投稿

大丈夫か、ズムワルト級二番艦でもさっそくトラブル発生

イメージ
新技術だけにいろいろ不具合が見つかっているようですが、一つ一つ着実に解決すれば将来につながるというものでしょう。だからこそ挑戦の価値があると思います。ズムワルト級があだ花にならないように祈りたいと思います。Electrical Problems Shorten Second Zumwalt-class Destroyer’s Builders Trials ズムワルト級二番艦で建造主公試が電気問題のため短縮された USS マイケル・マンソー (DDG-1001) の命名式で儀仗隊がUSSコンスティションから参加した。ジェネラルダイナミクスのバスアイアンワ―クスにて。2016年。US Navy Photo

By: Sam LaGrone December 11, 2017 1:55 PM https://news.usni.org/2017/12/11/electrical-problems-shorten-second-zumwalt-class-destroyers-builders-trials#more-29922

ズムワルト級駆逐艦の建造主公試が電気系統で問題が発生したため
予定より早くジェネラルダイナミクス・バスアイアンワ―クス造船所に
戻っていたと海軍海上システムズ本部NAVSEAが発表した。 NAVSEAによればマイケル・マンソー(DDG-1001)は12月4日に出港したが、艦内の調和フィルターが出港翌日に故障し同日帰港した。調和フィルターには複雑な電源系統での意図しない電力変動を防ぎ、精巧な装置類を守る機能がある。フィルターが使えず同艦は電源全開でのテストが実施できなくなった。同艦ではAP通信は先週も機械故障で公試が短縮されたと伝えている。NAVSEAは今回の海上公試変更で同艦の2018年3月引き渡しに変更はないと述べている。ズムワルト級の中核は複雑な配電網でロールズロイスMT-30ガスタービン、MT-5補助ガスタービンそれぞれ2機が給電する。統合電源システムは75メガワット以上で大型電動モーターを駆動させ推進力とする。原子力艦以外でこれだけの発電容量は他にない。USSズムワルト(DDG-1000)も電気系統試験が予想以上に時間がかかり、2016年の海軍引き渡しが遅れた。メイン州から母港サンディエゴ海軍基地への回航中に統合電源システムの予想外の問題のため数回にわた…

T-Xでボーイングの動きがなくなっている、ロッキード=KAI連合の受注になるのか

イメージ
Why Boeing Hasn’t Been Flying Its Two T-X TrainersボーイングのT-X練習機提案二機が最近飛行していないのはなぜ
Boeing Dec 11, 2017James Drew | Aerospace Daily & Defense Report http://aviationweek.com/defense/why-boeing-hasn-t-been-flying-its-two-t-x-trainers?NL=AW-05&Issue=AW-05_20171212_AW-05_704&sfvc4enews=42&cl=article_1&utm_rid=CPEN1000000962396&utm_campaign=12947&utm_medium=email&elq2=fade94f8a78c4fc49006284071e60a56

ボーイングが沈黙を破り、完成済みT-X提案機材二機が ここ数か月飛行していない理由を述べている。 同社はAerospace Dailyに「単なる宣伝飛行には関心がない」としT-Xの飛行データはすでに提出済みと述べた。2016年9月から2017年4月にかけボーイングは盛んに宣伝戦を展開しておりボーイングのT-X(BT-X)のセントルイス工場でのロールアウトからはじまっていた。一号機が2016年12月20日に初飛行し、二号機も今年4月24日に初飛行した。だがそれ以来同社は飛行運用の宣伝はしておらず、最終組立て場所がセントルイスになるとだけ発表していた。最終選定されればトライアンフ・エアロスペース・ストラクチャアズが主翼、垂直尾翼、水平尾翼部を、スウェーデンのSaabが生産ハブだが地元産業界が9割の生産をすることになる。だが機体は外部に持ち出されていない。空軍協会によるワシントン会合(9月)で実物大模型を展示しただけだ。提案競争の告示から1年が経過する中でボーイングはどうするつもりなのか尋ねたくなるのは当然だろう。現行の練習機は1960年代のノースロップT-38にかわる350機総額163億ドルの更新機材の争いはボーイング、ロッキード・マーティン、レオナルドDRSの三社が競い合っている。ボーイングはSaabと組み、完全新型機BTXを提案。ロッキ…

E-6B米海軍TACAMO機の重要な役割

イメージ
This Plane Could Start a Nuclear War With North Korea, Russia, China or Anyone この機体が核戦争を北朝鮮、中国、ロシア他と開始させる Sebastien Roblin December 11, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/plane-could-start-nuclear-war-north-korea-russia-china-or-23596?page=show . 米海軍の穏やかな外観なE-6マーキュリーはボーイング707原型で攻撃力は皆無だが、その姿に騙されてはいけない。確かにマーキュリーに兵装はないが、ある意味でもっとも破壊力のある機体である。というのはその任務は陸上、海中配備の核弾道ミサイル発射指令を発することだからだ。 米軍には戦略グローバル作戦センターがネブラスカにあり、核三本柱への交信装備がある。ただしE-6の不気味な任務は通信リンクを国家指導部(大統領から国防長官まで)と米核部隊の間に維持することにあり、敵の第一撃で地上施設が消滅した場合を想定している。いいかえれば、米核部隊の頭が切られても体は敵に向かっていくということで、これを実現しているのが終末の日に活躍するこうした機体だ。E-6の基本任務はTACAMO(Take Charge and Move Out、仕事をしたらさっさと退出する)として知られる。E-6登場前は最初は陸上送信所が、その後EC-130GおよびQ型が超低周波無線通信(VLF)で海軍の潜水艦向けに任務にあたっていた。E-6は16機あり、1989年から1992年にかけ就役した。長年活躍したボーイング707旅客機の最終生産分で、同じ原型707-320B型からE-3セントリーも生まれた。通信アンテナが31個もあり、当初は潜航中の海軍潜水艦との通信専用だったが、その後CFM-56エンジンと燃料増槽をつけE-6Aは15時間あるいは空中給油を受ければ72時間滞空可能となった。VLF通信のためE-6は高高度で連続周回飛行を維持する必要があり、胴体と後部に搭載したVLF装置はそれぞれ1マイル、5マイル長のアンテナをほぼ垂直に下がるよう維持する。VLF信号は数千マイル先のオハイオ級原子力弾道ミサイル潜水艦が受信する…

★シリア上空でF-22を追い払ったとロシアが発表しているが....

イメージ
U.S. F-22 Raptor Allegedly Interfered With Russian Su-25s Over Syria And “Chased Away” By Su-35S, Russian MoD Claimsシリア上空でロシアSu-25を妨害してきた米F-22ラプターをSu-35Sが追い払ったと ロシア国防省が発表

By David Cenciotti Dec 09 2017 - 55 Comments

https://theaviationist.com/2017/12/09/u-s-f-22-raptor-allegedly-interfered-with-russian-su-25s-over-syria-and-chased-away-by-su-35s-russian-mod-claims/

F-22一機とSu-25(2機)およびSu-35S(1機)がシリア上 空で遭遇する事件が数週間前に発生したのか。詳細は 不明だがCENTCOM(中央軍司令部)は「真実ではな い」と述べている。 ロシア報道では遭遇場所はユーフラテス川西方で11 月23日のことだ。ロシア国防省報道官イゴール・コ ナシェンコフ少将は「米国がロシア軍の任務をまた 妨害しようとした」と述べる。
ロシア報道ではF-22がイスラム国空爆中のSu-25編隊 を妨害してきたのでSu-35Sが緊急発進したとある。 スプートニクが以下伝えている。 「米F-22はロシアSu-25攻撃機二機の任務実施を妨害 してきた。F-22が熱フレアを放出しエアブレーキで <

★F-22改修の最新動向

イメージ
Beware, North Korea: The Air Force is Preparing the F-22 for 'War'北朝鮮よ心せよ、空軍がF-22を「実戦」投入に向けて準備中

Kris Osborn December 8, 2017 http://nationalinterest.org/blog/the-buzz/beware-north-korea-the-air-force-preparing-the-f-22-war-23572?page=show

米空軍はF-22用の新ソフトウェアと兵装をテスト中で戦闘力がさらに高まる。
空軍関係者によるとF-22の機能改修を2019年までに開始し、AIM-120D、 AIM-9X空対空ミサイル運用のほか、高性能地上標的捕捉能力が実現する。 F-22が運用するAIM-9Xは現在ブロック1で改修でブロック2が使用可能となる。

 テストは3.2Bソフトウェアを対象に兵装のアップグレードに迅速対応できるかを 見ている。ロッキード・マーティンが重要なソフトウェア改修の作業中で2020年 までに完成する。

「F-22用の3.2Bプログラムではハードウェアとソフトウェア両面でF-22の威力を 高めるのが目的でAIM-120D、AIM-9Xを活用します。テスト結果は初期作戦テスト 評価段階 (IOT&E) に入りました。運用機材でテストしアップグレードの効果を 評価するとともにパイロット、整備陣の双方で扱えるかをみます。IOT&E結果で 本格製造を決めます」と空軍報道官エミリー・グラボウスキ大尉が語っている。

 AIM-9Xの開発元レイセオンによればブロック2では信管を再設計しデジタル式 安全装置により地上・飛行中で安全性が増した。電子系統も一新し発射後ロックオン 能力をデータリンクで実現し、視程外交戦も可能となった。

 AIM-120D高性能中距離空対空ミサイル(AMRAAM)は視程外で全天候運用可能となり、「打ちっぱなし」ミサイルにはアクティブレーダー誘導がついたと同社発表にある。 以前のAMRAAMより射程が延び、GPS誘導と慣性測距装置が付いた二方向データリンクが特徴だという。AIM-120Dには大角度視程外技術を応用し従来より広範囲の角度で使える。

 ソフトウェアとあわせてセンサーも一新する。データリンクの改良で…

多難なKC-46が完成形になるのはいつのことなのか

イメージ
Mattis warns he will not accept the USAF's flawed new tankers国防長官が完全な形でなければ新型給油機は受領するなとUSAFに厳命 (Concept image from Boeing) Christopher Woody Business InsiderDec. 07, http://www.wearethemighty.com/news/mattis-warns-he-will-not-accept-the-usafs-flawed-new-tankers

ジム・マティス国防長官はペンタゴン調達部門に11月、
ボーイングから不完全なKC-46を受領する「つもりはない」と
述べたとブルームバーグが伝えている。 マティス長官はペンタゴンの兵器調達事業にはあまり関与して
こなかったが16年目に入った空軍の給油機更新について言及できる
地位にある。 ボーイングが新型機開発の契約交付を受けたのが2011年で空軍は
179機のKC-46を調達の見込みだ。だが、445億ドルの同事業は
技術と費用の両面で苦境にある。 政府契約によりボーイングは空軍の負担範囲を超えた分は
自社責任とされる。これまで同社は税引前で29億ドルを超過して
いる。 KC-46の納入は数年分遅れている。

日曜特集 MiG-31ファイヤーフォックスのすべて

イメージ
あなたはシャーロック・ホームズやホーンブロワー提督がお好きですか。そうでなければ今回の記事をお読みにならない方がいいでしょう。読んでも理解できない向きはコメントをお寄せにならないようお願いします。英国人が同じ記事を書いたらもっとおもしろくなるのでしょうかね。The Story Of The MiG-31 “Firefox”: All You Need To Know About The Most Awesome (Fictional) Advanced High-Speed Interceptor EverMiG-31「ファイヤーフォックス」の物語:世界最高峰の(架空の)高速迎撃機のすべて By David Cenciotti Dec 01 2017 - 0 Comments https://theaviationist.com/2017/12/01/the-story-of-the-mig-31-firefox-all-you-need-to-know-about-the-most-awesome-fictional-advanced-high-speed-interceptor-ever/
MiG-31について誤った情報が流布しているようなので訂正したい。 クレイグ・トーマスが1977年に発表した小説「ファイヤーフォックス」はクリント・イーストウッド監督主演でテクノスリラーアクションとして映画化され、1982年に公開された。 航空好きなら一度は見たことがあるのではないか。 映画ではソ連のMiG-31(МиГ-31)を盗むプロットを中心にNATO名「ファイヤーフォックス」のステルス迎撃機はマッハ6飛行可能としていた。