2013年4月30日火曜日

韓国国産開発戦闘機KF-Xに注目 戦闘機自国開発の意義

Seoul Plans Phased-Development, Typhoon-Size Fighter

By Bradley Perrett
aviationweek.com April 29, 2013
Bradley Perrett Seoul and Jeongseon, South Korea

西側世界では完全に新型の戦闘機といえるのはロッキード・マーティンF-35だけで各国は同機以外に選択肢がないのが現状だが、新たな戦闘機が東洋から出現しようとしている。
  1. ほぼ10年の研究期間を経て韓国のKF-X戦闘機構想が明確になってきた。このまま進み大幅変更なければ同機は双発でユーロファイター・タイフーンと同程度の機体寸法となり、タイフーンはじめ欧州戦闘機の例にならい水平安定板を機体前部に取り付けることになりそうだ。当初は米国製兵装・センサーを搭載しその後韓国製装備を搭載するだろう。
  2. 政 府内で検討が始まったのが1999年、国家プロジェクトになったのが2002年のKF-Xは14年間の研究期間を経て、いまだに全面開発の承認を得ていな い。当初の配備目標は2015年だったが、現状では2021年以前の初飛行はない状況なので、就役は2020年代中頃だろう。ただし、これも強力な反対勢 力から生き残った場合の話。
  3. 韓 国空軍はKF-Xは中型戦闘機としてKF-16の代替を目指す。KF-16は韓国内で生産したF-16。ペイロードと航続距離で優れるKF-Sは高性能戦 闘機として想定されており、現状のボーイングF-15Kとその後継機種として選定されるはずのF-X第三段階選定機種となる。下には韓国航空宇宙産業(KAI)製のFA-50がある。
  4. 推 進役は国防省の国防装備開発庁Agency for Defense Development (ADD)で、ここで予備設計を進めており、完全開発段階でまとめ役になる予定だ。そうなればKAIは韓国の戦闘機製造専門メーカーなのにサプライヤーの 役割を甘んじることになり、同時に詳細設計を担当するのだろう。大韓航空が部品の一部を生産する可能性もある。エンジンは海外調達となり、電子装備は複数メーカーから供給されるだろう。
  5. さらに海外メーカーがパートナーとなるはずで、F-X第三段階の受注企業がこれになるはず、つまりボーイング、 ロッキード・マーティン、ユーロファイターのいずれかだろう。ただし韓国国内には海外メーカーの介在を快く思わない向きもある。KF-Xはあくまでも韓国 主導であるべき、というのだ。一方で、インドネシアは2011年から技術開発の人的貢献と開発費用20%負担、さらに50機発注の意向を示していることで 限定共同開発国となっており、同機がKF-X/IF-Xと呼称される所以でもある。トルコを巻き込む目論見は失敗したが、韓国が主導権を握ると主張したた めといわれ、以後それ以外の国は手を挙げていない。
  6. 一 方、KF-Xには幾多の反対勢力があり、価格が高い、正当化できない、開発能力そのものが不足している、技術者が足りないとの主張の他、開発すべきは民間 機であり、軍用ヘリコプターであるとの意見、技術を握る米国がKF-Xの海外販売を妨害すると見る向きもあり、そもそも韓国製戦闘機の価格は既存機種より 低くならない都の意見もある。
  7. こ れに対して推進派なかんずくADDはKF-Xは韓国製軍用航空機開発の要であり、国産戦闘航空機システムの搭載機として韓国防衛産業全体を引き上げる役割 が期待されるとしている。また韓国が完全に自国主導で機体装備のシステム構成を決定すべきとしており、T-50超音速練習機ならびに派生型戦闘用機体の前 例を引き合いに出している。
  8. ADD は韓国国内に技術力があるのか、同機の性能設定が妥当なのかとの疑問に対応してきた。2009年にはF-35と同等のステルス機の国内開発能力はないと認 め、レーダー断面積の達成目標をボーイングF/A-18E/Fスーパーホーネットおよびユーロファイター・タイフーン並まで後退させている。
  9. 具 体的にはKF-Xの目標は0.1から1平方メートルと見られ、F-4ファントムやF-5タイガーと言った韓国が運用してきた旧式戦闘機が1から10平方 メートルであったのと比較される。これはKF-X企画に関与した空軍退役幹部によるもの。この目標値は「十分な水準」と同幹部は指摘し、非公表ながら公に 認知されている北朝鮮防空レーダーの性能欠陥を暗示している。
  10. ス テルス性能で妥協したものの、外観と機体構成では大きな変更はなく、KF-X はステルス機としては古典的な形状といったところだ。ADDはKF-X後期型でのステルス性能向上を提唱し、ブロック2でステルス表面塗装の向上、レー ダー吸収性を有する表面素材、機体隙間の削減、等を実現する。このステルス性能はF-117と同等となるとADDは見る。さらにブロック3でF-35程度 のステルス性能をめざす。
  11. ADDは同機の仕様でいろいろ検討をし、エンジンは双発とし、水平安定板は海外メーカーの知見を借りることとした。既製エンジンの選択としアフターバーナー出力17,700 lb.のジェネラル・エレクトリックF404か20,200 lb.のユーロジェットEJ200または22,000 lb.のGE製F414を検討している。二案あり米メーカーの支援を想定した水平安定板を後部に備えるのがC103案、欧州メーカーをパートナーとする機首に安定版をもつのがC203案だ。
  12. 推力の想定はタイフーンと類似し、企画中の機体サイズが同機に近いものになっていることも偶然の一致ではない。ステルス機では空気取り入れ口の形状から機体容積は大きくなるものだが、タイフーンを上回る機内燃料搭載量を想定している。
  13. この機内容積を利用してブロック2で兵装ベイを確保する予定。ブロック1ではレイセオンAIM-120空対空ミサイルを機体下部に搭載するが、ブロック2ではこれを機体内部に移動させる。ただし、ベイ、外部ともにスペースは十分とはいえない。
  14. こ の他に強化ポイント6箇所が主翼にあり、別の二点はレイセオンAIM-9X短距離空対空ミサイル専用に想定する。ADD作成の図面では空対地兵装の GBU-39、GBU-53、CBU-105、GBU-31、 GBU-38、GBU-24 誘導爆弾やAGM-65ミサイルが確認できる。外部燃料タンクはオプションとし、巡航ミサイル搭載も想定している。翼端には強化ポイントはなく、レーダー 反射を抑えるためだろう。ただし、モデルではセンサーポッドが機体下部に搭載される。機銃1丁を左側内部に搭載する。
  15. 主センサーはアクティブ電子スキャンアレイ式レーダーで、海外製品をまず搭載し、後期モデルには国産レーダーとする。LIG Nex1 社が開発中である。その他として電子光学目標捕捉システム、赤外線探知追跡センサー、データ・リンク、GPS-INS航法装置、高性能脅威警告対抗装置、電子妨害装置の詳細も検討が進んでいる。
  16. ヘルメット一体型のディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、多機能ヘッドダウンディスプレイがコックピットに搭載sれる。電子装置と兵装の統合では西側設計の標準を採用し、中国やロシアの対抗機種への優位性を確保する。
  17. C103 案、C203案は2月に比較検討されており、複座型案は却下された模様だが、ADDによる最新の発表内容を見ると機体前方燃料タンクの場所に二番目のシー トが搭載されている。F-35ではシミュレータにより複座練習機型は不要としているが、戦闘機で複座型が再度注目をあびているのは、単座型より戦闘ミッ ションの処理が楽になるためだ。
KF-X プログラムのその他記事はAviationWeek.com/kfx をクリックされたい。■

2013年4月28日日曜日

飛行時間あたりコストでは誤解を生むとペンタゴンがプロジェクト推進室見解を批判

   
        
   
       

Pentagon Backs Off F-35 PEO's Flying Hour Prediction

By Amy Butler abutler@aviationweek.com

aviationweek.com April 24, 2013
Credit: Lockheed Martin

ペンタゴンの調達トップ、フランク・ケンドールFrank Kendall がF-35Aの一時間当たり運用コストデータでオランダに開示された情報は来月議会に提出される公式値よりも低いものだったと発言した。
  1. 米空軍のクリストファー・ボグデン中将Lt. Gen. Christopher Bogdanがオランダ議会関係者へF-35Aの運用コストはF-16より大体10%高くなると伝えており、以前の予測よりも大きく下がっている。
  2. 「あれは仮定条件の数字です」とケンドールは4月24日にペンタゴン取材報道陣に語っている。「仮定を基にした試算はしたくないですね」
  3. 来月に議会に提示される数字は昨年の特定調達報告 lected acquisition report (SAR) の数字よりも低くなるとケンドールは語る。同報告内ではF-35Aの飛行時間費用は$31,900でF-16 C/Dは$22,500だった。
  4. 「この数字は今年版では下がりますが、ボグデン中将が示した水準までは下がらないでしょう」とケンドールは発言した。
  5. ケンドールが言うにはF-35の飛行時間コスト計算には少なくとも六通りの方法があり、仮定条件で異なってくるという。飛行時間を少なくすれば、時間単価は上がる。だが、総費用は既存機種と同程度か少なくなるという。
  6. 「大事なのは総費用ではないでしょうか。機体の稼動状態を既存機種と同程度にして総額がいくらになるのか。これは国別に違ってきます」とケンドールは語り、各国の飛行時間設定、予備部品の調達計画、保守要員の技術熟達度、活用方針をどうするのかなど条件は多い。
  7. ただ運用予定国・組織はそれぞれ総費用の把握で苦労しているのは事実だ。米海軍の試算では50年間運用の総費用は1兆ドルとしており、これに対してそこまでの高額にならないはずとして試算が繰り返されているが、苦労しているようだ。
  8. ロッキード側も折れてF-35の飛行時間単位費用は既存機種よりも高くなると認めつつ、それでも総費用はF-18、F-16、A-10をあわせたよりも低くなると主張し、同機の優位性を訴えてきた。
  9. 時 間単位の運用コストは総費用の構成要素の一つにすぎない。機材の維持管理で長期間使用することがコスト削減で大きな要素となる。同機の開発は順調に進み、 これまでフライトテストの40%が完了している。ただしリスクは依然として存在しており、とくにソフトウェア分野が要注意だが、ケンドールによればF- 35開発は「慎重ながら楽観的」に見ているという。また初期生産で得られた実際の数値をもとにうまく生産はうまく管理がされているという。
  10. ケンドールの部署ではF-35の長期間稼動の可能性を別の角度から検討中だ。ペンタゴンは契約会社各社からのフィードバックを受けてこの検討を完了する。また同機向けのロジスティックスは実績ベースで組み立てるとしている。
  11. なお、F-35各型の飛行時間あたり費用はペンタゴンが議会に最新版のSARを提出する中で開示される見込みで、一ヶ月ほど先になる。■





2013年4月27日土曜日

超極秘ISR無人機の開発状況が議会で話題となる

                      
Shhh... It's Vewwy Secret

aviationweek.com Ares, A Defense Technology Blog

Bill Sweetman 4:12 PM on Apr 23, 2013

ペンタゴンはいつになったらノースロップ・グラマンが超ステルス長距離無人機を製作している事実の一部でも公式発表するのか。同社はグルームレイクで同機のフライトテストを実施する。(この記事を参照AW&ST December 3, 2012 )
  1. 米空軍調達部門の制服組次席トップであるチャールズ・デイビス中将Lt Gen Charles Davisが 極秘情報の一部を下院軍事委員会でもう少しで明らかにするところだった。中将はジョン・ガラマンディ議員(民主、選挙区にはグローバルホーク配属のビール 空軍基地あり)から情報収集、監視、偵察能力計画での米空軍の方向性およびグローバルホーク調達削減を聞かれて回答したのである。
  2. 「U-2およびその他極秘機体でどう穴を埋めるかを注意深く検討しております」と中将は答え、「これ以上の情報は別の席で得てください」としていることから非公開審議の場があることを暗示している。
  3. 極秘UAV調達の時期について中将はUSAFにはブロック30仕様のグローバルホークをこれ以上調達する必要はなく、「その分の予算はもっと優先順位の高い支出にあて」たいと発言している。
  4. 「これまで二十年ほどの間に相当の予算をつぎ込んできたISR用途機があります」と中将は紹介し「運用要求や情報収集でこれまでは制約なしに運行が可能だったものが今後は現状の自由度がなくなることを前提に検討をしているところです」
  5. この極秘UAVはグローバルホークの機体サイズとほぼ同じであるが、ノースロップ・グラマンお得意のジグザグ形の西洋凧の形で、高度ステルス性能と高効率の空力特性を兼ね備えているという。
  6. た だし、同公聴会で暗示された極秘プロジェクトは同機だけではなく、ビル・モラン海軍少将(海軍航空戦部門責任者)からAPG-78AESAレーダーをブ ロック2型のスーパーホーネット全機に装備する予算とは別に「その他プログラムがいくつかあり、詳細は秘密会だけでお話できるものです。それぞれ2014 年度予算では満額がついており、スーパーホーネットを2020年代から30年代初めまでは十分に威力ある機材にできるものです」と発言している。


2013年4月25日木曜日

新型赤外線警戒衛星の配備で中東から太平洋までのミサイル発射はより正確に捕捉できるようになります

Sbirs Gets Second Set Of Eyes In Orbit

By Amy Butler

aviationweek,.com April 23, 2013
Credit: Lockheed Martin

宇宙配備赤外線警戒衛星システムSpace-Based Infrared System (Sbirs) の二号機が「ファーストライト」を達成し、まもなく機能認証を受け年末までに弾道ミサイル発射警報を発信できると期待されている。主契約会社ロッキード・マーティンによるとファーストライトとは赤外線ペイロードのスキャナーとスターターのカバーが取り外されたことを意味する。現在同機は校正中。
  1. Sbirs衛星は地球静止軌道geosynchronous (GEO) orbitに3月19日にケイプカナベラルからアトラスVで打ち上げられた。
  2. . 一号機GEO-1は2011年5月に打ち上げられ、統合戦術警戒攻撃評価Integrated Tactical Warning/Attack Assessment (ITWAA) のメッセージ送信機能は認証待ちの状態だ。認証を受ければ飛来する目標情報を米ミサイル防衛体制に提供できる。空軍はスキャナー機能を最優先し、新型の監 視センサーstaring sensorの認証は後回しにする。
  3. Sbirs 衛星は従来の国防支援衛星システムDefense Support System (DSP)の後継機として発射地点、軌道、目標地点といった標的情報を提供する。情報はミサイル防衛庁の指揮命令戦闘管理通信システムCommand, Control Battle Management and Communications Systemに流れ、海上、地上配備の各種迎撃手段とリンクできる。
  4. GEO-1号機は新型衛星でもありITWAA認証取得は長期間工程となっている。関係者は安全保障上の理由から詳細を語らないが、ロッキード・マーティンによれば同機のスキャナーは微調整後の最終公試中(所要期間30日)であるという。
  5. GEO-2号機は所定位置に移動途中で、定位置につくと二機のGEOが軌道上に配備され、中東から太平洋までミサイル発射を「立体的に」探知することが可能となる。
  6. これと別にスキャン用ペイロードが極秘衛星二機に搭載され高高度楕円軌道で運用中だ。
  7. ロッキード・マーティンはGEO-3の製作を開始しており、HEO-3(高高度地球周回軌道衛星)が今後六週間以内に納入される。同社は空軍にGEO-5および-6の製造を提案しており、9月末までに契約交付の見込みだ。9月は米会計年度の最終月。■


2013年4月24日水曜日

統合参謀本部議長の訪中、平行線の米中軍部トップ主張

In China, U.S. Top Military Officer Defends U.S. Pivot To Asia

By Reuters

aviationweek.com April 22, 2013
Credit: U.S. Navy

米軍トップがアジア重視で再構築中の米外交政策の意義を中国政府関係者の前で主張した。これは中国が米軍増強を批判したことへの返答。
  1. 米国が兵力の「再バランス」と呼ぶ、アフガニスタンの作戦縮小にともない、アジア東部に関心を深めていることに中国は不快感を覚えている。中国によるとこの政策で日本、フィリピン、ベトナムが領土をめぐる対立で勢いを得ているとする。
  2. 統 合参謀本部議長マーティン・デンプシー大将Chairman of the Joint Chiefs of Staff Gen. Martin Dempsey は米国は「これまでもこれからも太平洋国家である」と発言している。「地域内を安定させる影響勢力となるよう目指す」と同大将は中国国防省での記者会見で 発言。「米国の不在は不安定をもたらすが、常駐が不安定さをもたらすことはない。」
  3. デ ンプシー議長は中国人民解放軍参謀総長房峰輝Fang Fenghuiと記者会見に臨み、これに先立ち両名は会談を終えている。中国国防省は米国に対しアジア太平洋の緊張状態を作っているのは米国だとし、中国 は安全保障上の脅威に直面しているとの発言が先週にあったばかり。
  4. 房参謀長からは北朝鮮が四回目の核実験に踏み切る可能性があると発言が出た。「北朝鮮の核実験阻止を働きかけるとともに核兵器製造も中止させようとしています」
  5. また同参謀長は中国の姿勢は北朝鮮の核実験反対で変わらないと再確認した。中国は北朝鮮の主要支援国だがここ数ヶ月は北朝鮮に苛立ちをあらわし始めている。
  6. 北 朝鮮は開戦を公言し脅かしてきたが、先週に入り交渉の席に戻ると表明した。ただし、条件のひとつに国連制裁解除を求めている。米政府は北朝鮮が核兵器開発 を中止する「明白な兆候」を求めると発言している。北朝鮮は短距離ミサイル発射装置二基を東海岸に移動させ、試射に向けた動きだと韓国報道は伝えている。
  7. 中国がサイバー安全保障でグローバルなルール作りに協力する意思があるのか、との問いに房参謀長はインターネットは「安全を確保しないと、核兵器並みの被害が発生すると言っても過言ではない」と発言している。
  8. 米 中両国は大規模なサイバー侵入事件のたびかさなる発生で相互に非難している。米国は中国発のハッキング攻撃は米政府ならびに民間企業のコンピュータネット ワークが標的で、政府・民間のデータが盗まれたとする。米国を狙うハッカー攻撃の裏には中国軍秘密部隊の存在がある、との報告書が米国コンピューターセ キュリティ分野の民間企業から公表されている。■


2013年4月21日日曜日

オスプレイを艦上輸送機に利用できるか米海軍が評価中

U.S. Navy Assesses Osprey For Carrier Onboard Delivery Mission

By Amy Butler abutler@aviationweek.com
April 18, 2013CVN-75t: Boeing

米海軍はベル/ボーイングMV-22 オスプレイを艦上輸送機Carrier Onboard Delivery (COD)に転用できるかを検討中で、現用中C-2Aグレイハウンドを近代化するのか後継機種を開発するのか、の決定前に参考としようとしている。同機は 空母ハリー・S・トルーマン(CVN-75)上で初期段階の評価を受けるとウィリアム・モラン海軍少将(海軍航空戦部長)Rear Adm. William Moran, Navy director for air warfareが明らかにした。4月19日より同機を「パレット貨物のサイクル運航」をトルーマン艦上で実施するという。同時に人員輸送も行う。
  1. モラン少将によると空母運用に求められるテンポで同機の運用可能かを検討する。同少将はAviaton Weekに対し下院軍事委員会小委員会の4月17日の聴聞直後に発言している。
  2. 6月に評価は第二段階に入り、海軍の評価委員が空母艦上で6日間連続の「サイクル運用」に同機が投入可能かを見極める。これはV-22に過酷な内容となるが、COD任務では迅速な運航を連続して実施する必要があるためだ。
  3. 次期COD候補にはV-22以外にノースロップ・グラマンC-2改修型がある。モラン少将によると評価作業が完了すれば海軍はMV-22の候補資格を確認できる。ただし予算手当は最速でも2015年度以降となる見込みだ。
  4. V- 22に脈がないとなれば、海軍は随意契約での改修型C-2導入の理由立てに入る。改修型C-2はE-2Dホークアイ早期警戒機と部品の共用性があり、ノー スロップ・グラマンはここを利点として強調しており、艦上での取り回しも実証済みだとする。同社はE-2Dで採用したT56-427Aエンジンを改修型 C-2にも搭載する予定で、新設計の主翼、デジタル式エイビオニクスや機体後部もホークアイと共通化するという。
  5. 同社の言い分ではC-2Aグレイハウンドを改修近代化すれば他の候補よりコストは半分で済むとする。さらに人員貨物の積み下ろし作業はC-2Aで実証済みとする。とくに改修型ではキャビンを与圧するとしており、V-22への優位性を強調している。.
  6. こ れに対しV-22推進派は現時点で与圧は必要なしとする。「V-22の実用上限飛行高度は25,000-ft.で現行のターボプロップ機と同程度。人員輸 送は通常は 8,000-から12,000-ft.で運用して機体運用の最適化を図っています」とベル-ボーイングは説明する。「与圧していない海軍人員輸送フライト では13,000 ftまで飛行が認められています。」 さらにブロックC天候監視レーダー、氷結防止装置、エイビオニクス支援全天候昼間夜間飛行性能と空調性能により人員 にも快適な長距離飛行が可能だとする。
  7. V- 22は空母より小型規模の艦艇での運用が可能(ただし運用証明が必要な場合がある)なので陸上から各艦艇に貨物輸送が直接実施できる。C-2を運用すると ハブアンドスポーク方式で貨物は陸上から大型空母に搬送した後にヘリコプターで小型艦に運んでいる。.このためV-22推進派は直接輸送で大きな節約が実 現できると主張する。
  8. 両社ともに維持管理費用、部品費用はすでに海軍が運用している機種のため安価にできるとしているが、具体的な費用試算は両社ともに明らかにしていない。
  9. これに対しモラン少将によると海軍は選択候補の比較検討をすでに終えているという。現在のCOD機は2020年代までは供用可能としている。■



2013年4月19日金曜日

F-35の時間当たり運用コストはF-16を10%上回る水準になりそう

F-35A Cost Per Flying Hour Exceeds F-16 by 10%


By Amy Butler abutler@aviationweek.com


April 18, 2013


.F-35Aの運用コストはF-16より10%高くなる予想が米政府関係者から出ている。
  1. F- 35開発を統括するクリストファー・ボグデン空軍中将Lt. Gen. Christopher Bogdan がオランダ政府にF-35Aの時間あたり運用コストが24,000米ドルになると明らかにしている。他にF-16とF-35の比較検討結果 が伝えている。空軍スポークスウーマンのナターシャ・ワゴナー大尉Capt. Natasha Waggoner が発表した。
  2. 中将はあくまで速報値としているが、F-35Aの飛行訓練が始まっており、テストも継続中なので収集したデータは多いが、機体寿命全体を反映したものではない。
  3. 機体耐久性テストでどの部品部材で維持管理の手当が必要になるのか、また試算に取り入れる必要があるのかを見極めることができるだろう。
  4. 同機の時間単位運用コストは米国はじめ各国からロッキード・マーティンへ要望されていたもの。F-35開発コストはほぼ2倍になっており、開発日程も大きくずれ込んでいる中で同機の導入を希望する各国は機体価格だけでなく、運用コスト水準でも神経質になっている。
  5. ロッキード・マーティンは開発当初からF-35の運用コストは既存機種より安くなると公言してきた。今年になり同社幹部から「飛行時間あたり運用費用はF-16水準を上回りそう」との発言が出ているが、機体寿命全体の費用は既存機種より安くなるとの主張は変わっていない。
  6. オランダは85機導入という当初案を見直し中で、33機削減して52機導入に変更するとの案が出ている。
  7. 米 海軍の当初の試算ではF-35の機体寿命内のライフサイクルコストでは50年運用の場合1兆ドルを上回るとしていたが、ペンタゴンの費用分析計画評価局 Cost Analysis and Program Evaluation の試算ではF-35三型式を維持する場合の毎年の支出を182億ドルとしており、これは政府会計検査院 Government Accountability Office.が調べた2010年度実績で既存機種で支出した111億ドルをすでに上回っている。
  8. .なお、F-35統合開発室からはF-35B短距離離陸垂直着陸型、F-35C艦載型の時間あたり運用コストの試算はまだ出ていないが、議会に5月あるいは6月に提出する年次調達報告の中で明らかになるとみられる。


コ メント F-35が財務的に維持できないのではないか、というのがこの記事が暗示している内容なのですが、F-16はじめとするレガシー機種の老朽化もど んどん進む中、本当に西側の戦闘機部隊に信頼できる機種が配備されなくなる日が来るのかもしれないと思うとぞっとしますね。いよいよF-3あるいは F/A-XXといった次の世代の機体が求められることになるのでしょう。そうなるとF-35は一体何だったのか、という疑問と一度始めたプロジェクトをこ こで中止できないとすれば今後40から50年間高いコストを払って維持するのか、それとも前倒しで(余分なコストを払って)同機を配備してまもなく廃棄す るのか、という悩ましい問題がまもなく出てくるのではないかと愚考しております。

2013年4月16日火曜日

韓国の第三次F-X最終選定が迫る


Seoul Considers Industrial Benefits for F-X 3

By Amy Butler, Bradley Perrett
Source: Aviation Week & Space Technology
aviationweek.com April 15, 2013
Credit: Boeing
Amy Butler Washington and Bradley Perrett Seoul

韓国のF-Xフェイズ3決定が6月予定で迫ってきた。三社が競っている。
  1. ペンタゴンから米議会にボーイングF-15サイレントイーグルあるいはロッキード・マーティンF-35を60機の韓国向け販売が公式に通告されたが、ちょうど北朝鮮が好戦的姿勢を米韓両国に示す中だった。
  2. ボー イングはハイブリッド販売案で、F-15サイレントイーグルを海外向けサブシステムの軍事販売対象からはずし、販売価格を非開示とする。サブシステムとし てAESAレーダー、赤外線捜索追跡補足装置、保安対策無線装置、高性能ディスプレイとミッション立案システムおよび空中GPS受信機で24.08億ドル かかるという。同機コンセプトが発表された2009年時点でサイレントイーグル新造機単価は1億ドルとしていた。
  3. こ れに対しロッキード・マーティン提示額は108億ドルで、機体、プラットアンドホイットニーF135エンジン(予備9基含む)、3Fソフトウェアパッケー ジを提供する。3Fは米空軍仕様で以前の3Iより兵器運用、攻撃能力が増大する。3Iは海外向けにパッケージで最初の世代。
  4. 三 番手ユーロファイター・タイフーンで韓国の決断に影響を与える要素として韓国航空宇宙産業Korean Aerospace Industries (KAI) が48機の生産、あるいは最低限組み立てを希望している、と消息筋が伝えている。同社はサイレントイーグルでも一定の関与を保証されている。現在同社は F-15Kの主要組立てを実施している。
  5. F-35でも韓国はウィングボックスおよび尾翼表面の生産を担当する可能性があるとロッキード・マーティンは言う。同社は日本とも国内生産の範囲どこまでを認めるか協議中。日本は生産ラインを設置するが、韓国を求めていない。
  6. 設計が新しいF-35とタイフーンは高度な生産内容でF-15より有利で、特にF-35は厳格な公差を実現できる技術が入手できる。
  7. ユー ロファイターは米側の規制にしばられず技術移転で有利だとする。タイフーンは韓国の国産戦闘機KF-X構想の土台になる可能性があり、ロッキード・マー ティンとボーイングも同構想へ支援を申出ているが、両社とも米政府の制約対象となるが、ユーロファイター構成の各国政府も完全に自由放任とはいかないだろ う。
  8. サ イレントイーグルはF-15Eを原型としステルス性を機体内搭載兵装を犠牲にし、尾翼を15度傾けて実現しているが、敵空軍力の制圧に成功しステルス性が 不要になれば、より多くの兵装を搭載できる。ボーイングは2010年にKAIを契約相手とし同機の機体一体型兵装ベイの設計と生産を任せている。
  9. これに対しF-35選定は韓国に特別の意味を生む。機体単価は高くなるが、各国との共同作戦実施能力は向上し、同機の高度ステルス性能がF-15Kを補完する期待が生まれる。
  10. た だしF-35導入の欠点はサイレントイーグルよりペイロードが小さくなること、運用の維持管理コストが不透明なこと。ペンタゴンの希望は同機開発段階を 2017年10月までに完了することだが、今後のフライトテストで露呈する問題があれば日程も影響を受ける。同機を選択するリスクも発生するのだ。
  11. ただし、サイレントイーグルもテストを完了した機体でなく、リスクがないわけではない。■



2013年4月12日金曜日

2014年度予算 米陸軍の航空機調達規模は総額50億ドル

                           

U.S. Army Seeks $5 Billion For Aircraft

By John M. Doyle jmdoyle52@gmail.com
aviationweek.com April 10, 2013
Credit: U.S. Army

米陸軍から総額50億ドルでヘリコプター機材の更新ならびに大型・小型の無人機を取得する2014年度案が4月10日に発表された。

  1. 国防総省全体の2014年度予算要求5,266億ドルのうち陸軍分は1,297億ドルで、調達、開発、研究、試験、評価業務は18%相当で239億ドルしかない。隊員人件費が最大で44%566億ドル相当になっている。
  2. .陸軍の予算要求でも海外作戦の数字は明らかにしていない。主にアフガニスタン関連だ。付随文書で基本要求額は17億ドルで、2013年比約7%減とわかる。航空機調達が2014年予算要求で最大項目で、50億ドル規模だ。昨年度要求額は58.5億ドルであった。
  3. 内 容では12.3億ドルでUH-60 ブラックホークヘリコプター65機を新規調達(うち41機はUH-60M多用途仕様、21機はH-60M救命搬送仕様)、10.5億ドルでCH-47Fチ ヌーク輸送ヘリ6機を新造、10機は喪失機の補充用、22機は既存機体の改修として調達する。
  4. 両機種とも複数年度調達なので「生産基盤に安定度が生み、予算の節約にもなる」と陸軍から説明があった。
  5. 今 回の予算要求では1.84億ドルでOH-58カイオワワォーリアーKiowa WarriorsのD型からF型への転換も含まれ、武装偵察能力を安価に向上できる。8.13億ドルでブロックIIIのAH-64アパッチ攻撃ヘリコプ ター42機の再製造もあり、新規製造よりも17百万ドル節約できる上、再製造機体にはネットをフル活用する能力が付与され、飛行中の無人機を自由に制御で きる。また96百万ドルで州軍にUH-72AラコータLakota軽量多用途ヘリ合計10機を調達するが、今回が同機の最終調達になる。
  6. 無 人機では5.5億ドルでMQ-1グレイイーグルGray Eagle15機を新規調達し、地上制御ステーション複数と衛星通信ターミナル複数も導入するほか、戦闘喪失機材の補充4機も調達する。これ以外には 1.22億ドルでRQ-7シャドウShadowおよび11百万ドルでRQ-11レイブンRavenの調達がリストに入っている。■


2013年4月11日木曜日

オスプレイ後継機で既存ヘリに代わりティルトローター機大量採用を期待するベル

                           

Bell Unveils Third-Gen Tiltrotor Concept

By Anthony Osborne tony_osborne@aviationweek.com

aviationweek.com April 10, 2013
Credit: Credit: Bell Helicopter

ベルヘリコプターはV-22オスプレイの知見を第三世代ティルトローター機に取込み、米陸軍の将来型垂直離陸機Future Vertical Lift 構想に提案する。

  1. V- 280ヴァラーValorは今週開かれた全米陸軍航空協会大会で披露された新型機で陸軍の中型機の要求水準に答えるもの。UH-60ブラックホークやAH-64ア パッチといった多用途ヘリ、攻撃ヘリ約4,000機の後継需要を見込む。ベルはティルトローター機の速度、航続距離、生産性での優位性を強調する。
  2. 新 設計で目を引くのはエンジンだ。傾斜ポッド内に搭載せず、エンジンはローターと常に水平位置に固定され、推進システムを傾斜ポッドに格納する。ベルによる とこの構成で機体側面ドアからの兵員の出入り安全度が高まるとともに敵地接近時の銃発射の有効範囲が広がる。同時に各角度でのエンジン作動の保証手続きが 不要となり開発リスクも低下する。V-280ではローターディスクの負担を減らし、ダウンウォッシュ吹き下ろしの量も減る。
  3. .開発費用削減の鍵はティルトローター機構の簡略化。V-280ではオスプレイの後退翼に対し直線翼を採用。さらにベルがセルカーボンコアLarge Cell Carbon Core technologyと呼ぶ技術で主翼を一枚の構造で製造する予定だ。
  4. このためV-280にオスプレイの主翼折りたたみ機構はつかない。航続距離は2,100 mi.以上とされ、海外展開のニーズにこたえる。
  5. 「太平洋地区へのシフトがあり、作戦範囲を広げながら、小規模部隊の展開が前提となる中で、これは戦力を増強させる性能です」(ベル社FVL担当重役キース・フレイルKeith Flail)
  6. ベルは機体二種類を想定し、多用途型は乗員4名・搭乗者11名、攻撃型はAH-64アパッチの後継機種をねらう。想像図で攻撃型は精密誘導兵器を機体ペイロード格納庫および主翼下に搭載するほか、タレット型機銃を機首下に有する。
ボーイングシコルスキーと共同でシコルスキーX2複合推進技術を基にしたFVL提案をまとめる。ベルも共同事業相手を模索中だ。同社によると「航空宇宙産業パートナー数社」と協議中だが、公表時期含めた日程については言及を避けている。■