2009年4月30日木曜日

高高度飛行船実証機の初飛行は本年8月


High-Altitude Airship Demonstrator To Fly in August Aviationweek.com 4月6日

ロッキード・マーティンは今夏に監視用プラットフォームとして飛行船を成層圏で運用するコンセプトを実証する。飛行船は無人で数週間にわたり高高度にとどまることができ、月単位も可能かもしれない。高高度から高感度センサーと通信有効範囲を大きくとることができる。ただ、強風と昼夜間の繰り返しの中で一定位置を維持できるかが問題となる。【実証機HALE-D]  「次の段階は実証機の建造です」(ロン・ブラウニング 在オハイオ州アクロン、ロッキード・マーティン社海洋システム・センサー開発担当部長)同社は縮小モデルを高度長期間飛行実証機(High Altitude Long Endurance Demonstrator, HALE-D)の名称で8月に飛行させる予定。HALE-Dは米陸軍宇宙ミサイル防衛司令部(SMDC)の予算で開発中の高高度運用実証機のひとつ。「長時間滞空には大きな需要があります」(ブラウニング) 陸軍科学委員会の2008年夏季研究会で中高度および高高度で飛行船および無人機を運用すると長時間にわたる通信、監視、偵察用プラットフォームとして最高との結論が出ていることをブラウニングは指摘する。
【開発経緯】ロッキード・マーティンは高高度飛行船(HAA)の開発に数年間従事しているが、同機のコンセプトへの支持を議会内で得るには苦労して来た。同社は2005年に総額149百万ドルでミサイル防衛庁契約を獲得し試作機製作をすることになったものの、2008会計年度にこれがキャンセルとなった。その後HAAはSMDCに移管され、縮小版の実証機を製作し、無人自立型で太陽電池を電源とする同コンセプトの技術実現性および軍事有用性を証明することとなった。
【HALE-Dの詳細】 一ヶ月飛行可能で、高度6万フィートで500ポンドのペイロードを持つ最終目標の代わりにHALE-Dは二週間50ポンドのペイロードという設計。二週間あれば日周の繰り返しの中で成層圏にとどまる機能を証明できる。HALE-Dは全長270フィート、直径70フィートで船体容積は500,000立方フィート(約14,000立方メートル)あり、グッドイヤー飛行船の二倍の規模であり、ロッキード・マーティンの係留式飛行船エアロスタットよりわずかに大きい。動力には宇宙船からの流用である高信頼性のフィルム状の太陽電池を船体上部にアレイ状に配置し15kwを推進力とペイロード用に供給し、40kwhをリチウムイオン電池に充電する。複数の通信機器、GPS/INS航法・飛行制御コンピューターがを搭載し、後者にはバックアップ用の電池が付属している。推進器は合計2基の2kwモーターであるが、ブラウニングは「本当は4基あれば制御が楽だし、冗長性が生まれる」と話している。SMDCからは通信装置とカメラのペイロードが供与される予定。
【飛行計画】HALE-Dはグッドイヤー飛行船のふるさとアクロンエアードックにて建造される。「アクロンで進空してから未定場所へ移動し、同地上空に滞空して有用度を証明したいですね」(ブラウニング) 「8月に飛行して気候条件を最大限利用したいのです」(ブラウニング) 夏の長い日照時間は太陽発電量を大きくし、電池に蓄積して夜間の飛行動力となる。また夏には米国大陸部上空では「風が温和となる」という。HALE-Dの巡航速度は高度6万フィートで20ノットで、風が吹いても定位置の維持が可能だ。「これ以上風が速くなるのであれば、もっと静かな地点を模索する必要が出るでしょう」(ブラウニング) 
【実用機のスペック】 SMDCの期待は実用型のHAAが半径2キロメートル以内に留まる2,000ポンド搭載、高度65,000フィート、30日間滞留可能というもの。

参考 ロッキード・マーティン社ウェブサイトでのHAA紹介ページ: http://www.lockheedmartin.com/data/assets/ms2/High_Altitude_Airship_productcard.pdf

2009年4月29日水曜日

ターミナル1に豚インフルエンザ関連記事を掲載

ターミナル1に豚インフルの影響①②を掲載しました。民間航空にとっては今回の事態はただでさえ、不況で苦しいときに泣きっ面にハチという感じでしょうか。海外出張の自粛が広がりそうですので、需要の回復にはさらに時間がかかりそうです。エアライン各社の株も下がってきました。ところで日本ではいつまでインフルエンザという言葉に執着するのでしょうか。フルーという短い言い方ができれば報道・発表のたびに大幅に時間が節約できるのですが。

UAV キラービーとは


Northrop Grumman acquires KillerBee UAV line

Aviationweek.com 4月28日

ノースロップ・グラマンはスイフト・エンジニアリングを買収した。同社は無人機キラービーのメーカー。バットと名称が変更されるこの無人機は6.5フィートから33.2フィートの全幅の異なるモデルで製造される機体・主翼一体型。スイフトはこれまでレイセオンと共同でキラービーを米海軍・海兵隊の小型戦術無人機(STUAS)のティアーII計画として提案していた。ノースロップ・グラマンはバットをSTUAS他の候補機として提案するという。ノースロップ・グラマンは以前からスイフトと共同で小型無人機を開発しており、2006年3月にキラービー4(全巾10フィート)を発表している。しかし、両者は業務上の合意ができないまま、2007年に提携を終了している。その時点でノースロップ・グラマンはオーロラ・フライト・サイエンシズと提携してゴールデンアイ80ダクトファン式UAVをSTUAS/ティアーII用に提案する予定であったが、オーロラが要求性能に垂直離発着が入っていないことを理由に公募提案を辞退してしまった。ノースロップ・グラマンはSTUAS/ティアーII提案に応募するかを明らかにしていないが、STUAS計画では今年後半にユマ試験場(アリゾナ州)で飛行実証実験の実施が条件となっており、性能水準が技術対応度6以上となっていることを証明しなければならない。同社はスイフトに引き続きバットシリーズの設計改良、製造準備、飛行試験・支援と製造全般に当たらせる。スイフトはカリフォルニア州サンクレメンテに本社があり、レーシングカーも製造している。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

2009年4月26日日曜日

米本土の防空体制に黄色信号

Questions On U.S. Air Sovereignty Mission

Aviationweek.com 4月23日


米空軍における戦闘機の不足により、海軍が本土防空ミッションの補完にあたることになるかもしれない、と国防総省が予想している。米空軍で防空任務につく機数の8割で代替機ないまま退役を迎えることになるとの証言が下院軍事委員会公聴会において4月22日あった。州軍部隊合計16のうち、11隊がF-16を運用している。そのうち、8隊の機体寿命が2015年から2017年にかけて終期に到達。民主、共和両党の議員が国防総省に対して不満感を募らせている。これに対しピーター・ヴェルガ次官補は海軍・海兵隊の機体を利用して防空ミッションを補強する準備をしていると答弁。本誌に対し同次官補はF-15部隊が地上待機となっていた間に海軍の艦載機が任務を補完していた前例があると指摘した。

【海軍機で代替できるか】 同次官補は海軍機が必要となる時期については明言せず、どの機種を使うかも発言しなかったが、海軍もF/A-18E/F型の追加購入が出来ないと戦闘機不足になると予測している。ゲイツ国防長官は現在進行中のミッションの観点からは海軍には余剰戦術機があると考える。F-15部隊はその後、飛行可能となり復帰したが、老朽化が進む機体では同じような問題が突然発生し、空軍の作戦実施能力が損なわれる事態が発生すると憂慮する向きもある。ヴェルガ次官補に同調するのがデイヴィ・ダゴスティノ会計検査院本土防衛担当部長、ダニエル・ダーネル米空軍中将(空軍幕僚次長)およびハリー・ワイアット州軍航空部隊司令官である。ペンタゴンに対し最も反対の声を大きく上げているのがガブリエル・ギフォーズ下院議員(民主、アリゾナ州)である。「将来の任務実施が危うくなっている」と同議員は発言。空軍は「急速に近づく戦闘機不足」に目をつむっているというのだ。第162戦闘機部隊がアリゾナ州ツーソンに駐留しており、F-16を運用しているが、改修作業を実施しないと全機が6年以内に飛行不能となると同議員は発言。
【州軍で深刻な機材不足】 ワイアット中将は州軍航空部隊にF-22およびF-35が配属されるのは「遅すぎる」し、配下の部隊に第五世代ステルス戦闘機が早期に配属されたとしても、運用上は多くの問題に直面すると発言。各基地では2014年後半には防空パトロール用機材の不足が発生し、2020年には機材がない基地の数が最大に達すると、ダゴスチティノの会計検査院のデータが示している。ギフォーズ議員は従来型の第四世代戦闘機であるF-15EやF-16ブロック60をいまさら購入しても始まらないと考える。ゲイツ長官がF-22の生産を187機で終了すると発表したのを受けて、ワイアット中将派従来型機材を購入するべきかについては発言を控えた。もし、議会が現行の厳しい財政状況の中で打四世代機材がもっと必要と議決するのであれば、ワイアット中将は議員に巡航ミサイル攻撃、無人機、海上の脅威に対応するには高度技術が必要であることを考慮すべきと主張している。
【今後の見通し】下院小委員会では繰り返し長期立案の不足を批判されていることに対してヴェルガ次官補はミッション遂行に影響は出ないと発言し、ダーネル中将は次回の国防計画見直しでは本件について何らかの方向性が出てくるものと期待している。

2009年4月24日金曜日

NRO副長官人事


hit counter


web counter


cheap ultram

Sapp To Assume Key NRO Position

Aviationweek.com 4月16日

ゲイツ国防長官は国家偵察局(NRO)の筆頭副長官にベティ・サップを任命した。サップの現職は国防次官(情報担当)付調達資材責任者。在任中は国防総省と各情報機関との間の政策対立として中止となった宇宙配備レーダーとBasicと呼称の電気光学衛星画像情報収集をめぐる対立等をまじかに見てきた。NROにおける課題の中には新型電気光学・赤外線情報収集衛星の調達戦略があり、本計画はオバマ大統領により承認をうけたばかりのもの。その狙いは複数の電気光学・赤外線衛星を配備し、アメリカの画像情報収集能力の優位性を確保すること。本案件はロッキード・マーティンが単独受注するものと広く信じられているものの、NROは調達方針を公表していない。ブレア国家情報長官はサップ人事を了承しているという。サップの登用は議会の承認を必要としないが、三ヶ月前に同局を退任したラルフ・ハラーの後任となる。また、スコット・ラージNRO局長も今月に退任予定だが、後任人事の発表はまだない。

2009年4月21日火曜日

エンブラエルの新型輸送機KC-390続報

hit counter


web counter


cheap ultram

Embraer Sees World Market for New KC-390 Tanker/Transport

Aviationweek.com 4月19日 

この不況下でエンブラエルにとって13億ドルの受注で軍用輸送機開発に着手できるのはこの上ない好機だ。同社は空中給油・輸送機をブラジル空軍向けに開発を開始することで防衛関連売り上げを伸ばし、民間機の好不況サイクルを緩和することも出来る。契約期間は7年でターボファン動力のKC-390を開発する。同機の開発で戦術輸送機の機種構造が変わり、ロッキード・マーティンC-130Jに真っ向から競争する機体が出現することになる。

【挑戦か】 逆にロッキード・マーティンは戦術輸送の想定される任務すべてを実行可能な機体を開発するのは生半可ではないと見ているが。KC-390はエンブラエルが手がける最大規模の機体となり、同社のみならず競合他社からも挑戦だと見られている。特に、エアバスA400M軍用輸送機の開発の遅延とロッキード・マーティンがC-130Jの実用化に相当の時間を必要としたことが念頭にある。ブラジル空軍が開発費用を負担するとはいえ、開発が遅れるとエンブラエルの防衛部門の業務拡大に影を落とすだろう。競合他社からは13億ドルで完全に新設計の軍用輸送機を作れるのだろうかという疑問もある。エアバスはA400M関連で50億ドルを受領していながら、同機はまだ初飛行に至っていない。ロッキード・マーティンはC-130改良型に12億ドルを投入している。

【ブラジルの狙い】 KC-390プロジェクトはブラジル政府の戦略で国防力とともに産業基盤を強化するもの。その他としてF-X2(新型戦闘機)を120機、ユーロコプターEC725輸送ヘリの現地生産、フランスの援助で原子力潜水艦建造、フランス宇宙開発期間CNESの支援で衛星打ち上げ能力獲得が含まれる。

【開発経緯】エンブラエルがC-390として軍用輸送機のコンセプトを発表したのは2007年のラテンアメリカ航空技術展示会においてであったが、設計は相当変化している。当時はエンブラエル190リージョナルジェットを「迅速かつ簡素に」6億ドルの費用(うち空軍が4億ドル負担予定だった)で改装する構想であった。C-390コンセプトに対する潜在顧客の反応が設計図を大幅に変えた。もはや190の派生型ではなく、開発費用も全額ブラジル空軍負担となった。

【慎重な開発プロセス】リスク低減策として4段階に分けて開発が行われる。第一段階(12ヶ月)は研究活動であり、最終設計は第二段階まで凍結となる。その段階で部品供給業者、生産分担業者全部を決定し、第三段階にはいる。最終段階では詳細設計、機体組み立て、飛行テストを試作機合計2機で行い、型式証明を合衆国FAR25輸送機分類で取得するとともに本格生産の準備に入る。初飛行の予定は2013年で就航は2015年、ブラジル空軍は合計22機を取得する。

【機体・性能】 ブラジル空軍の要求内容はC-130を代替するものだが,機体だけを見るとC-130がKC-390よりも大きい。KC-390の離陸重量はグロスで72トン、うち燃料は主翼内に22トンでペイロードが19トン。これはC-130Jに匹敵するもので、A400Mの半分だが、両機ともターボプロップ動力機だ。KC-390には空中燃料給油口と給油能力が両方あり、空中給油任務では9.5トンの追加燃料を輸送庫内に格納できる。動力は27,000ポンドのターボファン二基で、離陸滑走路長は1,100メートル、巡航高度は36,000フィートで最高速度はマッハ0.8、飛行距離は完全搭載で1,500海里、フェリーで3,000海里の飛行が可能。貨物スペースの床が完全に平坦で高さの制限がないことから従来型の輸送物より20%から25%大きくても輸送可能だ。

【競合】 海外市場ではKC-390はC-130Jと真っ向からの競争となる。ロッキード・マーティンはすでに来年には24機増産の計画に入っている。エンブラエルは今後15年間で合計700機の需要があるものと見ている。これに対し、ロッキード・マーティンは10年間で200機程度と見ており、エンブラエルの市場規模予測は過大と見るが、市場としては魅力があることについては認めている。その裏には軍事輸送に加えて人道援助ミッションの増加がある。まだ決定に至っていないのはエンブラエルがKC-390のエイビオニクスを自社で取りまとめるかどうかである。これまでは同社は外注としていた。これもリスク低減の一環として見られている。A400Mの遅延が3年で、不満を感じる各国がC-130J発注に向かっている中、エンブラエルは軍用輸送機市場に参入することになる。

【生産体制】 同社はKC-390契約受注と時を同じくして4,200名の一時解雇をしたが、技術陣の削減はしていない。今後は雇用が徐々に増え、総数2,000名程度になると見られる。KC-390開発で同社が他の民間用大型航空機の開発が出来なくなる影響はないと見ている。同社は別途今後18から24ヶ月で150席程度の新型機設計を完成する予定。KC-390は同社のガビアオ・ペイホトGaviao Peixoto工場で生産の予定で、大型機体製作の貴重な経験が社内に蓄積されると期待している。

2009年4月20日月曜日

KC-X: 二機種同時購入に反対の国防長官



hit counter


web counter


cheap ultram


Gates Continues to Oppose Split Tanker Buy

Aviationweek.com 4月17日

懸案の次期空中給油機の導入でボーイングとノースロップ・グラマン/EADSから同時に機材を購入する案にはゲイツ国防長官は「体を張ってでも」反対するとマックスウェル空軍基地の空軍大学で空軍幹部を前に発言している。これに対する反応は大きな拍手であった。同日の記者会見で機種が二つになれば訓練、保守点検、兵站それぞれで二つの仕様が必要となるので反対だとの立場を表明。空中給油機が二機種になると開発費用は5年間で140億ドルにのぼり、一機種に絞り込む際の二倍になるとも説明した。国会議員の中には何度も仕切りなおしとなっている空中給油機導入問題の解決のためには政治的な理由から二機種同時購入案を支持する向きがある。ノースロップ・グラマンもこの案の支持があるかを打診している。

コメント:世紀をまたがったこじれにこじれた米空軍の大問題です。政治的には両方を取得すれば丸く収まるのですが、やはり長官の言うとおり=空軍運用側の考えるとおり、どちらかに決着をつけねばなりません。機体としてはKC-30(A330)の方が大きくて応用が利くように見えるのですが、日米伊で共用となることを考えるとKC-767に最終的には軍配が下るのでは。(写真 KC-767とKC-30それぞれの想像図)

2009年4月18日土曜日

プレデターC型アベンジャー



hit counter


web counter


cheap ultram


Predator C Avenger Makes First Flights
Aviationweek.com 4月17日

長く噂されていた、ステルス性を強化してジェットエンジン搭載のプレデターC型アベンジャーがジェネラルアトミックス航空システムズGeneral Atomics Aeronautical Systemsで完成。
【性能】滞空時間は20時間。飛行速度は400ノット以上、運用高度は最高60,000フィート。外観からはステルス性が強化されたことが明白。動力はプラットアンドホイットニーカナダのPW545B(推力4,800ポンド)で排気の赤外線特徴にはシールドがかけられる。排気口まではS字型で、排気温度を下げ赤外線特徴を軽減するほかレーダー探知を難しくしている。
【装備】機体内部には500ポンド爆弾にGBU-38JDAMユニットとレーザー誘導を装着して搭載する。全長は41フィートで、兵装格納スペースは10フィートと思われる。兵装倉の扉を外せば広範囲監視ポッドを機体に半分格納して搭載できる。C型の兵装あるいはセンサー搭載量は3,000ポンド。ステルス性が必要なければ機体、主翼の外部に装備を搭載可能。兵装庫内に追加燃料槽を装着すれば飛行時間を2時間延長できる。機内の電源は45kvaとB型と同じ。全天候アクティブ電子スキャンアレイ(AESA)レーダー以外に広範囲監視装置(米空軍が供与予定)を搭載できる。リンクスSARは機首下部に搭載すると思われる。試作機にはEO/IRターレットが見られないが他のプレデターに装着されているので、機体格納式になっているのかもしれない。
【海軍での採用可能性】主翼は折りたたみ可能で格納庫あるいは空母での運用を想定。かねてから同社は海軍向けにプレデターの運用可能性を訴えてきた。海軍はB型の性能に関心を示したものの、プロペラ動力機を理由に空母搭載を否定。C型には着艦フックがついており、同機の艦上テストが予定されていることが推察される。現状では米空軍ならびに英空軍の運用が最有望される。
【今後の見通し】初飛行は4月4日に成功しており、今後2,3ヶ月は試験を続ける。正式に採用側の予算が投入されれば10から12ヶ月で同社のポーウェイ新工場(カリフォルニア州)で作戦稼動機がロールアウトする見込みだ。同社ランチョ・ベルナルド工場はプレデターA型B型の生産で手一杯の状態だが、C型の生産に支障はないと見られる。A型は今後生産終了になる。ポーウェイ工場はランチョ・ベルナルドの三倍近くの大きさであり、サイバースプリングス工場も利用可能。ジェネラルアトミックスはペンタゴンの要求を待たずに自社費用で必要と想定される仕様の開発を行っている。これが各軍ならびに情報機関で多用されるプレデターシリーズの成功につながった。
【プレデターシリーズ】同社はアベンジャーへの投資額については明らかにしていないが、おおよそB型開発実績の二倍だという。A型(MQ-1)はピストンエンジンで長時間滞空かつ武装発射能力を実現した。ターボプロップにしたB型(MQ-9)は兵装搭載能力が大幅に向上し、速度と実用高度も増加。C型の速度はさらに増加し、迅速な展開が可能となり、作戦柔軟度と生存性が高くなる。
【影響】プレデターCの初飛行が成功し、有人航空機の削減が計画されていることに反対派が懸念を高めている。海兵隊カートライト大将は戦術航空機の編成に高コスト・中コスト・低コストの機体と性能の組みあわせでF-22、F-35および武装UAVとしてプレデターB(リーパー)を提唱。ただリーパーは低視認性機体ではないのでF-22およびF-35とは異質。それに対しアベンジャーは低痕跡で飛行できる。戦術機にはその他F-16C、F-15C、F-15EがAESA(電子スキャンアレイレーダー)を搭載することで補助できる。反対派はゲイツ国防長官とカートライト大将による方針決定に武装UAVを取り入れることに警戒感をもつ。軍事上の必要性よりも経済上の事情を優先することは誤りであり、「プレデターCがF-35の代わりとなる」ことを恐れると匿名の元空軍パイロットの空軍高官(調達担当)は語る。

2009年4月16日木曜日

エンブラエルKC-390空中給油・輸送機開発にゴーサイン


hit counter


web counter


cheap ultram


Embraer Launches KC-390 Tanker/Transport

Aviationweek.com 4月15日

エンブラエルはブラジル空軍の契約を獲得し、13億ドル・7年間の期間でKC-390軍用空中給油機・輸送機の開発を立ち上げた。同機の初飛行は2012年、就役は2015年の予定。同機はターボファン双発、高翼の設計。4月14日にラテンアメリカ航空防衛ショー(リオデジャネイロ)で発表されたもの。ブラジル政府は試作機合計2機および生産用冶工具含む開発費用全額を負担する。エンブラエルCEOフレデリコ・F・クラドがAviation Weekの取材で答えたもの。同社は2007年の

同じショーで軍事輸送機の検討案を展示しており、エンブラエル190リージョナルジェットの改造型として6億ドルの費用で開発するコンセプトであった。ただし、クラドは「同機は現実的な機体ではなかった。任務のすべてを実行できなかっただろう。」と語る。フライバイワイヤ式のKC-390は高翼、ターボファン双発、T字尾翼の構造こそ同じだが、全面新設計でブラジル空軍の要求にこたえるばかりか、ロッキード・マーティンのC-130Jに対抗できる機体である。エンブラエルは今後二年間で詳細検討を完成させ、部品メーカー選定を空軍とともに行う。クラドはKC-390は「国家プロジェクト」であり、別メーカーあるいは海外の関与の決定は政府の決定事項という。同機の組み立てはエンブラエルのガビアオ・ペイホト工場にて行われ、同社にとっては最大の航空機となる。また、同社にとっても軍用機製造は久しぶりのことになる。

コメント 同社のプレスリリースによるとC-390の貨物搭載量は最大19トンとのことです。開発が遅れているわが国のC-Xが37トン、C-1( 8トン) C-130H(20トン)なので、確かにC-130に匹敵するクラスになるわけです。ブラジル空軍の必要とする機数は20機程度と限られていますが、いまや各国に販路を広げた同社ですので、当然C-390も各国の注目を浴びるでしょう。価格が訴求力になるのではないでしょうか。それにしても1950年代から稼動しているC-130が今でもこのクラスの輸送機の主流というのはひとつの驚きですが、その間に開発力をつけてきた新興国がもうそこまで来ているということですね。 

2009年4月15日水曜日

EP-X(次期米海軍電子戦専用機)


hit counter


web counter


cheap ultram

EW Competitors Begin Defining Efforts

Aviationweek.com 4月14日

ボーイング737から開発の次期海軍哨戒機P-8Aポセイドンの初飛行は今年中と見られていますが、早くも派生型EP-Xを同機から作ろうという動きが活発化してきました。



次期電子戦用機材として海軍のEP-X、陸軍の空中共用センサー機、空軍のリベットジョイントの各計画があり、契約獲得を目指して各社が準備を始めた。「現在利用できる機材を幅広く検討しているところです。有人、無人を問わず、要求性能を実現できる機材を求めています。」(P-8AとEP-Xの計画責任者マイク・モラン海軍大佐) ブーズ・アレン・ハミルトンのロバート・ワッツがEP-Xの選択肢分析の責任者となったところであり、国防長官官房がEP-X検討の実施を承認した。

「データリンクを共用してP-8AとEP-Xの電子戦装備をEA-18Gにつなげて、以前のデータ、現在のデータ、ならびに今後の予測ができるようにする」EP-Xとグラウラーでシナジーが可能と、ボーイングは見ている。EP-Xが遠距離の発信源を探知し、グラウラーが発信源に対して電子攻撃を行う一方、EP-Xは別の行動を取れる。グラウラーには目標別に対応する能力があり、高出力のジャミングが可能だ。

EA-18Gの配備数とEP-Xの広範囲な探知能力を考慮して、個別・特化任務はグラウラーにまかせ、EP-Xには戦闘空域の監視、目標捕捉、電子戦任務を割り振ることになるのではないか。
ボーイングはEP-X用のレーダーの選択肢を検討している。アレイが大きいと小さい目標も捕捉できる。ひとつの考え方は機体中央線上にレーダーをカヌー形状で搭載すること。別の考え方では機体と一体型のアレイがあるが、実際にはアレイを機体に組み込んだり、平坦にする必要はない。

(写真はP-8Aの想像図です)

2009年4月11日土曜日

ミサイル防衛の新しい展開


hit counter


web counter


cheap ultram


Aviationweek.com 4月8日

国防総省関係者はゲイツ国防長官による懸案の地上配備中間コースミサイル防衛による弾道ミサイル迎撃に関する新しい方針が明らかにした。三段式の軌道推進式の迎撃兵器(GBI 地上配備迎撃機とも呼ばれる)を合計40基、フォート・グリーリイ(アラスカ州)とヴァンデンバーグ空軍基地(カリフォルニア州)に配備するのが当初の計画であった。しかし、新方針ではフォート・グリーリイへの配備は26基までとし、ヴァンデンバーグは4基となる。ただし、配備済み分の発射後あるいは撤去後の予備機の購入が実現するかは不透明。ブッシュ政権のGMD案ではいわゆる東欧第三配備地を想定し、チェコにレーダー基地とポーランドに二段式GBIを10基配備する予定であった。この案では2013年ごろに米軍の施設稼動を想定していたが、オバマ政権がロシアとの新外交を検討中であることを考慮し、説明上は動きを遅くしている。ゲイツ案では多弾頭破壊運搬機の開発中止とともに空中配備レーザーも開発の道を閉ざす一方で最終段階高度広域ミサイル防衛(THAAD)とイージス弾道ミサイル防衛システムを進めることを目指し、ミサイル防衛庁に変化を与えるもの。その反面、中間コース防衛は中心からはずれ、捕捉が困難とされる敵ミサイル加速段階での防衛に関心が高まっている。

(写真はTHAADミサイル) 

2009年4月9日木曜日

UAVが戦闘機編成の一部となる



hit counter


web counter


cheap ultram


Aviationweek.com 4月7日

ゲイツ国防長官は現在の戦術航空機編成は「要求数に対して著しく過剰」であるとし、この見方が2010年度に機齢が古い250機を退役させ、F-22生産を187機で打ち止めにする決定につながったと見られる。同長官は部隊編成案は空軍からの提案というが、ノートン・シュワルツ大将(米空軍参謀総長)はF-22はあと60機以上が必要と報道記者に発言している。この見解もゲイツ長官による国防計画の見直しの中で変化した。統合参謀本部副議長のジェイムズ・カートライト海兵隊大将は戦術航空機の新しい編成は高性能機・中程度性能機・低性能機の組み合わせでF-22、F-35および国防関係者には驚くべきことにリーパー無人機の構成という。ゲイツ国防長官は10月1日から始まる2010会計年度内に250機の古い戦闘機を退役させると発表。その多くはF-16とA-10であろうと関係筋は見ている。第一線から消える機数の一部がジェネラル・アトミックス製のリーパーで代替される。カートライト大将は「これまではF-16,F-15,F-15Eが想定されていた分野でリーパーの使用は想定されていなかったが、現在進行中あるいは今後の戦闘状況を考えると、必要な空域に長時間滞空でき、最大搭載量の運搬が毎回必要となるわけでないので、無人機の運用が質的な利点となる」と語る。そうなると、F-35と新型のリーパーが今後の戦術航空機生産の中心となることになる。ゲイツ長官はすでに新型爆撃機の調達を中止する決定をしているからだ。

ゲイツ案が議会で承認されればボーイングのセントルイス工場はスーパーホーネット31機の生産を期待できる。これは海軍向けF-18の複数年度調達の開始を意味することになろう。一定数の購入をF-35や海軍の沿岸戦闘艦で実行することが産業基盤の維持につながる戦略であるとゲイツ長官とカートライト大将は考える。「F-22とF-35では性能がちがいますが、両者を組み合わせたほうがF-22とF/A-16やF-16やF-15との組み合わせよりも効果が高くなります。F-22とF-35の組み合わせで現在そして将来の脅威に十分対応できるものです。」
一方でF-35計画のてこ入れとして同副議長は同機のテスト用機材購入を追加し、空対空また空対地能力のテストを同時並行で行えるようにし、どちらかの遅れが全体に影響を及ぼさないようにするという。ただし、2010会計年度に具体的に何機を追加購入するかは言及しなかった。

2009年4月4日土曜日

新型情報衛星でホワイトハウスにブリーフィング



hit counter


web counter


cheap ultram

White House to Get Intel Satellite Briefing

Aviationweek.com 4月3日


ホワイトハウスは来週早々にも情報収集衛星の今後の購入方針について背景説明を受ける予定であることが業界筋とペンタゴンから判明した。各情報機関はハイエンド技術で大型の衛星により電子光学(EO)および赤外線(IR)による情報収集任務を実行したいと考えている。ペンタゴンは一方で中型衛星を低軌道で運用する構想を提唱している。低軌道に乗せると運用期間が短くなるが、国防総省は反面で購入基数を多くすることで相殺されるし、製造メーカーにとっても生産計画が立てやすくなり、専用生産ラインを立ち上げることも可能と主張する。一方、情報機関側が新技術しかも成熟していない技術を搭載した大型衛星を目指すのであれば、10年かけても実現は困難だろうとペンタゴンは見る。軍と情報機関両方の関係者は国家情報長官デニス・ブレアと国防長官ロバート・ゲイツはオプションで合意しているものと見ている。その戦略とはボーイング主導の未来型映像アーキテクチャの挫折後では初のEOとIRの結合を求めるものだ。ボーイングに替わり、現在はロッキードマーティンがプロジェクトを担当している。


コメント: Future Imagery Architecture は現行のKH-11等の既存情報収集衛星に代わる新世代の衛星システムのようですが、ちっともその全体像がわかりません。今後の安全保障の要となるわけですから、ホワイトハウスから余計な茶々が入らないことを祈るばかりです。

2009年4月3日金曜日

イラク空軍の再建計画


hit counter


web counter


cheap ultram


Aviationweek.com 4月1日

イラク空軍の再建は11年で3段階の計画。T-6練習機購入とロッキード・マーティンF-16を2010年代中ごろまでの導入が含まれる。ワシントンで軍事筋が明らかにした。だが、同国の財政状態はきわめて厳しいのも事実。「今のところ予算が一番の制約条件です。予算がついたものから実施するしかありません。」(フランク・ヘルミック中将、在イラク多国籍安全保障移行司令官) ヘルミック中将によるとイラクは最大24機のホーク・ビーチクラフトT-6練習機の導入を交渉中だが、第三回イラク航空防衛サミット会議(ヴァージニア州マクリーンで開催)において同中将はこの取引が成立する保証はないと発言。同練習機はF-16合計36機の2015年ないし16年導入に先立ち引き渡されることになる。2008年12月に国防安全保障協力局(DSCA)はイラクが20機のT-6Aテキサンを合計2.1億ドルの海外軍事販売の一部として公式に購入希望と発表した。イラク空軍(IAF)の現有練習機はセスナ172スカイホークとセスナ208Bキャラバンの編成。DSCAはIAFの近代化には新型T-6が必要で、導入すればAT-6軽攻撃機への移行も円滑になると発表した。IAF幕僚長アンワル・アーメッド中将は4月1日記者会見席上でイラク・イラン戦争とサダム・フセイン失脚以来の混乱を経て軍の再編に奮闘している最中と述べた。IAFのめざすところは統率のとれた装備の完備した部隊として国境を守り、近接航空支援、情報収集、監視偵察を実施する能力を獲得することにある。そのために、IAFは今年から3段階の計画を作成した。第一段階は2011年までで、第二段階が2015年まで、そして最終段階が2020年に完了する。その目標には多用途戦闘機の取得、中軽度の防空早期警戒能力の獲得が含まれる。だが、同幕僚長は価格の乱高下と内戦から抜け出して再建を図る同国の厳しい状況の中で困難な選択を迫られている。ヘルミック中将はイラク軍全体の再建計画には年間90億ドルを6年間にわたり必要と語る。今年度に同国国防省は45億ドルを確保できる見込みという。

(写真T-6 の新旧世代、オリジナルT-6 と今日のT-6 ニックネームはどちらもTexanです)