃焼システム、各種新素材(セラミックマトリックス複合材含む)、冷却技術が投入されているという。.
  4. テストではエンジンコア部分が想定よりも130度Fも上昇した。同社によればジェットエンジンの複合コンプレッサー・タービン温度としてAFRLによる認定も受けた最高記録を樹立したという。
  5. Further, McCormick said that the ADVENT demonstrator engine is actually exceeding expectations in many cases including for fuel burn. The fuel efficiency target for ADVENT was to reduce fuel-burn by 25 percent.
  6. またマコーミックによればADVENT実証エンジンは燃料消費、など多くの点で予想を上回る性能を発揮している。なお、ADVENTの燃料消費目標は25%の効率アップである。
  7. 空軍研究所の次の研究課題が適応型エンジン技術開発 Adaptive Engine Technology Development (AETD)でそのねらいはADVENTで開発した技術で実際に飛行をジ失することにある。ただし、飛行に重点がおかれ、エンジンの大きさ、重量などは考慮に入れていない。
  8. 「AETDはADVENTが実現した技術で成熟したものを取り入れ、ひとつにまとめて航空機に搭載できるかを見極めるものです」(マコーミック)
  9. ただしAETDはADVENTをそのまま延長したものではない。空軍は再度公募をかけ、ジェネラルエレクトリックとプラット&ホイットニーが採択されたが、ロールスロイスは選外となった。AETDはエンジンを完成させない点でADVENTと違う。


This is a Lockheed Martin concept for a sixth-generation concept aircraft to replace the F-22 Raptor. The Air Force released a request to arm its next generation fighters with offensive lasers. Lockheed Martin Illustration
ロッキード・マーティンによる第六世代機のコンセプト図。
空軍は第六世代機に攻撃用レーザー兵器の搭載を求めている。
Lockheed Martin Illustration

  1. ただし両社はエンジン設計を完成させ、予備設計審査 preliminary design review (PDR)に持ち込むことが求められている。PDRは当初は2014年11月実施の予定だったが、空軍により2015年2月への延期が認められた。.
  2. この日程変更の理由は二つ考えられる。ひとつはAETDの流れをくむ次世代技術の開始が2016年度になることだ。
  3. もうひとつはAFRLが二社の設計審査へ向けた進展を見ながら日程を調整した点だ。
  4. AETDの後に空軍の次期戦闘機NexGenが来る。今年初めに国防長チャック・ヘイゲルから高性能エンジンを量産するため10億ドルを投資しているとの発表があった。しかし、いまのところ開発がどこまで進んでいるのか詳細はほとんどわからない状態だ。■


米MDAが地上配備型ミサイルで弾道弾迎撃に成功


U.S. Missile Defense Intercept Test Succeeds

aviationweek.com Jun 22, 2014Michael Fabey | AWIN First

米ミサイル防衛庁(MDA)が地上配備型中間コースミサイル防衛Ground-based Midcourse Defense (GMD) による迎撃実験に成功した。GMDの迎撃成功は2008年以来はじめて。
  1. 6月22日の演習では 長距離地上配備迎撃ミサイルがヴァンデンバーグ空軍基地(カリフォーニア州)から発射され、マーシャル諸島共和国ノクェジェリン環礁にある米陸軍レーガンテスト施設から発射された中距離弾道ミサイルの迎撃に成功した。
  2. 今回のテストで米本土防衛に供する各種弾道ミサイル防衛手段の評価に必要なデータが入手できた。
  3. テストには米空軍第30宇宙部隊U.S. Air Force 30th Space Wing、合同部隊本部Joint Functional Component Command,、統合ミサイル防衛部隊Integrated Missile Defense、米北方方面司令部U.S. Northern Command 、米海軍も参加している。
  4. 標的になった中距離弾道ミサイルは海軍のDDG-70ホッパー(イージス艦)のAN/SPY-1レーダーで探知、追尾され、GDM発射管制室に指揮・統制・戦闘管理・通信システムCommand, Control, Battle Management and Communication (C2BMC) によりデータを送った。海上のXバンドレーダーも追尾し、GMD発射管制システムにデータを送ってきた。
  5. 標的ミサイル発射からおよそ6分後に地上配備迎撃ミサイルがヴァンデンバーグ空軍基地から発射され、三段式ブースターロケットが大気圏外迎撃体 Capability Enhancement II Exoatmospheric Kill Vehicle (EKV) を標的の予想宇宙軌道に運んだ。迎撃体は標的に位置修正され、識別ののち、目標の弾頭部分に衝突破壊した。これはEKVの第二世代機による初の迎撃となった。
  6. なお、迎撃ミサイルは米陸軍第100ミサイル防衛旅団(コロラド州シュリーヴァー空軍基地内)が遠隔制御で発射した。
  7. 弾道ミサイル防衛システムとして今回の成功で2001年以来通算81回中65回の成功となった。システムの中でGMDはこれまで4回使用されている。実戦用の地上配備型迎撃ミサイルはアラスカのフォート・グリーリィとヴァンデンバーグ空軍基地に配備されている。■

2014年6月23日月曜日

第5世代、第4世代機間の通信でステルス性の維持が課題


5th-To-4th Gen Fighter Comms Competition Eyed In Fiscal 2015

aviationweek.com Jun 18, 2014Amy Butler | AWIN First
米空軍は第五世代機と第四世代機間の通信接続手段の提案を業界に求める模様。
  1. 空軍は「第5から第4へ」と通称する通信能力が必要だとしてきたが、F-35の配備が近づく中、技術的な課題と予算制約で先送りにしていた。またF-22の調達規模が縮小して各機を空軍のネットワークに接続させ作戦の協調が実施上の課題となっていた。
  2. 「第5から第4へ」と言う名称だが、F-22とF-35でLink 16を使わずに通信させる方法の確立が課題だ。Link 16を使うとステルス性に支障が出るためだ。両機種はロッキード・マーティン製だが、設計年代が違っており、F-22は基本的に僚機のF-22に「話す」ことを専用の低探知性・低妨害可能性のシステムを通じて行うことしかできない。これに対し、F-35は多機能高性能データリンク Multi-function Advanced Datalink (MADL) を使用しており、波形を変えつつ通信が可能だ。F-35の空軍での実戦化は2016年8月予定。
  3. 空軍参謀総長マーク・ウェルシュ大将が2月の空軍協会主催会合で第5から第4戦闘機への交信能力の必要性を訴えていた。しかし、航空戦闘軍団Air Combat Command は具体的な必要条件を明確に示しておらず、同軍団は本件について取材に応じていない。
  4. 特にF-22を実戦投入する際に通信が制約条件になっている。同機をリビア作戦(2011年)に投入する案があったが、F-22が集めたデータを友軍に送信する手段がないことがわかり企画はとん挫してしまった、と業界筋が明らかにしている。
  5. そこで空軍が提案しているのは多分野適応性処理システムMulti-Domain Adaptable Processing System (MAPS) といい、ステルス戦闘機間の通信のゲートウェイとなるポッドをつくることだ。これをF-16はF-15と言った第四世代戦闘機に搭載すれば、旧型機でも通信のやり取りが可能となる。
  6. 作戦概念ではステルス戦闘機を敵防空網の脅威がある「バブル」の背面から侵入させ、MAPSシステムでデータをそれぞれ送受信させる。
  7. これで戦闘航空機間の通信は楽になるが、作戦概念はステルス機が侵入するだけでなく、第四世代機が周囲を旋回飛行し、通信を支援することが必要条件となる。これは作戦実施のコストを増加させる要因だ。
  8. このMAPSの提案仕様は空軍が2015年第二四半期までに完成させることにあっているとアンソニー・ジェネテンポ大佐 Col. Anthony Genatempo (空軍電子システムズセンターElectronic Systems Center)が語る。同センターはMAPS調達を担当する。2015年度末までに競争入札を実施したいという。
  9. 通信ゲートウェーに加え、空軍は赤外線探索追跡センサーinfrared search and track sensor (IRST) をMAPSのハードウェアの最終仕様に追加する予定だという。空軍の目論見はMAPS開発を100百万ドル以下で完了することだが、最終的な金額は変更の可能性がある。
  10. MAPSはタロン・ヘイトTalon Hate の知見をもとにしている。タロン・ヘイトは飛行中のF-22からデータリンクを第四世代戦闘機に提供するのが目的で、2015年度内に専用ポッド四つを作ることになっている。航空作戦で後方につく第四世代戦闘機のパイロットもF-22が収集した戦術情報が利用できるようになる。ボーイングがF-15C用のポッドを作成中だ。
  11. このタロン・ヘイトのポッドは各1,800 lb.の重量があり、長さは17 ft.で、IRST(多機能情報提供システムMultifunctional Information Distribution System (Link 16に類似))、衛星通信能力、空対地通信リンクを内蔵する。
  12. タロンヘイト開発を担当するのは空軍の戦術能力開発室Tactical Exploitation of National Capabilities officeで議会から指定を受けて各軍に応用できる能力を開発する部署である。航空戦闘軍団はタロンヘイトについても取材を拒否してきたが、データ表は提供している。なお、ボーイングは本システムについて一切の質問に答えていない。
  13. 最終的には空軍がステルス戦闘機に相互通信能力を持たせ、外部ゲートウェイを経由することなく独立した能力とし、データリンクの高性能化を目指している。ただMAPSについては「同様の性能がタロンヘイトにありますが、重量及び部品の電力消費量が減ります」とジェネテンポ大佐は語る。「形状はポッドではなくなるかもしれなく、一部ポッドになっているかもしれない」
  14. F-22とF-35はともにLink 16で受信できるが、代わりに自機の位置をさらすことになる。そこで空軍はLPI/LPD で通信接続を実現する方法を模索しつつ、第五世代戦闘機を危険度が最高に高い地域に送るかを考えている。
  15. ジェネテンポ大佐によれば要求性能を一気に実現しなくても段階的変化で究極の目標たるF-22とF-35 間の直接リンクを実現すればよいと空軍は考えているという。ただコストが最大の関心事だという。生産規模は予算がいくら使えるか次第だという。
  16. 最終目標は第五世代戦闘機、第四世代戦闘機を情報収集監視偵察用や衛星などその他の国防関係の機材と連結するネットワークとして完成させることだという。
  17. ボーイング、ノースロップ・グラマンロッキード・マーティンの各社がMAPSの概念提案に参加する見込みで、このうちノースロップ・グラマンはジェットパックJetpack 共用能力として実証を行っている。ジェットパックはF-22とF-35 の出すメッセージを翻訳することが目的だという。
  18. これとは別にロッキード・マーティンはL-3コミュニケーションズが開発した新波形キャメレオンChameleon によりF-22とF-35間でゲートウェイ介さずに直接交信出来ることを昨年12月に実証している。その際の信号強度は接近拒否の環境下での探知範囲以下だったと関係者は語っており、波形はLバンドアンテナで送信されたという。Lバンドアンテナは両機種に取り付け済み。.
  19. ロッキードは自社資金でシステムを完成させようとしており、プロジェクトミゾウリProject Missouri と命名している。このシステムの特長はキャメレオン波形によりデータが行き来してもステルス機の位置が見えてしまうことがないので、高度に防空体制での作戦に有利に働くことだ。同社は空軍が予算交付に動き、同プロジェクト開発がさらに進むことを期待している。■




2014年6月21日土曜日

ロシア原潜建造が活発化、新型攻撃原潜ヤーセン級・ミサイル原潜ボレイ級


USNI Newsより


Russian Navy Accepts First in New Class of Nuclear Attack Submarine

By: Dave Majumdar
Published: June 19, 2014 7:04 PM
Updated: June 19, 2014 7:16 PM
Russian submarine Severodvinsk
Russian submarine Severodvinsk

ロシア国内のテレビ報道によるとロシア連邦海軍がプロジェクト855 ヤーセン級 Yasen-class 原子力攻撃潜水艦の一号艦を今週受領したという。
  1. 艦名はK-560セヴェロドヴィンスク Severodvinsk で1993年からセヴマシ造船所で建造が始まっていた。完成が遅れたのはロシア経済の不振が理由で、2010年までロシアでは新造潜水艦は一隻も進水していない。

  1. セヴェロドヴィンスクはロシアの攻撃原潜で静粛度が最も高く攻撃能力も高いとみられる。ただ米海軍のシーウルフ級、ヴァージニア級原潜と同等の静粛性は実現していないとみられる。

  1. ロシア官営メディアによると同艦の潜水時排水量は13,800トン、全長119メートル、速度31ノットで600メートルまで潜航できるという。乗組員は90名でうち32名が士官。武装はオニキスOniks(SS-N-26)巡航ミサイルおよびカリバーKalibr (SS-N-27)巡航ミサイル24発に加え533㎜魚雷と機雷を搭載する。またソナーアレイを球状船首に初めて採用するロシア潜水艦となった。

  1. ヤーセン級ではあと2隻の建造がはじまっており、カザンKazan とノボシビルスクNovosibirskの各艦は一部改修された設計のためプロジェクト855MヤーセンーM型と呼称されている。さらに四号艦の建造が8月に開始されるとロシア放送は伝えている。

  1. 855M仕様の潜水艦はさらに3隻発注され、最終的にヤーセン級は8隻の陣容になる。さらにヤーセン級の次の艦も設計が始まっているという。

  1. その一方、ロシア海軍はボレイ級Borei-class 戦略弾道ミサイル原潜の建造も続けており、タイフーン級(プロジェクト941)とデルターIV(プロジェクト667BDRM)ミサイル原潜と交代させる。

  1. ボレイ級原潜は三隻完成しており、四号艦は設計を手直ししニャズ・ウラディミールの艦名で建造中。この艦はプロジェクト955-AボレイII I級と呼ばれ、これ以前の艦が16発ミサイルを搭載していたものを20発に変えている。■

2014年6月20日金曜日

同盟各国のサイバー戦対応能力強化を支援する米国防総省


DoD Bolstering Cyber Warfare Capabilities in at Risk Nations

USNI News By: Carlo Muñoz
Published: June 12, 2014 4:25 PM
Updated: June 12, 2014 4:26 PM
German and American soldiers during a 2011 cyber warfare exercises. US Army Photo
2011年のサイバー戦演習での米軍と独軍関係者。 US Army Photo

.
ペンタゴンのサイバー戦専門集団がサイバー攻撃に脆弱とみられる各国向けにテコ入れをしている。

  1. サイバー政策担当国防次官補代理のジョン・デイビス陸軍中将Maj. Gen. John Davisによるとサイバー攻撃の脅威が比較的高い国があるという。

  1. そこで米国関係者は同盟国の関係者とともにサイバー戦の能力向上にとりかかっており、たとえばマルウェアへの防御策や、ネットワーク防衛他の戦術、技法、手順を強化していると同中将は明らかにしている。

  1. デイビス中将は対象国の名前を明らかにはしていないが、米国の支援対象が東欧およびアジア太平洋の数か国である可能性が高く、中国やロシアによるサイバー攻撃のリスクが高い国である。

  1. ホワイトハウスとペンタゴンはこの両国が同盟各国への悪意あるサイバー活動のみならず米国内ネットワーク侵入にも関与していると非難している。

  1. 今年初めにロシアはウクライナの軍民ネットワーク多数をハッキングしており、ウクライナ東部およびクリミア奪取の軍事行動の一部であった。同じように2008年にグルジア侵攻でもサイバー作戦をおこなっている。

  1. 司法省は5月に中国国籍5名を連邦刑法で訴追しており、米国ネットワークを対象とした中国のサイバー諜報活動の実行犯だとした。米政府が中国のサイバー戦行為に対して正式な法手続きをとったのはこれが初めて。

  1. デイビス中将はロシアや中国が今回のサイバー戦対応力強化の元凶だとは名指ししていないが、同盟各国の強化は米国の安全保障戦略の一環であると強調。

  1. 各国別対応とは別にNATO加盟国用にも対応能力向上策が用意されている。また今秋にはNATO本部でサイバーサミットを開催し対策を協議する。

  1. さらに加盟各国と「サイバー事案対応センター」を創設するとデイビス中将は紹介。これをNATO加盟国のサイバー作戦の調整の中心とし、加盟国へのサイバー攻撃に備えるものだという。■