2010年8月29日日曜日

ABL空中発射レーザーの開発テスト延期続く

   

Airborne Laser Test Rescheduled Again

aviatonweek.com Aug 24, 2010    

ミサイル防衛庁(MDA)は週末に予定されていたボーイング747-400F型を改造した空中レーザー発射母機(ABL)の飛行テストをキャンセルした。機内のミサイル追尾用カメラシステムの冷却問題が原因という。
  1. 飛行テストは当初は8月17日と予定されてたものが、21日に延期されていたが、原因は同じ理由だ。
  2. ミサイル防衛庁スポークスマンは8月24日深夜から午前4時をテスト時間として想定していたと発表。
  3. テ ストはABLでもっとも挑戦的なものになるはずで、ミサイル迎撃の有効射程距離をこれまでの二倍にする目標だった。射程距離は公式には発表されていない が、ゲイツ国防長官はそもそもABLの有効射程距離に批判的だった。同長官はイランのミサイル迎撃を上昇段階で行うには同機がイラン上空を飛行する必要が ある、と発言していた。
  4. ABL は数メガワット級の化学酸素ヨウ素レーザーを利用する。しかし、ペンタゴンは固体レーザー技術の開発を中心にしようとしている。この場合、動力源の規模が 大きくなるが、レーザー発生が容易になる利点がある。MDA関係者によるとABLが搭載する光学系システムは将来の固体レーザー試験にも利用できると いう。
  5. ケビン・キャンベル中将(陸軍宇宙ミサイル防衛軍団司令官)は陸軍の計画では今後7年ほどで中型機に固体レーザーを搭載したシステムの実用化を進めるという。■

2010年8月28日土曜日

F-35テスト開発の最新状況

F-22 Lessons Drive Faster F-35 Testing

aviationweek.com Aug 24, 2010  

エドワーズ空軍基地にて
                                                
F-35共用打撃戦闘機のフライトテストは予定よりも3倍早く進展しており、それに呼応して関係者は付随的な支援テストも予定を繰り上げる対応に迫られている。
  1. 同時に関係者によるとフライトテスト用の機材設備の追加投入の予定もあり、開発期間が13ヶ月延長となったことに対応しようとしている。
  2. 通 常型離着陸(CTOL)型のF-35A合計2機は5月以来53ソーティをこなしており、当初の予定では現段階で17回だったので進展が著しい。「予定では 150点だったテスト項目も536点まで実施できました」(461飛行テスト隊司令兼F-35統合テスト部隊(ITF)司令ハンク・グリフィス中佐)
  3. また空軍フライトテストセンター司令官デイビッド・エルクホン少将もF-35Aが「予想を上回る」進展を見せていると語る。
  4. F-22開発の過程で得た経験が結果を生んでいるとグリフィス中佐は話す。テスト開発に従事する人員もF-22の経験者が多い。同中佐はさらにITFとロッキード・マーティンが当初からF-22の経験からフライト前テストの遅延を回避しようと努力したのが大きいと加える。
  5. 「F- 22ではフライトテストの開始が遅れたのはテスト機の生産が遅れたためだ。F-35でもロッキード・マーティンと緊密に動いたのです」(グリフィス中佐)  その結果、到着したテスト機はトラブルがなく、テストを開始できる状態であったという。「当地に到着して二日目にテストフライトを開始し、二週間で9回 を実施した」という。さらにメンテナンス・支援要員もエドワーズカラパタクセントリバー海軍航空基地に飛び、あらかじめF-35取り扱いの経験を得たとい う。
  6. 熱 管理もF-35のテストチームが憂慮していた問題だったが、結局トラブルにはならなかった。「白昼3時間の運転でもオーバーヒートしませんでした」(グリ フィス中佐) 冷却した燃料も準備したものの使用されなかったという。ただし、IPP(統合動力パック、補助動力および緊急動力に環境制御システムを組み 合わせて重量軽減を図る)がサブシステムとなる動力・熱源制御システムのリトマス試験紙となるテストは今後投入される完全装備機体AF-3で試される。同 機では冷却はより重要な問題で、ブロック0.5仕様のミッションシステムソフトウェアが実装され、レーダーおよび電子戦装備も搭載されるためだ。
  7. AF- 3は現在ロッキード・マーティンで無饗室内テスト中で、10月に当地に移送される予定。同機の初期テストが開始される時期は気温が低い季節なので、気温が 上昇する来年春季以降が真の試練となる。二号機AF-4は年末に加わる。システムテスト用の機体は推力、空中給油、兵たん支援、武装統合、飛行性能拡大の 各種テスト評価に従事する。この段階でITFは規模を拡大し、短距離離陸垂直着陸(Stovl)型のF-35Bが配備されているパタクセントリバー海軍航 空基地に加え、ロッキード・マーティンのフォートワース施設も活用する。
  8. ITF の規模は最終的にはF-35合計8機に拡大する。当初より2機追加配備となる。また人員の補充も進んでおり、「予定よりも一年前倒しのテストを実施す る」(エルクホン少将) さらにチェース機材、空中給油機の乗員も加わる。ロッキード・マーティンからは112名のメンテナンス・テスト評価要員が追加派 遣される。政府および民間からは総計740名の規模になる予定だ。
  9. JSF運用テストチーム(JOTT)の発足が2012年に予定され、開発チームと運用テストチームの連携が強化される。同チームにはCTOL型、艦載Stovl型あわせて20機が配備される。そのうち2機は英国向けの機体となる。

2010年8月21日土曜日

JSFと新世代ジャマー

                                                                    

                                           

    
By David A. Fulghum
NAS Patuxent River, Md.
   
      1.                 

Will F-35 Customers Get Advanced Jammer?

Aug 12, 2010    

米海軍がF-35共用打撃戦闘機に搭載される予定の次世代ジャマー(NGJ)の性能の一部を明らかにし始めているが、敵防衛網を無力化する性能が同機の購入先の海外諸国のうち何カ国に提供されるのかが問題となってきた。
  1. 海軍及び国防総省長官官房はNGJの海外提供方針を決定していないが、このジャマーの搭載が防衛体制の強固な敵領空での生存性を大きく左右する。
  2. NGJ の中核技術は電子スキャンアレイ(ESA)である。これはF-22、F-35、EA-18Gグラウラー、F/A-18E/Fスーパーホーネット、性能改修 型F-15Cゴールデンイーグル、F-15Eストライクイーグルが搭載するレーダーの発展型。ESAはレーダーの有効範囲の三倍の距離をカバーし、ジャミ ング用の波形を送信し、メンテナンスコストは9割カットできる。
  3. 未 定なのがNGJシステムのJSF導入国への輸出だ。NGJはF-35を重防備の防衛体制から守り、敵の防空網を制圧する機能を有するが、米国のアナリスト はSA--20のような高性能ミサイルで防衛されている場合は生き残れるのはステルス、高高度スーパークルーズ能力のある機体だけだという。ロシアはイラ ン向けSAMの販売契約を結んでおり、今のところ装備の引渡しはしていない。
  4. 海 外でJSFを最初に受領するのはイスラエルになると見られており、19機で一飛行隊を編成する。ただし、米国とイスラエルはF-35の電子戦闘システムの ソフトウェアコードの公開で協議を完了する必要がある。また同システムの追加装備をイスラエルエアロスペースシステムズのエルタグループあるいはエルビッ トシステムズによって生産させるかを決めなければならない。
  5. イ スラエルの考え方はF-22あるいはF-35ならば小規模編成であっても抑止力の価値が十分にあるものの、少数配備では費用対効果が優れていないと見る。 また、米、イスラエル共に戦力構造が縮小に向かう中、無人機を主力の座につける考え方で類似性がある。ステルス機、非ステルス機を同時に使い、F-15の ような非ステルス機にF-35用にスタンドオフ・ジャミングを行わせ、F-35に敵の防空網内部に侵入させて、同機には「スタンドイン」・ジャミングを実 施させる構想だ。
  6. スタンドイン・ジャミングにはまだ定義がないものの、敵防空網内部で脅威を与えることとの認識が受け入れられている。
  7. そ れとは別にNGJの設計陣と海軍はNGJの搭載場所を機体内部で検討する必要がある。JSFは今も開発段階にあるが、機内の大部分がすでに他の装備搭載で 予約ずみである。その結果、海軍はJSFおよびEA-18Gではジャミング装備を外部装着する手段を検討している。この内グラウラーには低バンドのジャミ ングポッド一基を機体中央部に取り付け、主翼左右には中、および高バンドのジャミング装置をつける構想だ。





2010年8月14日土曜日

イスラエルの考える国土防衛体制の新しい形

Arrow 2
David's Sling

Israel Assesses Changing Threats

aviationweek.com Aug 13, 2010    

予算削減に加え脅威の内容が変化している中でイスラエルは今後の予算の割り振りに苦闘している。財政当局と国防省の議論はかれこれ一年も続いており、同国の存亡を左右しかねない争点では国論が大きく分かれている。
  1. イスラエルが新しい形の脅威にどれだけ早く対応できるか、また戦闘とその勝利の定義をどう変化させるべきかが、改めて同国内の問題意識となっている。
  2. 「イ スラエルが直面する課題を我々は完全に理解しているとは言えない。脅威は大きく変化している。通常型の軍備増強がその解決策とは必ずしも結びつかない。技 術革新、思考方法の変革等に一層の投資が必要であり、一方で戦闘、その勝利、その戦場の再定義をすることが求められる。」(ダン・メリドル、副首相兼情 報・核エネルギー大臣)
  3. 戦闘を取り巻く環境は急速に複雑化している。「国産のUAVの必要度は大きい。乗員の生命を危険にさらさずに、多数のミッションを実施できる。」(メリドル)
  4. UAVはミサイル防衛の一部として偵察・捕捉任務を実施することになるだろう。
  5. 「敵ミサイルの発見、位置把握には10秒か12秒しか余裕がない。今後はミサイル迎撃技術への予算投入を増やしていく。アロー迎撃ミサイルと新型衛星からの情報が重要な要素となる。」(マタン・ヴィルナイ国防副大臣、元陸軍参謀副総長)
  6. 「宇宙空間が一層重要になってきた。イスラエルは地上の面積に比べると宇宙で大きな存在だ」(ダニ・ハルツ空軍中将(退役))
  7. 同 中将が指摘するのは同国の地理的な制約条件が長期的には優位点になるという点だ。イスラエルが宇宙機を打ち上げる際には自転方向の反対にしてブースターが 他国領土に落下するのを防ぐ必要があるので、技術・計画双方で革新的な工夫が求められる。高性能機能を積み込んだ小型衛星を連続して打ち上げに成功した同 国はISR活動の拡大に向けた一歩に踏み出した。
  8. サイバー戦、高出力マイクロ波、ネットワーク侵入が同国の関心事だ。「敵の指揮命令系統が攻撃対象リストの上位にある。サイバーだろうがネットワークと呼ぼうが、結果は敵システムのソフトキルであることに変わりない」(ハルツ中将)
  9. 「サイバー攻撃はイスラエル国防軍の任務の一部だ。同時に空軍や情報部の任務の一部である。世界の他の地域と同じく、サイバー任務は第一歩を踏み出したばかりである。そのことを理解の上、可能なことは何でも実施する」(ヴィルナイ副大臣)
  10. 「サ イバー空間は新しい戦場であり現実のものだ。技術だけが革新的変化の対象ではない。ユーザーの側に変化が必要だ。世界のどこかの地下に隠れる小集団が攻撃 を仕掛けても、その所在を突き止めるのは非常に困難だ。国家による攻撃でなく、これは個人による攻撃だ。」(メリドル副首相)
  11. これ以外の関係者はイスラエルのサイバー能力について発言は慎重だ。
  12. 「実施可能な手段について、存在するとも存在しないともお伝えできませんが、仮に我が国がその手段をもっていても、それだけで勝利を約束するものではありません。まだ不確定な部分が多いので使用するにしても慎重であらねばなりません」(匿名のイスラエル国防軍退役高官)
  13. 新技術の開発にはネットワークも変化する必要がある。
  14. 「五種類の情報源を統合する仕掛けを作る必要があります。視覚、信号、通信、人的情報収集、公開情報です。受動的になっていては不十分です。インターネットを完全にかつ専門的に調査すれば、膨大な情報量が入手できますね」(同上高官)
  15. これは敵の側もサイバー空間を有効活用する可能性があることを意味する。前出の高官も「これまで以上に先読みをして、他機関と連携すれば信じられない内容の情報も手に入りますよ」と認める。
  16. 「各情報機関が自分だけの情報にしがみついていては機能しません。コンピュータのネットワークに、すべてを組み合わせるとひとつの絵になります。各機関がバラバラに動くのではだめです。」(あるベテランの情報アナリスト)
  17. ハルツも情報融合と情報活動の有効共有の重要性を強調している。
  18. 「目 標をGPS座標レベルで補足してリアルタイムで情報を正しく、正しい関係先に伝える装備が求められている。各分野で収集した情報を融合するシステムも必要 だ。陸海空軍で共通の言語が求められている。その結果、有効な手段と部隊編成でミッションを完了しながら一般市民の巻き添え被害は最小限におさえることが できるはずだ。」(ハルツ)
  19. 同 国政府高官の多くがイスラエルを脅かしている敵のミサイルにGPS誘導がまもなく装備される可能性があるとの点では意見が一致している。さらに、ミサイル の有効距離が伸びていることでイスラエルの重要戦略インフラ拠点のすべてが目標になっていると考えている。これでミサイル防衛体制の強化の緊急性が高まっ ている。
  20. 「全 土の防衛というよりも最重要の戦略拠点に重点的な防衛体制を実現するのが今日の防錆政策だ」と話すのは国家安全保障審議会をまとめていたジオラ・エイラン ド陸軍少将(退役)だ。「重点対象は数十箇所あり、100%確実な防衛を各施設に提供できるが、その集団については話すことができない」
  21. エ イランドが言及しているのは次の二つの新システムのどちらかだろう。「アイアン・ドーム」は短距離弾道ミサイルおよび長距離ロケット弾に対する低レベル防 衛システムだ。「ダビデの投石機」は中距離弾道ミサイルからの防衛手段だ。この二つを組み合わせて総合防空・ミサイル防衛システムとし、その中にアロー 2、そして配備がまもなく始まるアロー3を組み入れる他、ペイトリオットミサイルの性能向上型も活用する。この組み合わせで地上から大気圏上空に至る防衛 体制が完成する。
  22. 「空軍基地が攻撃目標となっても空軍なしで対応できるように地上発射型の対地ミサイルで長距離射程のものを開発したいし、いろいろな理由で潜水艦部隊も増強したい。」(エイランド)
  23. イスラエル海軍の潜水艦は高精度・長距離巡航ミサイルを搭載している。■

2010年8月9日月曜日

P-8Aポセイドンの飛行テストは順調に進んでいます

Third P-8A Poseidon Enters Flight Testing

aviationweek.com Aug 3, 2010    
ボーイングP-8Aポセイドンの三号機T3が7月29日シアトルで初飛行を完了し、現在パタクセントリバー海軍基地(メアリーランド州)への移送準備中だ。
  1. T3はミッションシステムと兵装認定用の機体で同基地でテストに従事している先行2機に合流する。初飛行ではボーイングと海軍のテストパイロットが同乗し、エンジン加速減速、自動操縦、補助動力、エンジン停止・再始動等の飛行チェックを行った。
  2. T3 は海軍システム開発実証契約(SDD)でボーイングが2004年受注したフライトテスト用機材6機のひとつ。一号機T1は滞空性証明用で2009年10月 からフライトテストを開始している。T2は主にミッションシステムのテスト用ですでに50時間のフライトテスト時間を計上している。SDDによりさらに3 機が製作中。
  3. T4が生産型と同じ内容でレントン工場で最終組み立てに入っている。
  4. 完成すると、ボーイング商用機からボーイング防衛システムズに引き渡される。T5とT6はスピリットエアロシステムズで胴体部分が製作中でこのうちT5は今月末にレントン工場に納品される。
  5. T4、T5、T6はパックスで初期運行テストと評価に使用される。静止テスト用のS1ではボーイングは110通りの試験条件で実施しており、S2を使ってライフサイクルのシミュレーションテストを2011年はじめに開始する予定。
  6. 米 海軍が予定するP-8Aの調達合計は117機で、対潜任務、対水上艦任務、情報収集、監視偵察でP-3と交代する。初期作戦能力獲得は2013年となる見 込み。ボーイングはP-8Iの初号機組み立ての準備に入っており、合計8機をインド海軍向けに生産する。これを機会にP-3を運行している各国、とくに オーストラリアへの売り込みを図る。■

2010年8月7日土曜日

F-35調達で意見が対立するイスラエル

      1.                 

Israel Debates Deterrence Vs. Cost On F-35

aviationweek.com Jul 29, 2010    

イスラエルが予定している共用打撃戦闘機 (JSF)F-35の第一陣計19機の取得費用27.5億ドルに対して、同予算は現有主力機を改装して長距離高速度ステルス兵装やセンサー類の改装に充当 したほうが得策ではないかとの意見が出ている。
  1. 同じように攻撃ヘリや情報収集専用機も安価な民 間機を改造して高性能センサーを装備して開発できると見る向きもある。JSFに対する見解が分裂しており、その結果イスラエル空軍が運用するJSFの機数 は当初計画よりも少なくなる可能性がある。
  2. 「今後は少ない運用機数で高性能の機体を配備の 方向だ。F-35はこの方向に合致している。同機の性能が宣伝どおりなら、国防予算の縮小にも対応できる。また、ステルス機、非ステルス機の同時運用にも 道が開ける。その結果、敵陣営が優勢な環境でも現有機の運用が可能となるだろう」(イスラエル空軍ダニ・ハルツ中将)
  3. とはいえ同機が高額であることが論争の的になっ ている
  4. 「予算は他の装備にも使いたい。高性能のF-16やF-15を改修して使えば予算の節約になり地上配備ミサイルのような必要な装備 の調達に回すことができる。空中発射スタンドオフミサイルはきわめて高い命中精度にあわせ長い射程距離があるので広く使用できる。F-35に予算を集中す るのは得策ではない。」(イスラエル陸軍退役中将G.レイランド)
  5. 中には安全保障が価格に優先すると考える向きも ある。「F-35 はイスラエル空軍には必須な装備です。では何機必要なのかが次の問題です。導入するとその他の装備はどうするのか。新しい価値観・作戦概念を作り他の現有 機を刺激するのです」(ホルツ中将)
  6. F-35 の魅力はステルスとスーパークルーズであり、F-35導入で第四世代戦闘機を多数交代させられるが、機体数の減は得策ではないと警鐘を鳴らす向きもある。
  7. 「いくら高性能でも同時に二つの場所で活躍はで きないのであり、絶対的な機数が必要だ。配備戦力を削減して戦場で必要なインパクトを与えることができなくなっている」(ホルツ中将)■

2010年8月6日金曜日

米空軍の新型通信衛星AEHFの打ち上げ迫る

USAF Plans For AEHF Launch Next Week

aviationweek.com Aug 4, 2010

米空軍はロッキード・マーティン製の高性能EHF(ミリ波)(AEHF)衛星1号機の打ち上げを8月12日に予定している。
AEHF-1 
  1. AEHF衛星は妨害を受けずに盗聴ができない通信の新時代を開くもの。同衛星はMILSATR衛星システムの一部となる。
  2. AEHFは地球上のあらゆる地点に(ただし両極頂点除く)高速データ通信を可能とする。
  3. 一号機単体で既存のMilstar衛星群の容量を超えており、末端サービスは従来の5倍に増えるという。
  4. AEHF一号機の軌道情報は秘密だが、打ち上げ後3ヶ月後に軌道を上昇して、西経90度で軌道上の機能チェックを3ないし4ヶ月かけて行う。
  5. 拡張データレート機能はAEHFで実現する高データレートの防護通信機能で、打ち上げ後一年以内に利用可能となる予定だ。
  6. AEHFはMilstar衛星群とクロスリンク機能があり、既存の端末を介して利用できる。
  7. ケープカナベラル(フロリダ州)からの打ち上げ可能時間帯は8月12日午前7時以降である。
  8. AEHF衛星開発にはカナダ、オランダ、英国が共同参加しているが、各国別の分担金額・利用可能な機能内容は秘密となっている。
  9. AEHF はこれまで幾多の難関を生き残っている。開発の契機は1999年にMilstar衛星の一機ガ喪失されたことで、ロッキード・マーティンを主契約社年、 ノースロップグラマンがペイロード製作を担当した。配備機数も変動を繰り返し、現在は4号機までの予定だがペンタゴンは長期的には6機の調達を予定してい る。
  10. 2009年12月時点のペンタゴンによる見積もりはAEHF6機で124.5億ドルだが、2002年には3機で61億ドルだった。
  11. 2号機は来春に打ち上げ予定で、3号機は2012年初めになる。世界規模のXDR通信機能は4機が軌道に乗る2010年代末まで待つことになる。■


2010年8月4日水曜日

米空軍: 調達方法を見直すべきか

USAF ISR Chief Calls For Procurement Changes

aviationweek.com Aug 3, 2010

デイビッド・デプチュラ空軍中将・空軍副参謀長(情報収集・監視・偵察担当)は装備調達のスピードを上げて、前線指揮官のニーズに呼応すべきと発言。
  1.  取得が早くなると次世代無人機システム(UAS)の配備がまず恩恵を受ける。
  2.   ペンタゴンの現在の装備調達は要求内容作成・精査の長いプロセスである共用能力統合開発システム(JCIDS)を経ないと購入ができない仕組みになってい る。JCIDSの承認に数ヵ年かかり、その後やっと契約者を選定して設計が始まる。                  
  3. デ プチュラ中将は退役前の記者会見で「JCIDSそのものは善意」で要求性能を実現する手段として構築されたと解説。しかし非正規戦闘と技術が急速に変化す る現在の状況では「そんなに待つ余裕がない」(同中将)。空軍の最新型ISR装備にはプレデター無人航空機、MC-12Wプロジェクト・リバティー有人情 報収集機があり、双方ともにライトパターソン空軍基地(オハイオ州)のビッグ・サファリ事務局が開発・導入をまとめた。この事務局は求められる性能水準を 迅速に実現し、伝統的な調達手順の制約を回避することで知られている。
  4. グローバルホークは従来型の調達方法で導入をしており、コスト上昇に悩まされている。ペンタゴン関係者の言によると国防長官官房は費用がこのまま上昇し続けると上院決議の内容に反する事態に陥るのを懸念している。
  5. デ プチュラ中将はビッグ・サファリ方式を「例外措置ではなく標準方式に」すべきと考える。例として次世代UASの実戦配備は最短で2020年で、かつ調達手 続きが適正に行われ、実際の製作が即座に開始された場合だという。「アルカイダにはJCIDS手順はない」と同中将は新型装備の第一線配備が一刻も早く必 要であることに注意を喚起している。前線に一刻も早く新しい装備を届けるためには調達手順を簡素化するしかない。
  6. 同 中将は次世代の攻撃・ISR用の無人機開発が高価になるという国防関係者の主張に反論している。次世代爆撃機の呼称もある同機の機能には自動再目標捕捉が あると同中将はほのめかしている。このためジャミングの対象になる再確認用の通信のやり取りが不要になる。これは高度の防衛体制を備えた中国のような目標 ではとくに求められる機能だ。ペンタゴン上層部にはこの機能のために費用が上昇するので、不要な装備だと見る向きがある。そうではないと同中将は言う。技 術が進歩してセンサー類の価格は経済的になり、敵地進入に最適な装備として各機体に搭載可能となるのだと反論している。■
コメント:最後尾に次世代爆撃機のコンセプトがさりげなく登場していますのでご注意ください。

2010年8月1日日曜日

アヴェンジャーUAVの開発状況

Avenger UAV Will Come in Two Variants

aviationweeek.com Jul 21, 2010
   
ジェ ネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システム(GA-ASI)はアヴェンジャー/プレデターC無人戦闘航空機を二型式で提供する。そのうちの一型式 にはレーダー吸収素材、共用打撃戦闘機と同様の電気光学センサー他の装備を搭載し、防御堅固な空域出の生存性を高める設計だ。.
  1. アヴェンジャーの最初のモデルは「対戦環境」(敵対勢力が存在するが、友軍がおおむね制空権を確保している)を想定。これに対し二番目のモデルは引き込み式の電気光学センサーを搭載する等の変更点があり、2011年早々に初飛行の予定。       
  2. た だしプレデターCはレーダー断面積(RCS)    テストは未実施だ。GA-ASIの技術開発本部は米国最大級のRCSテスト施設と文字通り隣接しており、コンピュータ上のRCS判定は良好なものの機体一 部にホットスポットが見つかっており、実際のRCSテストはステルス設計が完成してからになりそうだ。   
  3. 同 社によると米海軍が話題にしているのは完全ステルス性能よりも「バランスのとれた生存性」を無人空母発進空中偵察攻撃機(UCLASS)の仕様に取り入れ ることであり、一方で米空軍のMQ-X仕様はそこまではっきりしていないようだ。ただ空軍筋によると    空軍にとって優先順位が高いのはUAVのシステム設計を固めることであり、将来の多様な機体要求にこたえるものとすることであるという。■
m