2016年8月24日水曜日

オスプレイのCOD導入を期待する米海軍航空部門---実証運用実験の成果に満足

CODは全く特殊な輸送機で他に潰しが効きませんから、C-2グレイハウンドはオスプレイと交代したらスクラップになるのでしょうか。意外に大きな機体で堂々としていたのですが残念ですね。消火任務に改装されるのかもしれませんね。

 V-22 Experiment On Carrier Shows Increased Flexibility Over C-2 In COD Mission

August 18, 2016 5:34 PM

MV-22B landing on the deck of USS Carl Vinson (CVN-70). Gidget Fuentes Photo Used with Permission
MV-22B landing on the deck of USS Carl Vinson (CVN-70). Gidget Fuentes Photo Used with Permission

  1. 米海軍が目指す次期空母運用輸送機(COD)へのMV-22オスプレイ投入の準備が進んでおり、運用上の柔軟性とともにu運用上で大幅省人化が実現すると海軍航空のトップが期待している。
  2. 海軍航空戦力の指揮官マイク・シューメーカー中将は固定翼機中心の空母航空部隊でV-22の運用実証をおこなったところ非常に良好な結果が得られたと語っている。
  3. 2015年1月に海軍は長年供用してきたC-2グレイハウンドに変わり、オスプレイをCMV-22Bとして海兵隊仕様をもとに採用した。燃料タンクを増設し、長距離通信制能とともに機内乗客むけのPAシステムを搭載する。この決定で一部からオスプレイの貨物搭載量、航続距離や飛行高度で懸念する声が出た他、固定翼機運用に慣れた運用が混乱しないかとの声が出ていた。
  4. シューメーカー中将は戦略国際問題研究所と米海軍協会共催の場でこうした懸念は的外れと断言している。
  5. 運用実験の終わりになり、USSカール・ヴィンソン(CVN-70)の乗員はオスプレイの着艦から貨物運び出しが20分で完了でき、貨物搬入送り出しは30分で済むと体感した。これなら多くの航空機を発艦着艦させる通常の空母運用に自然に受け入れできる。
  6. 貨物取り扱いが迅速なだけにとどまらず、V-22ではC-2と比べて大幅な省人化運用が可能だとシューメーカー中将は述べた。蒸気カタパルトは不要で、「オスプレイ離着艦には6名で十分対応できるのに対し、現行CODでは40名が必要で、運用上は大きな差が生まれる」
  7. さらにオスプレイは夜間着艦が可能だが、C-2は夜間運用はしていない。このためV-22は昼夜関係なく運用でき、しかもカタパルトや拘束ギアは不要だ。
  8. ただしV-22機内はC-2よりやや狭いことはシューメーカー中将も認め、貨物や人員輸送量がやや低くなるが、「オスプレイの機内座席・貨物用スペース変更は迅速に可能で、C-2とは違う」という。
  9. 「長距離性能型としてCMV-22が実現すれば、C-2の航続距離を上回る1,100マイル超の飛行距離が実現するでしょう」
  10. そうなると「貨物や人員輸送力を犠牲にしても、運用に柔軟性がつくオスプレイは望ましい選択」だという。■
Navy's Osprey Will Be Called CMV-22B; Procurement To Begin In FY 2018

Navy's Osprey Will Be Called CMV-22B; Procurement To Begin In FY 2018

In "Aviation"
Megan Eckstein

About Megan Eckstein

Megan Eckstein is a staff writer for USNI News. She previously covered Congress for Defense Daily and the U.S. surface navy and U.S. amphibious operations as an associate editor for Inside the Navy.

2016年8月23日火曜日

T-X ボーイング案は来月公表、各社候補が揃う



Aerospace Daily & Defense Report

Boeing Offers Sneak Peek Of Clean-Sheet T-X Design

Aug 22, 2016James Drew | Aerospace Daily & Defense Report

Boeing


ボーイング・ディフェンス・スピース&セキュリティは米空軍が求めるT-X高等練習機候補として完全新設計機のロールアウト式典をセントルイスで来月行う。
  1. 同社はSaabと組み、導入以後55年が経過したノースロップT-38の後継機として採用され、戦闘機・爆撃機パイロット養成を狙う。
  2. ボーイングの発表でT-X採用を競う四組の機体の姿が空った。数日前にノースロップ・グラマンの新型機が高速地上走行テストをする姿がカリフォーニアのモハーヴェで目撃されたばかりだ。ボーイングは広報用に自社T-Xのティーザー広告含むウェブサイトを立ち上げた。http://www.boeing.com/defense/t-x
  3. 同ウェブサイト上の想像図から高翼形状で着陸装置が機体に収納される構造だとわかる。主翼、尾翼の形状はT-38に似ている。機首下部は平らで丸みがついているが、箱型の空気取り入れ口が機体左右についている。
  4. ノースロップのT-X案では機体前方に続く背骨状の構造が特徴だがボーイング案にはない。前面と空気取り入れ口と主翼の一体化はT-38/F-20タイガーシャークのノースロップ案より更に進んでいる。エンジンは一基だ。.
  5. ボーイングのT-X広報係レイチェル・ロックハードによれば同機はF/A-18やF-15を生産する同社セントルイス工場で9月13日に発表するとし、空軍協会の航空宇宙サイバー会議(9月19-21日)の直前となる。
  6. 会議ではボーイング案、ノースロップ案が話題の中心となるだろう。12月に最低350機の次世代練習機生産の提案要求が出る予定だ。両社は新型設計案で勝負するが、他者は既存機の改修案を提示する。ロッキード・マーティンKAIと組み、T-50AとしてT-50ゴールデン・イーグルの改修型を、レイセオン/ハネウェル/CAEチームはレオナルド・アレニア・アエルマッキM-346マスターをT-100として提案する。
  7. T-50は韓国でKAIが生産中でM-346もイタリアで生産中だ。T-Xとして最終組立は米国内で行うとロッキード、レセオンがそれぞれ表明している。ロッキードは早々とグリーンヴィル工場(サウスカロライナ)(C-130Jを生産中)に設置する計画を立てている。
  8. ボーイングはセントルイス工場でT-Xを組み立てる方針を決定していないが、F-15およびF/A-18生産が今後下火になる中、他場所で組み立てるとは思えない。「すべての選択肢を検討中です」(ロックハート)
  9. 案が揃ったがロックハートは完全新型設計のボーイング案こそ空軍が求めるT-X仕様を実現する正しい選択肢だと自信を示している。■

★F-15は性能改修策で2040年代まで供用し、支援戦闘機になる



ここまで手を加えて2040年代まで使えるほどF-15が頑丈にできているというのは驚くほどですが、ここまでするんならいっそ生産再開したほうがいいのではとも思えますね。ラインの再構築や治工具の再製をするより経済的という理屈でしょうが記事でも触れていないのがエンジンで、当然交換する前提なのでしょう。どちらにせよ60年間も供用できれば大変良いお買い物ですね。さて、航空自衛隊はどうするのでしょう。F-15J改改として同様に供用するのでしょうか。その時にはF-3が航空優勢、F-35が攻撃を受け持ち、初めてF-15が支援戦闘機となりますね。

Visit Warrior


Air Force Begins Massive High-Tech F-15 Upgrade to Stay in Front of Chinese J-10

KRIS OSBORN
Friday at 1:44 AM



  1. 米空軍は1980年代製F-15戦闘機に新型兵装、センサーを与えて空対空優勢を中国製J-10に対し確保すべく改良を熱心に進めている。
  2. その内容に電子戦、超高速コンピューター、赤外線捜索追尾システム、ネットワーク能力の強化、火器管制能力の工場があると空軍とボーイングが述べている。
  3. 「空軍はF-15を2040年代中頃まで供用する考えです。F-15の搭載システム多くが1970年代製でシステム更新は避けられません。まず2021年にF-15CへAESAレーダー搭載が完了し、2032年にEW(電子戦)装備更新が終わります」と空軍広報官ロブ・リース少佐がScout Warriorに話してくれた。
  4. 米空軍はほぼ400機のF-15C、D、E各形を運用中。改修のきっかけは米中関係のからみで2014年に出た米議会報告だ。(US-China Economic and Security Review Commission --www.uscc.gov) 報告書では中国の技術進歩が急速で米優位性が1980年代と比べると急速にその幅を減らしていると指摘。
  5. 一例として報告書は1980年代にはF-15は中国機に大きく優位性を有していたが、中国の技術進歩でJ-10はF-15にほぼ匹敵する性能になったと述べている。


  1. 性能向上改修のひとつが世界最高速のジェット戦闘機用コンピューター処理能力で高性能画像コアプロセッサーADCPIIと呼ぶ。「毎秒870億の命令を処理でき、搭乗員に高速かつ信頼できるミッション処理能力を提供します」とボーイング広報ランディ・ジャクソンがScout Warriorに述べた。
  2. その他防御面で敵攻撃に有効なシステムとしてイーグル・パッシブ・アクティブ警告生存システムがある。「脅威を識別し能動的に脅威に対応し、回避、欺瞞、ジャミングの各技術を応用します」とマイク・ギボンズF-15担当副社長がScout Warrior取材で説明している。
  3. ギボンズは目標捕捉追尾技術も導入すると説明し、パッシブ方式長距離センサーの赤外線捜索追跡システムIRSTを搭載する。
  4. 海軍のF-18スーパーホーネットが同技術を搭載済みで、赤外線つまり敵機の熱源を探知する。
  5. 「同時に標的複数を追尾し、空対空戦で必要な目標捕捉を高度な水準で実現し、敵にレーダージャミング技術があっても対抗できます」と海軍関係者が述べている。
  6. IRSTも高度脅威空域では空対空標的捕捉の代替手段になるというのが海軍、空軍、業界の共通意見だ。
  7. F-15には速度、航続距離、火器管制で能力を追加する。兵装搭載ポイントは16基に倍増されAIM-9xあるいはAIM-120空対空ミサイルが搭載され、今後登場する新型兵装にも対応する。このためハードウェアとともにソフトウェアも「オープン・スタンダード」形式のIPプロトコールと構造で対応する。
  8. 機体には「フライバイワイヤー」自動化機体制御システムも導入される。その他ヘルメットはデジタル式になりレーダー反射も減らしステルス性を獲得する。
  9. ただしF-15はステルス機でなく、戦闘投入できる空域は「非激戦」環境で、航空優勢確保が条件となる。このためF-15にはネットワーク能力も増強し、第五世代戦闘機F-22やF-35と連携を強化すると空軍は説明している。
  10. 改修の狙いとしてF-15部隊にはF-15に与えられたミッションを効果的に実行させることがあり、F-22が航空優勢を確保しF-35が精密攻撃を行うのを支援するとリース少佐は述べる。
  11. 「改修しても第五世代戦闘機と同等になりません。F-15で第五世代機の支援を行い、F-15はそこまで厳しくない空域で活動させます」(リース少佐)
  12. ギボンズは改修でF-15は中国戦闘機へ優越性を確保できるという。「F-15は重要な機材であり、高高度で高速飛行し、大量の兵装を搭載できます。航空優勢確保のため生まれてきたマシーンですね」■


2016年8月22日月曜日

★★世界第二位になった日本の空母部隊を空母と呼ばないフィクションはいつまで続くのか



国内では護衛艦といい、英語呼称では駆逐艦としていますが、各国がDDHを空母と呼ぶことに海上自衛隊は頑なに抵抗しているのか、あるいは抵抗しているのは政府だけで、海上自衛隊は異なる意見を有しているのか、早晩明らかになるでしょう。(海上自衛隊はいずも級では固定翼機の運用に向けた改装を検討しており、いよいよ日本も空母を空母と呼ぶ時代がすぐそこまで来ています)


Japan Builds New Aircraft Carriers - is Now 2nd in the World With Carriers

WE ARE THE MIGHTY
Tuesday at 11:01 PM


  1. かつて日本は世界第二位の空母部隊を有していた。1941年12月のことで、6隻の正規空母、軽空母5隻があり、正規空母2隻が建造中だった。当時の米海軍は正規空母7隻を運用中だった。
  2. 今日の日本の空母部隊は再び第二位の規模となった。現在3隻が就航中で一隻が建造中だ。空母なのに空母と呼ばず、はるなしらね級ヘリコプター搭載艦四隻と交替するとの印象を前面に出している。この四隻は5インチ砲と8セルのASROC発射機を前方に搭載し後部には駆逐艦として異例の大きさの格納庫があり、SH-3シーキングヘリコプター3機を搭載し、後にSH-60に変更した。
  3. ひゅうが級「ヘリコプター護衛艦」がニミッツ級空母に随航すれば大きさは違うもののひゅうがの空母形状は明らかだ。ひゅうがと姉妹艦いせは排水量19,000トンでタイランドのチャクリ・ナルエベトの11,500トン、イタリアのジュセッペ・ガリパルディ(10,500トン)、スペインのプリンシペ・デ・アストゥリアス(16,700トン)を凌駕する。ひゅうが級には16セルの Mk 41 VLSでRIM-162発展型シースパローミサイルやRUM-139垂直発射式ASROCを発射し、三連装324mm魚雷発射管を備えるが、主任務はヘリコプター運用にあり、18機まで搭載できる。ある意味で旧海軍の航空戦艦伊勢、日向に匹敵する。
  4. ひゅうがでV-22運用をしたこと、スペイン等の小型空母でもAV-8Bハリヤー運用をしていることに注意が必要だ。ひゅうがは最高速度30ノットで艦首方向で必要な風速を確保でき重装備V/STOL機の運用に役立つ。
  5. 最新の空母(日本はヘリコプター駆逐艦と呼称)はいずもだ。排水量は27,000トンで28機搭載可能でスペインのフアン・カルロス一世、イタリアのコンテ・ディ・カボールにほぼ匹敵し、退役した英海軍インヴィンシブル級より2割ほど大きい。英海軍は同級でハリヤーを運用していた。
  6. いずも級はひゅうが級より対空、対潜装備を省略している。いずもの兵装はファランクス近接防空火器とMk 31発射機によるRIM-116ローリングエアフレームミサイルのみだ。いずもは就航中でかがが建造中。いずももヘリコプター駆逐艦と呼ぶが、実質的な空母であるのはあきらかだ。■


★ノースロップのT-X参入機体が姿を現した



Aerospace Daily & Defense Report

Northrop T-X Breaks Cover At Mojave

Aug 19, 2016 Guy Norris | Aerospace Daily & Defense Report

LOS ANGELES – 米空軍T-X次世代練習機としてノースロップ・グラマンが採用をめざす機体がモハーヴェカリフォーニアで地上走行テストを開始した
  1. 機体は同社内部のScaled Composites特別事業部が設計し、今週から高速地上走行テストを開始した模様。低翼単発機で空気取り入れ口が左右にあり、尾翼は通常形状。
  2. T-38との類似性に加え、同社が以前断念したF-20タイガーシャークの特徴も見られ、空気取り入れ口前にエリアルールを採用し遷音速性能を確保し、垂直尾翼につながる背部も特徴的だ。機体底部はV字型になっており、三輪式降着装置がつき、機首と後部ノ降着装置との軸距は大きく取られている。
  3. 機体画像が8月19日に公表されたが、機体は簡素な後縁フラップと水平安定板を逆上半角をつけて配備しているようだ。またエンジンはアフターバーナーがないが実証機のみの措置なのか不明。同社からは2015年12月に機体コンセプト図が公表されており、空軍の求める高G持続時間、迎え角での機体制御、旋回性能を実現しつつ機体価格を一定範囲に抑える設計だと説明していた。
  4. FAA機体登録情報では同機はモデル400の名称で、Scaled Compositesの設計番号が付いている。エンジンはジェネラル・エレクトリックF404-102D単発で、FAA登録は2015年6月中旬。
  5. ノースロップはT-XではBAEシステムズL-3と組んでおり、同機の初飛行を年末までに行う。T-X競作ではロッキード・マーティンKAIがT-50Aを原型に、またボーイングSaabが新型機をそれぞれ提案する。レセオンはレオナルドとT-100としてレオナルド(アレニア・アエルマッキ)M-346高等練習機を推している。
  6. T-Xの提案要求は12月に空軍が公示する予定で、契約交付は2018年早々となる。T-Xは2034年に投入され、その前に初期作戦能力を2024年に獲得する見込みだ。■


2016年8月18日木曜日

完成に近づく中国初の国産空母




China's first indigenous aircraft carrier nearing completion

Sean O'Connor, Indianapolis - IHS Jane's Defence Weekly
17 August 2016
  
衛星画像で見たが大連乾ドックでの001A型空母の艦体はほぼ完成し、航空機昇降機、艦橋ほかを待つ状態になっている。 Source: CNES 2016, Distribution Airbus DS/© 2016 IHS

エアバスディフェンスアンドスペースの8月11日撮影衛星画像で人民解放軍海軍(PLAN)の大連での建艦状況がよくわかる。初の国産空母001A型航空母艦(CV)の他、052D型誘導ミサイル駆逐艦数隻も確認できた。
衛星画像では001A型空母がほぼ完成している状況がわかる。乾ドック隣接の大物組立作業場ふたつがほぼ空になっており、艦体建造が完成に近づいている。残る構造物据え付けを待つ状況だ。
艦橋関連が据え付けを待つ状況で、大物組立作業場では艦橋の前後部分が確認できた。
大連では052D(DDG)三隻の建造が進行中。一隻が乾ドック内にあり、二隻は岸壁に係留されている。一号艦は完成しており、海上公試中だ。二隻目は今年8月3日に進水し、艤装工事を待つ状態にある。
同じ造船所の北側には二号艦があり、センサー、兵装等はこれから搭載するようだ。特に前方に130mm主砲、垂直発射装備があり、センサー類では366型レーダーが艦橋上部に取り付けられるはずだ。■

2016年8月17日水曜日

★F-5E対MiG-21の知られざる空戦 勝敗は?



F-5やMiG-21は当時から途上国向けの機体と言われてきましたが、実際の空戦が1970年代に発生していました。機材の性能よりも訓練含む支援体制の質が空の上で大きな結果を生むという事例ですね。日本にも参考となるのではないでしょうか。

We go to war so you don’t have to

Which is Better, the F-5E Tiger II or the MiG-21?

A forgotten African war answered the question

by TOM COOPER
ノースロップF-5EタイガーII、ミコヤン・グレビッチMiG-21のどちらが優秀かとの問かけは数多くあり、答えも多様にあったはずだ。軽量かつ安価で取り扱い容易な両機種は合計で15千機も生産され、最盛期には60カ国以上の空軍が供用し、今でも両機種が稼働している国がある。
  1. 実は両機種の対戦事例があり、しかも一回だけでなかった。忘却の彼方に過ぎ去ったる戦いの帰趨を決定したのが両機種による初の空中戦だった。
  2. 1970年代中頃のエチオピアは政治的混迷を深め軍事クーデターで米国寄りのハイレ・セラシ皇帝が排除された。1974年のことで血なまぐさい内戦が三年間続いた。
  3. エチオピア連邦のエリトリア、オガデン、ティグレイの三州では小規模内乱が全面戦争になり、エチオピアは崩壊一歩手前で軍と治安維持部隊は混乱し、主権維持もおぼつかない状態になった。
  4. そこでソマリア政府はかねてから狙っていた政治目標「不当に占領されたソマリア領土」の回復で絶好の機会ととらえた。特にソマリア系住民の多いオガデンを第一目標とした。
米空軍の訓練を受けたエチオピア空軍第五飛行隊のパイロットたちPhoto via S.N.
  1. ソマリアの戦闘構想は比較的単純でソ連軍事顧問の助けも借りた情報評価に基づきエチオピア軍は簡単に崩壊すると見ていた。
  2. そこでソマリアは全軍の準備態勢を整え、1977年7月13日に国境を超え侵攻を開始し、地上部隊支援に25機ほどのMiG-17とMiG-21が29機を投入した。パイロット全員がソ連で訓練を受けていた。
  3. 緒戦成果から情勢評価が正しいことが裏付けられた。二週間をかけずソマリア陸軍機甲部隊はエチオピア陣地を突破し、エチオピア空軍のF-5E一機がSA-7グレイル携帯ミサイルで撃墜され、ハラール飛行場を爆撃しエチオピア航空所属のダグラスDC-3が一機破壊された。またMiG-17二機編隊がエチオピア空軍のダグラスC-47輸送機を撃墜した。
  4. エチオピアはソマリアと外交関係を1977年初頭に断絶しており、混乱したアディスアババのエチオピア政府はオガデン状況を把握できずにいた。
  5. 軍は総動員令を発表したが体制整備に数週間が必要でオガデンの陸軍部隊は気が付くと敵に包囲され前線から遠く離れていた。上記C-47はこのためソマリアのMiGに撃墜されたのだ。
  6. ただしエチオピア空軍は無力化に至っていなかった。1940年代50年代を通じ英国とスウェーデンの助力で誕生した空軍は1960年代には米国から大量支援を受けた。小規模だがエリート部隊で選り抜きの人員がそろい、国内外で訓練を十分受けていた。
オガデンの戦いで始めてMiG-21撃墜を上げたべザビ・ぺトロスはF-5EタイガーIIとソ連MiG-21初の空戦で勝利をおさめたこととなった。 Photo via S.N.
  1. 中心装備は十数機のノースアメリカンF-86セイバーとノースロップF-5Aフリーダムファイター戦闘機隊だった。1974年までのエチオピアは米国と関係が良好でマクダネルダグラスF-4ファントムを要望したが米政府は代わりにノースロップF-5EタイガーIIを供与した。AIM-9サイドワインダー空対空ミサイルとウェスティングハウスAN/TPS-43Dレーダー二基を搭載していた。
  2. ところが国内混乱と人権遵守状況を理由にエチオピアへ手渡されたタイガーは1976年の8機にとどまる。しかしソマリアとソ連の戦前予想と異なり、エチオピア空軍パイロットはソマリア侵攻前の数か月を座して待っていたわけではなかった。
  3. ソマリアが国境付近で軍備増強に走っているとの情報報告を受けて、エチオピア空軍は空戦演習を強化しF-5Eは戦闘哨戒飛行を開始する。こうしてエチオピアのF-5EとソマリアのMiG-21の対戦は不可避となった。
  4. 最初の対戦は1977年7月24日でタイガー2機編隊が同じく2機のMiG-21を迎撃し、地上誘導でエチオピア編隊二番手のベザビ・ペトロスが初の確認撃墜成果を上げた。F-5EがMiG-21の初の対戦となった。
ラジェス・テフェラは確定4機撃墜でエチオピアF-5Eパイロットでトップとなったが、不幸にもソマリア防空網により1978年9月1日撃墜され、10年間をソマリア刑務所で過ごしたPhoto via S.N.
  1. 翌日にラジェス・テフェラがオガデンを巡る戦いで最大規模の空戦で大きな成果を上げた。F-5E三機編隊を率いて、MiG-21四機編隊がMiG-17四機編隊を援護するところを迎撃した。
  2. エチオピア所属のタイガー編隊が現れるとソマリアMiG-21の二機が空中衝突した。うち一機はハルゲイサ航空基地司令が操縦していた。ラジェスは機関砲で三機目を撃墜し、ウイングマンのバハ・フンデとアフェウォク・キダヌが四機目を仕留めた。ラジェスはMiG-17編隊も狙い、二機をAIM-9ミサイルで撃墜した。
  3. 7月26日にラジェス・テフェラとべザビ・ぺトロスはエチオピアの前線航空基地ヂィレダワに向かうMiG-21二機を迎撃した。今度はべザビがサイドワインダーでMiG一機を破損させ、ラジェスが20ミリ機関砲でとどめをさした。
  4. 三日後にはバハ・フンデによる初めての撃墜が確認された。この成功でエチオピア空軍隊員は敵の補給部隊を数回撃破し、ディレダワの戦いの勝利に大きく貢献した。この敗北でソマリア軍はオガデン侵攻を1977年8月に停止した。
  5. この中でアフェウォク・キダヌがMiG-21を一機撃墜したがアシェナフィ・ツァディクが撃墜された。アシェナフィとラジェスはオガデンを巡る戦いで最後となったMiG-21の2機を1977年9月1日に撃墜した。
ソマリアのMiG-21MF米軍が1992年にモガデシュ国際空港を占拠した際に放棄されているのが発見された。F-5Eと同等の性能で一部では優れていたものの訓練を十分積んだエチオピア空軍の敵にはなれなかったClaudio Toselli Collection photo
  1. これでソマリア空軍は戦力を失った。その後もオガデンで作戦を展開したが、これだけの損害は補充できなかった。エチオピアは空の優勢を確立し、空軍は系統的な攻撃をソマリア軍の補給線に加えた。
  2. それから一か月もせずにエチオピア国内に突入していたソマリア陸軍は補給を絶たれ、糧食、弾薬、燃料、さらに戦闘車両も不足し、前進できなくなる。エチオピアのF-5Eはこうして決定的な勝利をオガデンで勝ち取り、エチオピア政府指導部がキューバとソ連から支援を得る時間を稼ぎ、エチオピア軍は反攻攻勢をかけソマリア軍をオガデンから1978年4月に駆逐している。
  3. 戦闘終結後の解析は明白だった。F-5EはMiG-21に優位性を示し、速度だけでなく操縦性が低中高度で優れ、航続距離や搭載兵装も優位だった。
  4. 米顧問団によるエチオピア向け訓練も質面での優位性を後押しし、訓練内容が現実を反映していたことはソ連教官から訓練を受けたソマリア軍より明らかだった。■