スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2014の投稿を表示しています

米空軍のこれからの30年戦略案(総論)が発表されました。

総論としてコンパクトなつくりのようですが、議会との関係改善などお題目だけに終わっている感じですね。技術開発については空軍のこれからの動きに要注目です。ISRを抑止力でとらえる、指向性エネルギー兵器の開発などさらに注意が必要な表現もあるようです。なにかと話題が乏しい米空軍ですが、先を見越した戦略で盛り返しを見せるのか、それとも絵に描いた餅でおわってしまうのか、今後が大事ですね。


New US Air Force Strategy Emphasizes Closer Ties With Industry, CongressJul. 30, 2014 - 01:03PM   |  By AARON MEHTA   |   空軍参謀総長マーク・ウェルシュ大将と空軍長官デボラ・リー・ジェイムズが下院軍事委員会で3月に証言している。新戦略案では議会との関係改善を重要視している。(Chip Somodevilla/Getty Images)
WASHINGTON —米空軍は今後30年間を展望した新戦略を7月30日に発表し、産業界とは密接に協力し、議会とはよりよい関係を築き、人材と装備では柔軟性を高めたいとする。 報告書は「アメリカの航空戦力:未来に向けた選択」“America’s Air Force: A Call to the Future”の表題で参謀総長マーク・ウェルシュ大将が求めた広範な戦略検討作業の成果物である。ウェルシュ大将は従来より長期間をにらんだ作業を求めていた。 文書は22ページで大目標の設定にあてられている。これとは別に20年の視野で「戦略マスタープラン」 “Strategic Master Plan” を2014年末までに完成させ、より具体的な目標と目的を明らかにする予定。
【ロードマップの要約】 今回の30年文書ではウェルシュ大将とデボラ・リー・ジェイムズ空軍長官Air Force Secretary Deborah Lee James の考える空軍の未来へのロードマップが示されている。その特徴は以下の四点。 ■ 「新技術による急速なブレイクスルー」が今後も続き、空軍は技術優位性を確保するため柔軟な対応が必要。 ■ 地政学的不安定度は今後も続き、「現時点での地政学的現実だけで脅威へ準備するのは不適当」 ■ 空軍が対応を迫られる「広範囲な作戦環境」に敵対的、非敵対的双方の環境…

米空軍の新型静止軌道監視衛星 運用近づく

USAF Ready for New Geosynchronous OverwatchJul. 27, 2014 - 05:00PM   |  By AARON MEHTA   |   Comments

A Delta IV rocket carrying the first two satellites for the GSSAP program awaits launch on July 25. (United Launch Alliance)
WASHINGTON —米空軍はまもなく新型スパイ衛星を投入し、宇宙空間の監視にあたらせる。. 静止軌道宇宙状況把握プログラムGeosynchronous Space Situational Awareness Program (GSSAP) で構築する衛星群の第一陣2基を投入し、宇宙空間上の目標の追尾能力が実用化されると空軍の宇宙関連トップが説明している。 「新型衛星はわが方の静止軌道上アセットの防衛に加えて他国が重要な軌道上に配置しようとする悪意ある動きを監視するもの」とウィリアム・シェルトン大将Gen. William Shelton(米空軍宇宙司令部US Air Force Space Command,)が記者団に説明している。「この二基の衛星が送る画像で静止軌道上の動きが克明に把握可能となる」 打ち上げは悪天候で予定変更になったが、25日時点でユナイテッドローンチアライアンス社が再度準備に入っていた。打ち上げはULAのデルタIVロケットでケイプカナベラル(フロリダ州)から行われる。 GSSAPはオービタルサイエンシズ社が製作して2月まではその存在は秘匿されていたが、シェルトン大将がスピーチで明らかにしてしまっている。第二陣の衛星一組を2016年に予備として打ち上げる予定があることも報道陣に明らかにした。 GSSAP衛星は高度の機動性を有し、「必要な画像情報の収集に最適な位置に」移動させることができる。 ただし宇宙関係者の間でGSSAPが攻撃能力手段と受け止められかねないとの懸念が出ている。移動能力がGSSAPの目指す目標であるが、他国が宇宙空間で行う活動を監視することになるからだ。 「この衛星の目的は宇宙空間の監視能力向上とともに米国の安全保障上重要な衛星を敵から守ることにある。それはそのとおりなのだが、宇宙空間監視の実効性を…

中国・ロシアの新型レーダーでステルス機は簡単に捕捉されてしまうのか

新型レーダーがステルス性を無効にできる問題は以前もお知らせしていましたが、実態はかなり深刻なようです。F-35の開発配備が進まない間に対抗手段はその先を行きそうで、F-35の「ステルス性」は史上最大の誇大表示になってしまうのかもしれません。 Chinese and Russian Radars On Track To See Through U.S. StealthBy: Dave MajumdarPublished: July 29, 2014 11:01 AMUpdated: July 29, 2014 11:06 AM
ロシアと中国が開発中の新型レーダーで米国のステルス戦闘機の探知だけでなく目標捕捉が容易になる可能性が高まっていると米海軍高官(退役ずみ)が USNI News に語っている。
ロッキード・マーティンF-22ラプターとF-35ライトニングIIは高周波目標照準用レーダーに特化したステルス性能があるが、低周波レーダーにはステルス性が発揮できない。
これまで高周波数帯への対応だけでさして問題ではなかった。なぜなら低周波レーダーは「兵器級追尾」はできないとされてきたからだ。
F-22やF-35はKu,X,Cバンドと一部Sバンドといった高周波への防御がなされているが、両機種とも波長が長いL、UHFやVHFを使うレーダーだと発見される。
いいかえればロシアと中国の現行レーダーはステルス機を探知することができるが、正確な位置を割り出してミサイル誘導をすることは困難だということになる。
「捕捉・火器管制レーダーが周波数帯を変える傾向にある」と元米海軍高官がUSNI Newsに説明している。
またコンピューターの性能向上で低周波数レーダーは目標の識別能力が正確になってきている。
「2020年あるいは2030年にこういった装備が実用化されたら機体の生存性は危うくなる。だから低周波対策が必要だ」と先の専門家は指摘する。さらに一部の建造中海外艦艇には高周波低周波双方のレーダーが装備されている、とも指摘。
中国のタイプ52C旅洋IILuyang IIや52D旅洋III駆逐艦にがその例であるという。 人民解放軍海軍の誘導ミサイル駆逐艦タイ52D旅洋IIIの長沙Changshaには米ステルス機を探知可能なレーダー装備が施されているといわれる。

では海軍自慢のNIFC-CA海軍火器管制対空対応手段は…

UCLASS仕様の見直しと想定される性能内容の解説

Latest UCLASS Concept Emphasizes Maritime RolesBy: Dave Majumdar and Sam LaGronePublished: July 17, 2014 2:30 PMUpdated: July 17, 2014 4:19 PM ジェネラルアトミックスのシーアヴェンジャーUCLASS構想の想像図 US Naval Institute Photo

米海軍がUCLASS(無人艦載偵察攻撃機)のコンセプトを変更するのは三度目になり、開発はかつてない規模の混乱と変更を生んでいる。
2006年の当初案では新世代無人艦載機として空母航空隊各機の飛行距離をしのぐ長距離飛行性能を重視していた。
しかし2011年に海軍とペンタゴンは低価格UAVで対テロ攻撃を重視し、陸上運用型UAVの飛行が制約される場所に米軍が作戦行動を展開する想定とした。あわせて情報収集監視偵察(ISR)機として通常の艦載機が飛行していない間に投入する案を作った。
今度は海軍は再度UCLASSの位置づけを変更し、飛行時間の大半を海上で過ごす機体を想定しているようだ。 . 「海軍の装備の一部として空母打撃集団にもなります」とポール・グロスクラグス中将 Vice Adm. Paul Grosklags(研究開発調達担当海軍副長官付き主席武官)がUSNI Newsに述べている。
2008年当時のCSBAによる想定図。空母運用型無人戦闘航空機システムの考察:航続距離、飛行時間、ステルス性、ネットワーク能力について(Thomas P. Ehrhard and Robert O. Work)
. 新コンセプトは現国防副長官ボブ・ワーク Bob Workも参加した当初案とと全く違うものだ。一方で海軍が現時点で想定する西太平洋での脅威への対応としては整合性があるように見える。現在想定されるUCLASSのミッションには制空権の確保された空域でのISRおよび開戦時の攻撃ミッションがあると中将は言う。その後加わるのが難易度の高い沿海部でのISRおよび攻撃ミッションで、さらに水上戦闘艦艇への攻撃も加わる。
UCLASSへの要求内容が決まり、ペンタゴンは国防調達委員会Defense Acquisitions Board (DAB) を7月21日に開催するとグロスクラグス中将は下院軍事委員会シーパワー兵力投…

主張: JSFの信頼度を上げる手段はエンジン選定の見直しだ

Opinion: Missing Shows Points To Bigger JSF ProblemsF-35 reliability is about more than Farnborough Jul 28, 2014 Bill Sweetman | Aviation Week & Space Technology
F-35共用打撃戦闘機は国際航空ショー二つに出展できなくて良かったのではないか。英米の耐空証明認証機関が改めて安全第一の姿勢を示したことが良かった。 出展できなかったことで問題が明らかになった。どれだけ言葉を弄しても6月23日に発生したファン破砕ほどの深刻な事件が単独事象であるはずがない。事故調査の目的は同様の事象が発生しないように教訓をさぐることにある。今回不良を発生させた部品は他の故障を発生したエンジン部品と同じ企業、同じ工具を使って作成している。
今回の不良は数か月前に開発室長クリス・ボグデン中将が口にした不満表明の一部だ。「壊れるはずがないと思っていた部品が予想より早く壊れている」とし、この問題を「途方もない規模の改修工事で成果はすぐに得られそうもない」としていた。またJSFの信頼性は「この時点で当然そうなっているべき水準より低く」運用支援費用はこの信頼性問題が解決されないと「うなぎ上り」になると言っていた。
同機ではエンジン関連の飛行禁止措置が4回あり(このうち2回が今年6月中に発生)、7月15日には制限付き解除となったものの、上院から2011年に下したジェネラルエレクトリックのF136 代替エンジン不採択の見直し勧告が出ている。
おなじみのコンサルタント、ローレン・トンプソンはプラット&ホイットニーも顧客に抱え、フォーブス誌上で上記勧告を一蹴しているが、「このような問題はエンジン開発のリスク低減期によくみられる」とし、F135が競合案を退けて採用されたエンジンだと主張する。事実はX-35とX-32の両試作機が発注された際にペンタゴンはエンジン二形式を開発し、量産型を選考すると確認していた。ただ同案は開発費用の節約のため廃案にされたが、F135の方が安価であるという理由だけではなかった。
P&Wおよびその応援団はエンジン不良の解決に集中すべきであり、第二次エンジン戦争を再発させるべきではない。なぜなら同社及びその支援者が言ってきたこ…

☆☆☆ ATD-Xが開く次世代戦闘開発の可能性 F-3への道のり F-15.F-16も改修へ

ATD-X Emerges Amid Japanese Fighter ChoicesConsidering a cooperative fighter program, Japan ground-tests its demonstrator Jul 24, 2014Bradley Perrett | Aviation Week & Space Technology
.三菱重工業がATD-X戦闘機技術実証機をロールアウトした。 Credit: Technical Research and Development Institute 日本はATD-X実証機心神をロールアウトしたが、並行してロッキード・マーティンF-35の追加購入を検討し、今後四年間のうちに次期戦闘機を国産開発あるいは共同開発にするかを決める。 ATD-Xの開発が開始された2007年時点では当時の最新機種F-16を相当改修したF-2をもとに発展させる考えだったが、防衛装備の輸出に道が開けた今日では方針を変え、生産も日本国内に加え海外での実施も視野に入れている。 ATD-Xの機体サイズはサーブ・グリペンとほぼ同じで、地上テストを実施していると防衛省技術研究本部(TRDI)が発表しており、今年中に初飛行し、2016年まで評価テストが続くという。ステルス性能、機体表皮に組み込んだセンサー、フライ・バイ・ライト制御など各種の技術実証で防衛省は次期戦闘機開発への採用を期待する。 5月8日撮影の公式写真では同機がメーカー三菱重工業の小牧南製作所のエプロン上にあるのがわかる。機体はすでに昨年中に静止試験を受けている。エンジンは推力11,000ポンドのIHI製 XF5-1エンジン二基だ。 米国の役割はさして大きくない。TRDIの事業報告書(平成25年度)では米空軍の開発支援の記載がある。そのうち114百万円が日本国外でのテスト用、別に760百万円が内容不詳の米空軍による訓練とされている。日本からATD-Xを国外で飛行させる方針は発表されていない。米国は同機へのステルス技術供与を拒んでおり、日本は2005年に同機レーダーモデルをフランスに送り評価を依頼している。 ATD-Xの役目はレーダー目標となりステルス対抗技術開発を進めることなのだろう。2008年時点ではATD-Xを使いFPS-5レーダー、E-767 AWACS、エアボス…

KC-46追加工数の費用を自社負担するボーイングの思惑は何か

上限価格契約方式がうまく作用しているようで、厳しい経済環境の中での国防予算の賢い使い方を示しているようですね。ボーイングにとってもここで自社財源を3億ドルほど出しても今後回収は十分可能であるとみているのでしょうね。従前ではこんな費用も全部国の予算で出していたはずで、今から見れば夢のような予算環境だったのでしょうね。
Boeing Eating KC-46 Overrun—JOHN A. TIRPAK7/25/2014 ​An artist rendering of a KC-46A Pegasus. Boeing illustration.
KC-46A空中給油機のテスト機材で不具合が見つかっているが、米空軍は発生する追加設計や作業の費用は一切負担しないと発表した。
これは7月23日のボーイングCEOジェイムズ・マクナーニから各社経済部への発表で、配線関係不良で272百万ドルの追加費用が必要となったとことを公表したことへの対応。
米空軍は49億ドル固定価格契約の上限を上回るコストはすべてボーイング負担とし、政府はこれ以上の負担はしないと発表。
マクナーニは問題の原因は解明済みとして今年第三四半期の初飛行に向かうとしているが、ボーイングはKC-46を800億ドル規模の高収益事業とし、輸出も想定し最終的に400機受注で生産を数十年間規模で維持できると投資家筋は見ている。■

オーストラリア空軍向けF-35がロールアウト

Australian F-35s rolled out in TexasBy: CRAIG HOYLE LONDON Source: 12:18 25 Jul 2014

Lockheed Martin
オーストラリア向けF-35の最初の2機がロールアウトし、ロッキード・マーティンのフォートワース最終組立施設’テキサス州)で式典が行われた。オーストラリア向け生産は72機以上になり総額116億ドルに上る見込み。

最初の二機は訓練用で燃料システムのチェック後にフライトテストにうつる。今年末にオーストラリア空軍に引き渡され、米空軍ルーク空軍基地(アリゾナ州)に移動する。同基地はステルス機F-35のsh用国際訓練拠点である。 「RAAFパイロットの訓練は米国内で2015年開始され、2018年にフェリー飛行しJSFをオーストラリアへ移す」と米空軍は発表。 最初の作戦用機材が初期作戦能力を獲得するのは2021年で3飛行隊はティンダルとウィリアムタウンの各基地に配備される。訓練飛行隊はウィリアムタウン基地に編成され、全72機が運用可能となるのは2023年の予定。将来は第四飛行隊編成も検討されると100機体制になるとRAAFは見ている。 オーストラリア企業計30社がF-35関連の仕事を確保しており、合計4億ドル相当になるとオーストラリア政府が発表している。■


ブク(SA-11)のメカニズムに根本的な欠陥がある

Buk Missile System Lethal, But UndiscriminatingJul 23, 2014Bill Sweetman | AWIN First Finnish army
マレーシア航空MH17便がウクライナ分離派が軍用機と誤って撃墜した証拠が固い中、アルマズ・アンテイ製のブクM-1地対空ミサイルシステムground-based air defense system (GBADS) への関心が高まっている。 ブクM-1(NATO名称SA-11ガッドフライ(あぶ))は最小限の訓練さえ積めば誰でも操作でき、その威力は致命的損傷を与えられるが、その他のGBADSと異なり安全装置はついていない。世界の紛争地域で見られる旧ソ連製GBADS二形式のひとつでもある。 ブクシリーズは1970年代にティホミロフNIIP(現アルマズ・アンティの一部門)が設計し、2K12 クブKub低高度迎撃ミサイルシステム(NATO名称SA-6ゲインフル)の後継装備とされたもの。 クブはエジプトに輸出され、1973年のヨム・キプル戦争(第四次中東戦争)で威力を発揮した。ただし弱点があり、目標一つにしか対応できない。クブ部隊にはレーダー車両1と発射車両4で構成され、セミアクティブレーダーホーミング (SARH) 誘導が可能。レーダー車にはアンテナが二つあり、探査と連続波による追跡用に分かれ、ミサイルは追跡用アンテナが出す照射に沿って誘導されル設計だった。ただし各部隊に照射装置はひとつのみのためいったん発射したミサイルが命中するまで第二波の発射ができなかった。 レバノン戦争(1982年)でイスラエル国防軍の空軍部隊は囮をクブ等GBADSに向け発射し、クブが囮をロックオンしてしまうとそのあとに現れるイスラエル機に対応できず、逆に破壊されている。 そこでブクの設計ではこの問題を克服しようとした。レーダー車両を一新したほか、発射車両それぞれにXバンドマルチモードレーダーを取り付けている。そこでこの車両は運搬・発射・レーダーの機能をもつTelarになった。戦闘機レーダーと同様にTelarのレーダー(NATO呼称ファイヤードーム)は探査、追跡、照射機能があり、120度の円弧内でスキャンが可能だ。 この機能がMH17便事故の悲劇を招いた可能性がある。ファイヤードームレーダーの一番の役割は多数目標を同時に攻…

中国病院船の内部はこうなっている

Peace Ark: Onboard China’s Hospital ShipBy: Kyle MizokamiPublished: July 23, 2014 10:28 AMUpdated: July 23, 2014 1:35 PM Chinese hospital ship Peace Ark. Xinhua Photo . 「和平方舟」船上でーーーー2012年海軍長官レイ・メイバス Ray Mabus の訪中で人民解放軍海軍PLANを2014年のリムパック演習に招待した。中国は今年のリムパックに四隻の艦船を派遣しており、そのうち一隻が病院船「和平方舟」 Peace Arkである。行程4,915マイルを2週間かけパールハーバーに6月24日に到着している。 . USNI Newsはこのたび同艦の医療部門長Sun Tao上級大佐から取材を許された。Taoは北京軍病院の副院長もつとめる胃腸科医で英語も流暢に話すが、取材では通訳者を通じ、質問への回答に集中した。 View of the gangway to Peace Ark. Kyle Mizokami Photo
. 和平方舟はタイプ920級の専用病院船であり、同級はいまのところ姉妹艦がない。建造は広州造船所 Guangzhou Shipyard International Company Limited で2008年12月に就役している。
同艦は大型で排水量は1万トン以上、全長583フィートだ。配属は南海艦隊で浙江省舟山Zhoushan,  Zhejiang province。平時は乗員113名で治療室を20確保している。有事には328名に医療専門員100名が加わる。医療部門は任務に応じて変更可能だ。(災害時、戦時、訓練等)
Sun Tao上級大佐は同艦の任務を次のように説明した。「和平方舟は戦闘時の傷病者の救難と処置にあたる」「平時には医療支援を提供するとともに、人道援助任務にもあたる。また医療関係者にとって研究と研修を行う場所にもなる」
Senior Capt. Sun Tao displaying a plastic model of an ear during a tour of Peace Ark. Kyle Mizokami Photo

中国は同艦をこれまで数回にわたり人道援助災害救助ミッションに投入している。200…