スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

AC-130Jは究極のガンシップになる、だがまだ実戦投入できず

AFSOCは対テロ戦にずっと従事して16年間戦っているわけですか。米国にとって最長の戦いになっていますね。空軍の中に陸軍があるようなものなのでしょうか。すごいです。レーザーが果たしてうたい文句通りの効果を発揮するのかシリア等で実証する役目もありますね。

The U.S. Air Force's 'Ultimate Battle Plane' Is Nearly Ready for Combat米空軍の「究極の戦闘航空機」は戦闘投入まであと一歩

Task and PurposeJared Keller September 22, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/the-us-air-forces-ultimate-battle-plane-nearly-ready-combat-22410?page=show

米空軍のAC-130Jゴーストライダーは次世代ガンシップで「究極の戦闘航空機」とか「銃搭載の爆弾トラック」とも呼ばれ9月末には何も知らない地上の敵に一斉射撃の雨を降らせるよういなると米空軍特殊作戦軍団AFSOCが9月19日に発表している。 「IOC初期作戦能力獲得を今月AC-Jでおこなう」とマーシャル・ウェッブ中将Lt. Gen Marshall Webbが空軍協会の年次カンファレンスで報道陣に発表している。「これは完全装備のガンシップだ」 改装を受けたC-130JはAC-130Hスペクターの後継機として発注されていた強力な近接航空支援機材で30mm GAU-23/A自動機関砲x1および精密誘導弾薬としてGBU-39小口径爆弾、AGM-176グリフィンミサイルを搭載する。兵装システムを制御するのが精密攻撃パッケージPrecision Strike Package (PSP)でAC-130WスティンガーIIで2009年から運用テストをしていたものでGPS誘導機能や新型火器管制インターフェースがあるとMilitary.comが伝えている。 だが何と言ってもゴーストライダーの最大の特徴は105mm M102榴弾砲の威力で毎分10発の50ポンド弾を恐るべき正確さで発射する。105ミリ砲の追加装備はAFSOC内部の議論を経て2015年1月に確認されたゴーストライダーの追加装備は次世代空中戦艦の必要装備…
最近の投稿

米空軍がスコーピオンに関心示す、軽攻撃機実証に続き軽ISR機材になるのか

スコーピオンにやっと出番が来るのか、当初は関心さえ示さなかった米空軍もさすがにここにきて時間当たり運航費用が数千ドルですむ同機の経済性を無視できなくなったのでしょうか。でもあれやこれやと大型化してせっかくの経済性が犠牲になっては元も子もありません。あ、まだ採用されたわけではないので心配は不要ですね。それにしても次世代軽攻撃機の実証結果はいつわかるのでしょうか。ここでもスコーピオンの優勢が期待されますね。 テキストロンのスコーピオン、テスト飛行中 (Darin LaCrone/Textron Airland)
Light ISR: The Air Force’s next experiment?米空軍は軽量ISR機材の実証も行うのか。
By: Valerie Insinna    7 hours ago http://www.defensenews.com/digital-show-dailies/air-force-association/2017/09/21/light-isr-the-air-forces-next-experiment/
NATIONAL HARBOR, Md. — 米空軍が安価な既存機材を軽量情報収集監視偵察(ISR)機材として空軍が進める軽攻撃機材検討と並行して機能実証の機会を設けるべきかの検討をしていることが分かった。 空軍は軽攻撃機候補四機種の実証を8月にホローマン空軍基地(ニューメキシコ)で行ったばかりだ。この実証ではテキストロンのスコーピオンがマイク・ホームズ大将Gen. Mike Holmes航空戦闘軍団司令官の注目を集めたのはモジュラー機体設計で広範なセンサー装備を搭載できるからだ。 ホームズ大将は同様にISR機能に絞った実証ができないか検討していると述べている。 「機内に相当の格納部分がある機材が多い中でセンサー多数を搭載する余地があるスコーピオンは興味をそそる対象」と9月18日の空軍協会主催年次総会で語っている。 「推力がもう少しあれば冷却能力が増える。この機体をペイロード実験に使えないか提案しており、今後の実験も期待したい」 ただし軽量ISR機の実証実験は正式決定ではないがホームズ大将によれば空軍上層部は既存機材でも航空優勢で心配のない空域を偵察任務をMQ-9リーパーのような機材より低コストで実施できるのかを検討しているのだという。 米空軍が…

金正恩の除去という可能性について

元記事の執筆時期が今年春なのでまだ中国に対する期待にナイーブなところもありますが、ここにきて言葉の応酬がエスカレートしているのは新たな制裁措置特に原油供給のカットが相当北朝鮮に利いているせいと筆者はみています。軍事行動は双方とも制御できなくなる事態が一番怖く、それでも平壌が本当に水爆を太平洋上空で爆発させれば(民間航空は途絶しますね)もう後戻りできなくなります。年末までに何らかの動きが出るかもしれません。
Kim Jong Un: What If America Just Assassinated North Korea's Dangerous Dictator?金正恩を米国が暗殺したらどうなるか
Daniel R. DePetris September 21, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-skeptics/kim-jong-un-what-if-america-just-assassinated-north-koreas-22405?page=show
サリンガスの画像がホワイトハウスのシチュエーションルームに現れるやトランプ大統領は国家安全保障会議に翌日までに具体的選択肢の提示を求めた。ジェイムズ・マティス国防長官、安全保障担当補佐官H・R・マクマスターならびに参謀本部議長ジョセフ・ダンフォード大将はその通りに行動した。主要スタッフと数回の会議を経てトランプ大統領は米海軍に59発の巡航ミサイルをアサド政権の空軍基地に発射する命令を出した。そこがガス攻撃の出発地だった。 同時にNSCは北朝鮮政策で最終修正中だった。作業は数か月にわたり進行していた。シリアの化学兵器攻撃への対応と異なり、トランプ大統領は安全保障関連スタッフにはるかに長い時間を与え、同時に柔軟対応の余地を認めた。政策検討が始まる前にウォールストリートジャーナルは3月に国家安全保障担当副補佐官K・T・マクファーランドが「主流からはずれる発想数案」も含めるよう指示したと伝えている。 今は通常とは違うその中身は皆が知っている。核兵器の韓国再持ち込みから金正恩および最高位司令官陣の暗殺までだ。「20年間の外交と制裁を行って結局北朝鮮の事業を止められなかった」と検討に加わった情報機関高官がNBCニュースに語っている。構想から見えるトランプ政権のメッセージはこう…

★「先制戦争」は期待通りの成果は上げられるのか、北朝鮮軍は準備している

湾岸戦争と朝鮮半島では事情が違うので直接比較できないとは思いつつ、一部軍事力の実態を知らない層が簡単に攻撃を口にし始めている一方で各地の戦闘を体験した元第一線の軍人が安易な先制攻撃に反対しているのは興味深い事実ですね。
How North Korea Plans to Survive a U.S. Attack北朝鮮は米攻撃に耐える準備をしているのか Daniel L. Davis September 20, 2017 http://nationalinterest.org/feature/how-north-korea-plans-survive-us-attack-22395?page=show

先週金曜日に国家安全保障担当補佐官H・R・マクマスターが報道陣に対し北朝鮮で「軍事オプションがある」と明らかに他の政府高官と違う発言を自信ありげに漏らしている。今週火曜日午後、国連本部でトランプ大統領はさらに踏み込んだ発言をしており、一定の条件になれば「北朝鮮を完全破壊する」しか選択肢がなくなると発言した。だが大統領・安全保障担当補佐官ともに正しくない。平壌に「先制戦争」(これはマクマスターの造語)をしかければ緊張状態は壊滅的な米国の損失につながる。コスト効果比が高い軍事オプションなど存在せず、アメリカの安全を危険に押しやるだけだ。 いわゆる先制軍事攻撃が成功しないばかりか米国国民や同盟国を危険にさらす可能性があることは軍事専門家以外でも簡単にわかるはずだが、実際はもっと悪い。秘話ふたつと北朝鮮軍事力の評価から「先制」戦のむなしさがわかるはずだ。 筆者はマクマスターの脇で1991年の砂漠の嵐作戦で戦った。こちらの地上強襲作戦の前に米空軍他同盟軍の機体がクウェートを占領するイラク軍を徹底的に攻撃し、平均すると10時間に一回のペースが42日間続いた。敵戦車が第一目標だった。砂漠のイラク装甲部隊は文字どおり身を隠す場所がなかった。その存在は空からは丸見えで防空体制は存在しなかった。 それでも地上戦で敵軍に接近すると敵戦車他装甲車両の80パーセントは残存していることがわかった。身を隠す場所のない部隊でも空襲を生き残り、しかも空爆はほぼ完ぺきな条件で行ったのだ。まわりに何もない砂漠での話である。 2011年9月、筆者は米前方作戦基地にいた。アフガニスタン東部のクナル地方でタリバン戦闘員の攻撃にさ…

★謎の機体 後編 その正体は....

F-117記事の後編です。墜落機はSu-27Pの模様です。いったいどこから米空軍は入手したのでしょうか。ウクライナかもしれません。事故がなければわからなかったかもしれませんね。New Details on Mysterious Crash of Lt. Col. Eric “Doc” Schultz Near Area 51 Emergeエリア51近くで墜落したエリック・「ドク」・シュルツ中佐の謎の機体の詳細が浮上 Sep 12 2017 - 74 Comments image: https://theaviationist.com/wp-content/uploads/2017/01/10-Su-27-side.jpg
By Tom Demerly Unnamed Sources in Published Report Suggest Pilot May Have Been Flying Russian Aircraft.https://theaviationist.com/2017/09/12/new-information-on-mysterious-crash-of-lt-col-eric-doc-schultz-near-area-51-emerges/

AviationWeek.comの2017年9月11日付け記事であらたな情報があり米空軍エリック・シュルツ中佐(コールサイン「ドック」)がネリスAFBから100マイル北西のネヴァダ試験訓練空域で墜落をした際の謎の機種が分かってきた。
空軍のメディア向け発表がシュルツ中佐が9月5日に墜落した機種名を明らかにしなかったため関心を呼んでいた。また報道機関発表が遅れたことも別の関心を呼び、A-10墜落との誤報まで流れた。
エリック・「ドック」・シュルツ中佐の資料写真 (USAF Photo) AviationWeek.comのガイ・ノリス記者が9月11日に書いたのは「各種筋からシュルツは墜落当時レッド・ハッツ飛行隊の指揮官だったらしい。レッド・ハッツはAFTC実験航空団第三分遣隊で第413フライトテスト飛行隊が2004年解隊され生まれた番号のない部隊のようだ。同飛行隊はロシア開発の機材多数を運用し、MiG-29のほかスホイSu-27P含む各種機材を運用している」
ノリスがAviationWeek.comでSU-27Pの写真数点を…

給油機等にもステルス性能を模索する米空軍

USAF explores cloaking device for tankers大型輸送機に透明化装置の導入を模索する米空軍 20 SEPTEMBER, 2017 SOURCE: FLIGHTGLOBAL.COM BY: LEIGH GIANGRECO WASHINGTON DC https://www.flightglobal.com/news/articles/usaf-explores-cloaking-device-for-tankers-441299/
米空軍は来月にも給油機、情報収集監視偵察機で顕著な残存性不足対策の検討内容を発表すると航空機動軍団(AMC)の司令が言明した。 重要航空機材に関する研究で既存の給油機、ボーイングE-3(AWACS)、ノースロップ・グラマンE-8C(JSTARS)の各機で残存性でギャップが顕著と判明している。 AMC司令官カールトン・エヴァ―ハート大将Gen Carlton Everhartは以前からUSAFの次世代KC-Z給油機で「透明化」能力が必要と論じており、レーダー反射を操作して敵の攻撃を避ける構想だ。このためにはレーダーの放射性エネルギーを拡散させ給油機・輸送機の外形を見えなくする必要がある。 空軍協会の年次総会壇上でエヴァ―ハート大将は「実はそんなに簡単なことではない。一つでも電子が漏れれば敵に正体がばれる」 エヴァ―ハートはUSAFが情報開示請求を出していわゆる透明化技術関連情報を求めるかは明らかにしなかったが、総会に出席した業界関係者とコンセプトを話し合っている。 他方で空軍ライフサイクル管理センター長からは航空戦闘軍団が防御用レーザーを航空機動軍団の機材に搭載する検討に入っていることが明らかにされた。レーザーも透明化もともに必要であり、AMCは先に実用化された技術を導入したいとエヴァ―ハートも述べている。■

★スカンクワークスのPVで話題を呼ぶ機体が登場、第六世代戦闘機コンセプトか

中国やロシアは過去の延長線にしがみついて「高性能機」を作っていくのでしょう。ロシアは途中で資金不足で脱落すると思いますが。中国が「究極の」戦闘機を実現したとき、相手になる米空軍の戦闘機はもはや戦闘機の形をしておらず、技術も別次元になっている...と考えていますがどうでしょうか。米空軍の組織そのものもそうですが、支配する思考がどう変わるか、民間企業がすでに先を走っているとしたらいかに早く両者が共同で画期的な「戦闘航空機」を実現するか。このレースの結果が出てのは20年先?いやもっと早いかもしれません。ところでスカンクワークスのコンパクト核融合技術はどうなったのでしょうかね。YOUTUBE SCREENGRAB No, That YF-23 Like Rendering Of The Skunk Works' Next Gen Fighter Isn't Newスカンクワークスの次世代戦闘機はYF-23そっくりだが新型構想ではないThe concept may be ironic, but it isn't new. BY TYLER ROGOWAYSEPTEMBER 18, 2017 http://www.thedrive.com/the-war-zone/14415/no-that-yf-23-like-rendering-of-the-skunk-works-next-gen-fighter-isnt-new


ロッキードのスカンクワークスが発表したプロモーショナルビデオを巡り盛り上がりが見られる。ビデオは米空軍創立70周年を祝賀して公開されたものだが中で第六世代戦闘機のコンセプトが写っており、ノースロップの不採用戦闘機Y-23ブラックウィドウ/高性能戦術戦闘機に酷似しているのだ。問題はこのコンセプトは今になって生まれたものではなく、4年前のスカンクワークス公表の映像にも表れており、筆者はYF-23とは別の機体だと強調していた。メッセージには全然奇異な点がない。「航空優勢の将来が25年前の競争相手の設計で蘇る」 SCREECAN VIA YOUTUBE
数年前に流出したのが以下の図だ。 LOCKHEED MARTIN
このコンセプトはロッキード・マーティンがこの数年公表しているものでもある。 今回発表されたビデオは「スカンクワークス、75年間のイノヴェーショ…